グロー本体の違いを比較|初代から最新現行モデルまでの全デバイス一覧!

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

BATジャパンの加熱式タバコ用デバイス、「グロー(glo)本体」の歴代モデル全種を一覧にまとめてみました。

これまでに発売された初代モデルから最新型の現行モデルまで紹介しているので、各グローデバイスの特徴や違いをサクッと知りたい人はチェックしてみてください。

※ぶっちゃけ、個人的な備忘ログです(笑)

グロー(glo 初代モデル)

グロー初代モデル・G004公式画像

細いスティック専用

記念すべきグローの初代モデルは2016年12月に宮城県仙台市で先行発売され、2017年10月から全国販売がスタート。

当時は品薄状態が続き、コンビニでもなかなか買えなかった記憶があります。

同じ初代モデルでもG001からG004までの品番があり、デザインやスペックにも微妙な違いがありました。

加熱時間40秒
使用時間3分
加熱温度約240℃
充電時間120分〜240分
連続使用回数35回
USBmicro USB
重量約100g
サイズ(mm)85×44×22
全国発売日2017年10月2日
価格8,000円 → 980円

グローシリーズ2(glo series2)

グローシリーズ2の公式画像

細いスティック専用

ツートンデザインに一新されたグローシリーズ2

初代モデル(G004)との違いは外観だけでスペックは全く同じです。

改めて見てみると、スタイリッシュでなかなかオシャレなデザインだったかも。

加熱時間40秒
使用時間3分30秒
加熱温度約240℃
充電時間120分〜240分
連続使用回数30回
USBmicro USB
重量約100g
サイズ(mm)85×44×22
発売日2018年9月
価格5,980円 → 1,980円

グローシリーズ2ミニ(glo series2 mini)

グローシリーズ2ミニの公式画像

細いスティック専用

グローシリーズ2をほんの少しコンパクトにしたのがグローミニです。

ファミマ限定ブルーを皮切りとして、その後も数多くのカラーモデルが続々リリースされました。

僕も意味もなく次々買っていましたが(笑)、当時のお気に入りカラーはゴールドみたいなイエロー

加熱時間40秒
使用時間3分30秒
加熱温度約240℃
充電時間120分〜240分
連続使用回数15回
USBmicro USB
重量約85g
サイズ(mm)82×41×20
発売日2018年12月
価格3,980円 → 1,980円

グロープロ(glo pro)

グロープロの公式画像

細いスティック専用

吸いごたえがアップするブーストモードを搭載した定番・現行モデルのグロープロ

スペック的にもバランスの取れた使いやすいグローデバイスだと思います。

ほどよい吸いごたえの細いスティックが好きな人にはオススメのスタンダードモデル。

加熱時間20秒 (ブースト10秒)
使用時間4分 (ブースト3分)
加熱温度約250℃ (ブースト280℃)
充電時間210分
連続使用回数20回
USBType-C
重量約98g
サイズ(mm)82×43×21
発売日2019年10月3日
価格4,980円 → 980円

グローナノ(glo nano)

グローナノの公式画像

細いスティック専用

従来のグローデバイスを細長くスリムにしたのがグローナノです。

個人的にデザインはまぁまぁ好みでしたが、価格もスペックも少し中途半端な印象でした。

公式系列のストアではすでに販売終了。

加熱時間40秒
使用時間3分30秒
加熱温度約250℃
充電時間60分
連続使用回数10回
USBmicro USB
重量約61g
サイズ(mm)95×32×21
発売日2019年10月3日
価格3,980円 → 1,980円

グローセンス(glo sens)

グローセンスの公式画像

フレーバーポッド専用

販売期間は約1年ほどで、今となっては伝説 (?) の低温加熱式デバイスがグローセンス

加熱式タバコと言うよりはVAPEに近い存在でしたが、美味なフレーバーも多く個人的には結構お気に入りでした。

僕を含め、グローセンスの復活を望んでいる人は意外と多いはず。そうでもない?(笑)

連続使用回数180パフ
加熱温度120℃未満
充電時間75分
USBmicro USB
重量約34g
サイズ(mm)91×40×22
全国発売日2019年11月14日
価格3,980円 → 980円

グローハイパー(glo hyper)

グローハイパーの公式画像

太いスティック専用

専用スティックが太くなり、グローの弱点でもあった吸いごたえ・タバコ感をアップさせたのがグローハイパー

初期型「1st edition」と後期型「island design」の2種類あり、フロント部分のデザインだけ微妙に変わりました。(↑画像は後期型)

何度か値下げされ今現在のワンコイン価格になりましたが、後継機グローハイパープラスも登場したので、そろそろ販売終了しそうな予感。

加熱時間20秒 (ブースト10秒)
使用時間4分 (ブースト3分)
加熱温度約250℃ (ブースト260℃)
充電時間90分
連続使用回数20回
USBType-C
重量約106g
サイズ(mm)82×43×21
発売日2020年4月13日
価格3,980円 → 480円

グローハイパープラス(glo hyper+)

グローハイパープラスの公式画像

太いスティック専用

グローハイパーのカスタマイズ可能版モデルとも言えるのがグローハイパープラスです。

微々たる違いはあるものの、サイズやスペックはハイパーとほぼ同じ。(セレクトライン以外は充電時間が倍長め)

今のところ新色・数量限定モデルが月1ペースでリリースされ、カラバリの多さは断トツのグローデバイスになっています。

加熱時間20秒 (ブースト10秒)
使用時間4分 (ブースト3分)
加熱温度約250℃ (ブースト270℃)
充電時間210分
連続使用回数20回
USBType-C
重量約111g
サイズ(mm)83×46×22
発売日2021年1月12日
価格980円 → 480円

グロープロスリム(glo pro slim)

グロープロスリムの公式画像

細いスティック専用

グロープロの薄型モデルがグロープロスリム

ライトユーザーやサブ機にもピッタリな携帯しやすいサイズ感になっています。

グローデバイスとしては珍しい、値下げではなく値上げされたある意味レアモデルかも(笑)

加熱時間20秒 (ブースト10秒)
使用時間4分 (ブースト3分)
加熱温度約250℃ (ブースト280℃)
充電時間90分
連続使用回数16回
USBType-C
重量約74g
サイズ(mm)98×44×16
発売日2021年9月16日
価格1,980円 → 2,480円

グローハイパーエックスツー(glo hyper X2)

グローハイパーX2の公式画像

太いスティック専用

グローハイパープラスの後継機で最新現行モデルがグローハイパーX2

スペック自体は旧型ハイパーシリーズと同じですが、デバイス上部のLEDランプやシャッタードアなど外観デザインが一新されています。

2022年7月に先行発売された初期版はデバイス本体の過熱改善のため一時販売停止となり、その後9月に断熱性を高めたアップデート版が再販開始となりました。

加熱時間20秒 (ブースト10秒)
使用時間4分 (ブースト3分)
加熱温度約250℃ (ブースト270℃)
充電時間180分
連続使用回数20回
USBType-C
重量約102g
サイズ(mm)78×43×21
発売日2022年7月25日
価格1,980円

グロー本体・全モデルの違いを比較|まとめ

グロー本体の歴代モデル全種類を紹介してきましたが、数年前はグローもそこそこ高かったのが懐かしい感じ。

個人的には今の低価格路線をガンガン突き進んでほしいところ。

とりあえず、全グローデバイスを試してきた僕のオススメとしては……

細いグロースティックを吸うなら?
価格とスペックを考慮してグロープロ
太いグロースティックを吸うなら?
ぶっちゃけお好みでOK!

といった感じになります。

ぶっちゃけグローはどれも安いので、気になるデバイスがある人は実際に購入して試してみた方が早いかも(笑)

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!