glo sens(グローセンス)の吸いごたえや使用感をレビューします!

 

 

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

遂に全国発売となったBATの低温加熱式デバイス「glo sens(グローセンス)」を購入したので、吸いごたえや使用感をレビューしたいと思います。

結論から言えば、

吸いごたえ・キック感が欲しい

タバコ感が欲しい

金が欲しい…

ならスルー。

フレーバーを楽しみたい

モクモクしたい!

ワクワクしたい!

なら即買い、といった感じのグローセンスでした(笑)

glo sens(グローセンス)の特徴や使い方

グローセンスはJTのプルームテックシリーズと同じ「低温加熱式タバコ」で、デバイスの基本操作なども同じような感じ。

使い方としてはデバイス本体と「たばこポッド&カートリッジ」を組み合わせて喫煙します。

従来のグローデバイスとは違い加熱待ち時間がないので、好きなときに好きな分だけサッと吸うことが可能。

たばこポッド1個で「約60パフ分」、カートリッジ1個で「約180パフ分」になります。

グローセンスの本体価格は「4,980円」、ネオポッドの価格は1箱「500円」

加熱温度120℃未満
連続使用回数180パフ
充電時間75分
USBmicro USB
重量約34g
サイズ (mm)約91 x 40 x 22
本体価格4,980円 → 980円 (税込)

glo sens(グローセンス)のパッケージと付属品

グローセンスのパッケージとセット内容がこちら。

付属品はデバイス本体、micro USBケーブル、ACアダプター、デバイス袋、取説など。

USBがType-Cではないので少し残念なところ。

glo sens(グローセンス)のデバイス本体

グローセンスのデバイス本体(ブラック)がこちら。

スリムなグローナノに比べると少しだけポッチャリ系です (笑)

喫煙はデバイス中央にあるコントロールボタンを「押しながら」吸う感じで、電源のオン・オフはボタンを「連続3回」押すことで切り替えることができます。

デバイス上部。

下部。

重さはグロープロの約半分なのでかなり軽いです。

参考までにグローセンスとグロープロを比較。

グローセンス、プルームエス、プルームテックプラスでも仲良く3ショット撮影(笑)

グローセンスの実機はこんな感じでした。

glo sens(グローセンス)の吸いごたえと専用ネオポッドの味

グローセンスはネオスティックやケントスティックではなく、専用の「neo pods(ネオポッド)」を使用します。

今回はクリスプメンソールとアイスベリーをお試し。

ちなみに、ネオポッド1箱の約180パフ分に対し、プルームのたばこカプセルは1箱「約250パフ分」になっています。

少しコスパが悪いようにも感じるグローセンスですが、果たしてそれをカバーするような味と吸いごたえはあるのか……?

ネオポッドのクリスプメンソールを吸ってみた

まずはメンソールタイプの「クリスプメンソール」から吸ってみます。

甘口メンソールで普通にウマいです。

メンソールの冷涼感もそれなりに強めで、蒸気量が多いので「吸ってる感」もそこそこ。

ほぼ無臭なのでニオイを気にする必要もなさそうですが、吸いごたえ・キック感はかなり弱め。

他社製品で比較すると、JTのプルームテックやインペリアルタバコのマイブルーより少し強めの吸いごたえですね。

味と冷涼感はイイ感じですが、吸ったあとの満足感は少し微妙でした。

ネオポッドのアイスブルーベリーを吸ってみた

お次は「アイスブルーベリー」でモクモクしてみます。

これはかなりウマいです(笑)

ブルーベリー好きにはたまらない味かも。

メンソールの冷涼感はやや控えめですが、甘いブルーベリー風味とモクモク感をガッツリ満喫できます。

とはいえ、こちらも同じく吸いごたえ・キック感はほとんど感じませんでした。

フレーバーの味と蒸気量は完璧なので、吸いごたえが強ければ最強だったかも。

興味のある人はグローセンスのフレーバー全10種類もチェックしてみてください。

glo sens(グローセンス)を使ってみた感想

実際にグローセンスを使ってみたわけですが、グローセンスのナンセンス・ハイセンスに感じた部分をそれぞれ2つ挙げてみます。

ナンセンス① 吸いごたえ・キック感を感じない

個人的には吸いごたえ・キック感が全然物足りない感じでした。

蒸気量が多いので「吸ってる感」はありますが、吸ったあとの「満足感」はほぼゼロ (笑)

低温加熱式タバコで吸いごたえも求めるなら、プルームテックプラスの方がオススメかも。

ナンセンス② たばこポッドの交換タイミングがわからない

たばこポッドの「交換タイミング」がわからないのも少し不便でした。

カートリッジにはLEDランプが白く点滅する交換サインがありますが、たばこポッドの交換は完全に勘任せ。

カートリッジは消耗したのに、たばこカプセルだけ余ることが多々ありました。

ハイセンス① モクモクな蒸気でVAPE感を楽しめる

VAPEみたいな蒸気の「モクモク感」を満喫できました。

不快なニオイもほとんどなく、グローセンスは一応「タバコ」なのでニコチンも摂取できます。

ハイセンス② ネオポッドのフレーバーが美味

個人的にはネオポッドのフレーバーはどれも美味な印象ですね。

特に甘いフレーバーが好きな人にはハズレなしの感じだと思います。

glo sens(グローセンス)の使用レビュー|まとめ

BAT初の低温加熱式デバイス、グローセンスをレビューしてみました。

加熱式タバコというよりはVAPEに近い印象でしたが、日本国内で流通しているVAPEリキッドは「薬事法の規制」によりニコチンが含まれていません。

なので、多少のニコチンは摂りつつも、VAPE感覚でフレーバーを楽しみたい人にはピッタリのデバイスだと思います。

個人的には吸いごたえ・キック感が物足りなかったグローセンスですが、蒸気のモクモク感と美味しいフレーバーを楽しみたい人はぜひチェックしてみてください。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

関連 グロープロ/スリム専用のケントスティック全10種類を吸った感想!【2022年最新版】

関連 glo(グロー)の細いネオスティック全10種類をレビュー!【完全保存版】