glo series 2(グローシリーズ2)の違いはデザインだけで機能面は同じって話!

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

ここ最近は加熱式タバコのグローを愛用中の僕ですが、そんなグローに「新型モデル」が登場しました。

その名も「glo series 2(グローシリーズ2)」です。

新型グローシリーズ2は宮城県で先行販売されていたみたいですが、僕が住んでいる地域にも入荷し始めていたのでさっそくチェックしてみました。

glo series 2(グローシリーズ2)の違いはデザインだけ!

グローシリーズ2公式画像

個人的にグローシリーズ2のデバイスデザインはかなり好みで、旧型モデルより1,000円高いとはいえ本体価格は「3,980円」

グローシリーズ2本体

「これは買いじゃん!」

と思いましたがスペック表を詳しくチェックしてみると、シリーズ2と旧型モデルの違いはデザインだけで、機能・性能は全く同じなので買うのをやめました (笑)

グローシリーズ2のスペックがこちら。(旧型G004も同じ)

加熱時間40秒
使用時間3分30秒
加熱温度約240℃
充電時間120分〜240分
連続使用回数30回
USBmicro USB
重量約100g
サイズ(mm)85×44×22

例えばデザインチェンジに加え、充電時間が短縮!喫煙時間が延長!などのアップグレードがあれば購入していましたが、今回は特に買い換えるメリットもないのでスルー。

glo series 2(グローシリーズ2)のカラバリ

グローシリーズ2公式画像

ちなみに、グローシリーズ2のカラバリは全4種類。

  • リッチブラック
  • グレー
  • ローズ
  • ゴールド

やっぱり漆黒カラーのリッチブラックはクールでカッコいいかも。

ローズも意外と悪くない。

フォローするわけではないですが、デバイスデザインは文句なしですね。

glo series 2(グローシリーズ2)の違い|まとめ

旧型との違いはデザインだけの新モデル、グローシリーズ2が発売されました。

なんだかんだディスってきましたが、やっぱりちょっと欲しいかも。

近々購入するかもしれない(笑)

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

追記 気持ちコンパクトなグローミニのブルーが発売しました。

追記 カラフルなカラバリでグローシリーズ2のコンビニ限定カラーも発売されます。

追記 少しだけ高級感アップのgloラグジュアリー・エディションも登場します。