どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

ここ最近、電子タバコはglo(グロー)を愛用中の僕ですが、遂に新モデルが登場しました。

その名も「glo(グロー)シリーズ2」です。

宮城県で先行販売されていたみたいですが、僕が住んでいる地域にもチラホラと入荷してきている様子。

先日、たまたま入ったお店でglo(グロー)シリーズ2が販売されていたので早速チェックしてみました。

個人的には新しくなったデザインの方が好みだったし、現行モデル(G004)よりも1,000円高くなったとはいえ定価は3,980円です。

これは買いじゃん!

と、一瞬購入しようとも思いましたが、現行モデルとの違いはデザインだけで、機能・性能は全く同じなのでやめることにしました (笑)

 

glo(グロー)シリーズ2の違いはデザインだけ!

もう1度言いますが、このglo(グロー)シリーズ2と現行モデルの違いはデザインだけで、機能面は全く一緒です。

ぶっちゃけこのモデル名は少し紛らわしいかもしれません。

確かに↑の広告には「新スタイル誕生」とだけ書かれています。

が、いかにも機能がアップグレードしたかのようなこの雰囲気は、glo(グロー)ユーザーに対するフェイント感もいいところ (笑)

個人的には新しいデザインは好みでしたが、機能面に違いがないのであれば、よくある限定カラーモデルとそれほど変わりません。

例えば、

充電時間が短縮!

 

吸引時間が増加!

 

チェーンスモークできる本数もアップ!超吸っちゃうよ〜!

 

などといった、いづれかのアップグレードがあれば僕も購入していたとは思いますが、さすがに今回はスルーすることにしました。

ぶっちゃけ特に買い替えるメリットがありません (笑)

とはいえ、これからglo(グロー)デビューを検討中の人であれば、現行モデルよりもデザインがオシャレなので個人的にはこのgloシリーズ2の方がオススメだと思います。

まだ販売されていない地域もあると思いますが、Amazonや楽天市場などでも購入することができるのでチェックしてみてください。

glo(グロー)シリーズ2のカラーバリエーションは4種類!

このglo(グロー)シリーズ2のカラーバリエーションですが、リッチブラック・グレー・ローズ・ゴールドの全4種類になります。

個人的に好きな色はリッチブラックでした。

僕は現行モデルのシルバーを使用していますが、iPhoneと同じようにglo(グロー)本体にもケースを装着する派です。

なので本体のデザインが多少変わったところで、ケースを装着してしまえば今使用中のglo(グロー)とほぼ変わりません (笑)

すでに現行モデルのglo(グロー)を持っている人であれば、機能面が向上された新モデルの発売を待った方がベストかもしれませんね。

まとめ

個人的にはglo(グロー)のフレーバーの味わいはかなり好みですが、1本の吸引時間がiQOSに比べて短めなのが残念な部分です。

neoの登場で吸いごたえはアップしましたが、通常のネオスティックよりも1箱の価格はやや高めなので、iQOSに比べるとコスパは少し悪いかもしれません。

今後も紙巻タバコや電子タバコの価格はドンドン値上げされていくと思うので、スティック1本の喫煙可能時間を向上させるなどの、glo(グロー)本体の機能性アップを個人的には期待しています。

まだglo(グロー)を試したことがない未経験の人は、期間限定のお試しキャンペーンでの購入がオススメです。

【追記】 gloシリーズ2にファミマ限定の新しいモデルが登場しました。

3色のコンビニ限定カラーも発売されます。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^

created by Rinker
glo(グロー)
¥2,770 (2019/03/21 14:42:43時点 Amazon調べ-詳細)