glo pro(グロープロ)の違いをレビュー!ブーストモードの使い方も紹介!

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

10月3日に新型グローデバイス「glo pro(グロープロ)」が発売されました。

個人的にも待ち望んでいた「新カラー」ではなく「新型」のグローですが、さっそく購入してみたのでサクッとレビューしてみます。

結論から言えば、

もう少し早く長く吸いたい…

たまにはガツンと吸いたい!

といったグローユーザーにはオススメのグロープロでした。

glo pro(グロープロ)の特徴や違い

従来モデル(シリーズ2やミニ)とグロープロの大きな違いは3つ。

  • 加熱時間が40秒から20秒に短縮!
  • 喫煙時間が3分半から4分に延長!
  • ブーストモードを搭載!

個人的には喫煙時間の延長が1番嬉しいアップグレードかも。

加熱温度も従来モデルより「10度」高くなったので、これまでよりスティック1本の満足度は高くなるはず。

グロープロの連続使用回数は「20本」です。

グローシリーズ2の「25本」よりは少なくなりましたが、連続で20本吸えれば十分満足かも。

グロープロのカラバリは「ブラック」「シャンパン」の2色、価格は「4,980円(税込)」になっています。

【追記】グロープロに「新色モデル2種類」が追加され、本体価格も「2,980円」に値下げされました。

加熱時間通常20秒 (ブースト10秒)
使用時間通常4分 (ブースト3分)
加熱温度250℃ (ブースト280℃)
充電時間90分
USBType-C
連続使用回数20回
重量約98g
サイズ約82mm x 43mm x 21mm

glo pro(グロープロ)の付属品

僕はグロープロの「ブラック」を購入しました。

付属品がこちら。

従来のグローと同じセット内容ですが、USBケーブルが「Type-C」に変更。

個人的には地味に嬉しいところ。

glo pro(グロープロ)のデバイス本体

グロープロ本体はこんな感じ。

グロープロの背面。

センターのコントロールボタンがギザギザデザインになりました。

グロープロの重さは「約98g」、グローシリーズ2とほぼ同じですね。

グロープロのスライドカバー部分です。

グロープロの底蓋部分。

USBケーブルの接続部分はデバイス側面に移動しました。

参考までにグロープロとグローミニを比較。

サイズ感はグローミニとそれほど変わらない感じですね。

記念にナノ・プロ・ミニのグロー3兄弟です(笑)

少しだけラグジー感がアップしたグロープロの本体実機はこんな感じでした。

glo pro(グロープロ)でケントスティックを吸ってみた

実際にグロープロで「ケントスティック」を吸ってみました。

……とりあえず、吸い始める前の加熱時間がかなりスムーズになったと思います。

味や吸いごたえは従来モデルとほぼ同じですね。

でも喫煙時間が30秒延長されたので、これまでよりスティック1本での「吸った感」はあります。

そういった意味でも、買って損はないグロープロかも。

glo pro(グロープロ)|ブーストモードの使い方

基本スペックが向上したグロープロですが、1番の特徴がやっぱり「ブーストモード」。

ブーストモードは1本の喫煙時間が「3分」に減るものの、加熱時間は「10秒」に短縮され、吸いごたえも通常時よりアップするという新機能です。

使い方も簡単で、コントロールボタンを通常よりも少しだけ長押しするだけ。

ブーストモードで吸ってみた感想としては、確かにフレーバーの吸いごたえとタバコ感がアップしているのが実感できます。

ぶっちゃけ、あまり期待していなかったブーストモードですが、この吸いごたえは予想以上でした。

フレーバーの風味が少しだけ焦げ臭くなるので、この辺は好みがわかれるところかも。

個人的には通常モードで4分吸いたい派ですね(笑)

glo pro(グロープロ)の使用レビュー|まとめ

新型グローデバイスのグロープロをレビューしてみましたが、個人的にも待ち望んでいた喫煙時間の延長もあったので、今回のグローはかなり満足度の高いデバイスでした。

少しだけ高級感のあるデザインもイイ感じ。

従来のグローデバイスから買い換える価値は十分にあると思います。

同時購入した「glo nano(グローナノ)」も試したので興味のある人はチェックしてみてください。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!