プルームの違いを比較|テック、プラス、エス、ウィズのスペック早見表




どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

JTのプルームシリーズからは4種類のデバイス製品が発売されています。(2021年1月時点)

プルームテック
プルームテック・プラス
プルームエス
プルームテック・プラス・ウィズ

違いはナニ?

オレに合うのはどれ?

ってことで、各デバイスの特徴やスペック表を簡単にまとめてみました。

これであなたもプルームマスター!……になれるかもしれない(笑)

プルームテック(Ver.1.5)

プルームテックVer.1.5本体

プルームシリーズの中で1番最初にリリースされたのが「プルームテック」

ニオイは少なめ、というよりほぼ無臭の低温加熱式デバイスになっています。(加熱温度は30℃)

現行モデルは充電時間やLEDが改良された「プルームテックVer.1.5」。

現在発売中のたばこカプセルは9種類。(2021年1月時点)

このほかに季節限定フレーバーなんかも定期的に発売されています。

吸いごたえは弱めですが、加熱式デバイスの中では断トツでスリム&コンパクト。

最近では吸いごたえ・キック感が強めのプルームテック専用「ゴールドたばこカプセル」も登場しました。

使用可能数250パフ (カプセル5本)
カプセル交換通知青LED40回点滅
バッテリー残量通知青→赤 (0%)
充電時間60分
充電方式専用USBチャージャー
重量約17g
サイズ約71mm x 9mm
全国発売日2019年10月1日
本体価格2,500円(税込)

プルームテック・プラス

プルームテックプラス本体

プルームテックに吸いごたえがプラスされたのが「プルームテック・プラス」です。

プルームテックよりサイズは大きめですが、低温加熱式ながら吸いごたえとキック感は上出来。(加熱温度は40℃)

ニオイも全く気になりません。

これまでに発売された「プルームテック・プラスのフレーバー」は全18種類。(2021年1月時点)

数量限定フレーバーも不定期にリリースされています。

プルームシリーズの中では1番人気のデバイスかも。

専用アクセサリーも多数発売中です。

使用可能数250パフ (カプセル5本)
カプセル交換通知青・紫LED40回点滅
バッテリー残量通知青 (>21%) 紫 (20-1%) 赤 (0%)
充電時間90分
USBmicro USB
重量約40g
サイズ約141mm x 15mm
全国発売日2019年6月17日
本体価格2,980円(税込)

プルームエス(2.0)

プルームエス2.0本体

プルームシリーズで唯一の高温加熱式デバイスが「プルームエス」です。(加熱温度は200℃)

高温加熱式なのにニオイはそれほどありません。

現行モデルはバージョンアップした「プルームエス2.0」で、メンソール特化型デバイスとなっています。

初代モデルは微妙な感じでしたが (笑)、2.0になってからはスペック面が大幅に改善されました。

専用「たばこスティック」のフレーバーは全11種類です。(2021年1月時点)

吸いごたえはそこそこ強めで、個人的にはグローなんかと同じくらいの印象ですね。

加熱時間30秒
使用可能数20本
使用時間4分30秒 (14パフ) 
充電時間60分
USBType-C
重量約105g
サイズ約56mm x 93mm x 25mm
全国発売日2020年7月2日
本体価格3,980円(税込)

プルームテック・プラス・ウィズ

プルームテックプラスウィズ本体

プルームテック・プラスを小型化したのが「プルームテック・プラス・ウィズ」です。

こちらもほぼ無臭の低温加熱式デバイスですね。(加熱温度はおそらく40℃)

手のひらサイズでコンパクト、軽量なので携帯するにはかなり便利。

カプセル&バッテリーの残量モニターがあるので使いやすさも抜群です。

専用たばこカプセルはプルームテックプラスと同じ。

現在は東京都内での限定販売ですが、「CLUB JT オンラインショップ」からも購入できます。(品薄状態みたい)

全国発売されたら、今後は1番人気になりそうなプルームデバイスですね。(すでにナンバーワンかも)

使用可能数250パフ (カプセル5本)
カプセル交換通知ディスプレイ&バイブ
バッテリー残量通知ディスプレイ&バイブ
充電時間60分
USBType-C
重量約37g
サイズ約78mm x 40mm x 17mm
発売日2020年11月2日
本体価格2,980円(税込)

プルームX

2021年7月26日に発売される新モデルがPloom X(プルーム・エックス)

プルームエス2.0の後継機になりますが、スペック的にはかなりアップグレードされるみたいです。

プルーム・シリーズの違いを比較|まとめ

プルーム・シリーズの各デバイスをサクッと紹介してきました。

吸いごたえやフレーバーの味わい、デバイスの好みは人それぞれ。

コレが1番オススメです!とかズバッと言えませんが、デバイス選びの基準はこんな感じですね。

超絶スリムなのありますか?吸いごたえは軽くてもOK
プルームテックVer.1.5がオススメです
ニオイはイヤだけど吸いごたえがほしい、アクセサリーも楽しみたい、これってワガママ?
プルームテックプラスなら問題ありません
なんかこうタバコ感が欲しいのよ、もちろん無臭なヤツで
プルームエス2.0がイイと思います
プルームテック・プラスが好きだけどちょっとデカくない?
プルームテック・プラス・ウィズで決まり

とりあえず、どのプルームデバイスもニオイは気にならないはず。

そこがプルームの1番の魅力でもあります。

たばこカプセル&スティックもマズくて吸えないようなフレーバーは1つもありません。

アイコスやグローでは味わえないフレーバーもあったりします。

個人的にオススメのデバイスはやっぱり「プルームテックプラス・ウィズ」ですね。

サイズ感も使い勝手もなかなかのモノです。

ということで、少しでも参考になれば幸いです。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!