Ploom TECH(プルームテック)がVer.1.5に進化!旧バージョンとの違いは?




どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

JTの低温加熱式タバコ「Ploom TECH(プルームテック)」がバージョンアップして生まれ変わります。

新発売となるのは「プルームテックVer.1.5」で、「バッテリー」と「USBチャージャー」もそれぞれ単体で同時発売。

10月1日から全国販売スタートです。

プルームテックVer.1.5の違い

プルームテックの旧バージョン(Ver.1.25)とVer.1.5の違いは、充電時間の「短縮化」と電池残量の「インディケータ」が搭載されたことです。

充電時間が従来の約90分から「約60分」に短縮され、

電池残量インディケータが搭載されたことで視認性もアップ。

バッテリーサイズは「全長1.5mm」に増加され、USBチャージャーはフル充電時のLEDが白色から「青色」に変更されました。

吸いごたえに変化はないですが、それぞれの価格も旧バージョンと同じですね。

  • プルームテック・スターターキットVer.1.5(3,000円税込)
  • プルームテック・バッテリーVer.1.5(1,600円税込)
  • プルームテック・USBチャージャーVer.1.5(900円税込)

カラバリも「ブラック」と「ホワイト」の2種類で展開。

【追記】プルームテックVer.1.5に「新色6カラー」と「限定デザイン」が追加されました。

USBチャージャーVer.1.5の注意点

プルームテックの旧バージョンとVer.1.5の互換性について。

USBチャージャーVer.1.5で旧バージョンのバッテリーを充電すると、1回の充電ではフル充電にならない可能性があるみたいですね。

逆に旧バージョンのUSBチャージャーでバッテリーVer.1.5を充電した場合は、充電時間が従来と同じ90分になってしまうとのこと。

バッテリーとUSBチャージャーは同じバージョンで使用するのがベストかも。

プルームテックの旧バージョン(Ver.1.25)は値下げ

プルームテックVer.1.5の発売に合わせて、旧バージョン(Ver.1.25)のスターターキットとバッテリーは値下げ。

10月以降は在庫限りの販売になるので、旧バージョンのプルームテックでも十分な人は早めの購入がオススメです。

旧バージョンは全国のPloom専門店とオンラインショップ、JT公式Ploom楽天市場店では2019年9月30日で販売終了。

プルームテックVer.1.5が新発売|まとめ

プルームテックがVer.1.5になりますが、充電時間の短縮はテックユーザーには嬉しいバージョンアップだと思います。

同じく10月1日には新フレーバーの「バニラアロマ」と「ブルーベリーヨーグルト」も発売されるので、プルームテックVer.1.5と合わせてチェックしてみてください。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

【追記】プルームテックVer.1.5と2種類の新フレーバーを先行レビューしてみました。