プルームテックプラスウィズを使って吸った感想!最小加熱式デバイス誕生

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

もうすぐ発売されるJTの新型・低温加熱式デバイス「プルームテックプラスウィズ(Ploom TECH+with)」をひと足先に試してみました。

個人的には嬉しいデバイスの小型化ですが、実機を見てみると思っていた以上にコンパクトで、新搭載のLEDディスプレイもかなり便利。

ということで、実際にプルームテックプラスウィズを使ってみた感想などを紹介していきます。

プルームテックプラスウィズの特徴

プルームテックプラスとウィズのデバイス本体

従来のプルームテックプラスとウィズの違いは大きく分けて4つ。

  • サイズの小型化
  • LEDディスプレイ搭載
  • USBがType-Cに変更
  • 充電時間の短縮

新たに搭載されたLEDディスプレイの存在はやっぱりデカいですね。

充電時間の短縮とUSBがType-Cに変更されたのも嬉しいところ。

プルームテックプラスウィズのスペック表は以下のとおり。

プルームテックプラスウィズプルームテックプラス
使用可能数250パフ (カプセル5個)250パフ (カプセル5個)
LEDディスプレイ搭載非搭載
加熱温度約40℃40℃
充電時間60分90分
充電ケーブルType-CmicroUSB
重量約37g約40g
サイズ (mm)78×40×17141×15×15
価格2,980円 (税込)2,980円 (税込)
全国発売日2021年2月1日2019年6月17日

プルームテックプラスウィズの付属品

プルームテックプラスウィズのパッケージ

プルームテックプラスウィズの付属品がこちら。

プルームテックプラスウィズの付属品

スターターキットのセット内容は従来のプルプラと同じです。

付属品一覧
・デバイス本体
・ACアダプター
・Type-C
・USBケーブル
・ユーザーガイド類

プルームテックプラスウィズのデバイス本体

プルームテックプラスウィズの本体実機

プルームテックプラスウィズのデバイス本体がこちら。

プルームテックプラスウィズの本体実機
現時点でのカラバリは「ブラック」「ホワイト」の2色。(2021年2月1日時点)

プルームテックプラスウィズの本体実機

プルームテックプラスウィズの本体実機

実際に手に持つとわかりますが、かなりコンパクトで軽量ボディです。

プルームテックプラスウィズの本体実機

想像以上にちっちゃくなってました(笑)

プルームテックプラスウィズのサイズ感を比較

プルームテックプラスウィズの公式ポスター

手のひらサイズのプルームテックプラスウィズですが、従来のプルプラと比較してみます。

プルームテックプラスとウィズの本体実機

もはや別物の加熱式デバイス(笑)

参考までにグロー、パルズ、プルーム、アイコスの各デバイスを並べてみました。

グロー・アイコス・パルズ・プルームテックプラスウィズの本体実機

ちなみに、現在リリースされている加熱式デバイスの最小サイズがウィズになります。

プルームテックプラスウィズのLEDディスプレイ

プルームテックプラスウィズのディスプレイ

プルームテックプラスウィズのLEDディスプレイでは「カプセル」「バッテリー」の残量が確認できます

リキッドカートリッジの残量も「LED発光部」からチェック可能。

プルームテックプラスウィズのLED

シンプル・コンパクト設計ですが、使いやすさはアップグレードされた感じですね。

プルームテックプラスウィズの使い方

プルームテックプラスウィズの本体実機

プルームテックプラスウィズの使い方をサクッと紹介していきます。

と言っても、基本的な使い方はこれまでのプルプラとほぼ同じ。

カートリッジとカプセルの付け方

デバイスのホルダーキャップを外してカートリッジを挿入。

プルームテックプラスウィズのホルダーキャップ

たばこカプセルを付ければ準備完了です。

プルームテックプラスウィズのホルダーキャップ

デバイスロックと解除の切り替え

ボタンを「3回連続」で押せばデバイスロックと解除の切り替えができます。

ロック状態。(ロックアイコンが表示)

プルームテックプラスウィズのディスプレイ

ロック解除の状態。

プルームテックプラスウィズのディスプレイ

プルームテックプラスウィズは6分間操作しないと「自動ロック」がかかる仕組みですが、ボタンの長押しで「手動ロック」にも変更できます。

プルームテックプラスウィズのディスプレイ

ディスプレイに「M(マニュアル)」が表示されたら手動ロックに切り替わったサイン。

毎回ロックを解除するのが面倒な人はこの手動ロックがオススメです。

ディスプレイの見方

LEDディスプレイにはカプセル1個分(6段階)とバッテリー(4段階)の残量が表示。

プルームテックプラスウィズのディスプレイ

たばこカプセル1個で約50パフなので、1ゲージで約8〜9パフ分くらいになります。

やめられない、とまらない状態になりがちなプルームテックシリーズですが、ディスプレイの6段階表示は「吸いやめ時」の目安にもなるはず。

カプセル交換通知

カプセル交換のサインは「バイブ」「LED発光部の点滅」、ディスプレイの「!マーク」でお知らせ。

プルームテックプラスウィズのディスプレイ

新しいカプセルに交換して、ボタンを「3秒ほど」長押しすればリスタートできます。

充電

充電中のディスプレイ表示がこちら。

プルームテックプラスウィズのディスプレイ

従来のプルームテックプラスと同じく「充電中は吸えない」みたいですね。

クリーニング

基本的にデバイスのクリーニングは不要。

リキッドが漏れた場合などは、デバイスロックをしてから綿棒や柔らかい布で拭き取るだけでOK。

カウントリセット

パフ回数のカウントリセットは従来のプルームテックプラスとはやり方が違います。

詳しくはプルームテックプラスウィズのカウントリセット方法をチェックしてみてください。

プルームテックプラスウィズでたばこカプセルを吸ってみた感想

プルームテックプラスウィズの本体実機とたばこカプセル

実際にプルームテックプラスウィズでたばこカプセルを吸ってみます。

LED発光部の周囲が「吸気口」になっているので、ここをふさがないようにして吸うのがポイント。(ここふさぐと吸いごたえが弱くなります。)

プルームテックプラスウィズのLED

ちなみに、僕はウィズにもマウスピースは付ける派。

プルームテックプラスウィズの本体実機とたばこカプセル

……吸いごたえやキック感に違いはありませんが、このサイズ感で吸うプルプラのフレーバーは少しだけ新鮮に感じます。

加熱式デバイスはこれくらいコンパクトな方がシックリくるかも。

プルームテックプラスウィズの本体実機

使い方やサイズ感的に、VAPEデバイスや廃盤になったグローセンスが好きな人にもオススメだと思います。

ちなみに、新フレーバーのプレミアムゴールドレギュラーとオレンジミントも美味でオススメ。

プルームテックプラスウィズを先行レビュー|まとめ

新型・小型モデルのプルームテックプラスウィズを先行レビューしてみましたが、個人的にはお世辞抜きで神デバイスだと思います。

今後発売されるであろう限定カラーも楽しみ。

ウィズは東京都内の各店舗で「2020年11月2日」から先行発売されますが、CLUB JTオンラインショップからでも購入可能です。

価格もプルプラと同じお手頃プライスなのでぜひチェックしてみてください。

それでは、また!

追記 ウィズの全国・コンビニ発売日が決定しました。

追記 ウィズの限定カラー3色が登場しました。

追記 ウィズの限定カラー第2弾・ニュアンスカラーも登場です。