【使用歴3年】低温加熱式プルームテックプラス(Ploom TECH+)をレビュー!

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

JTの加熱式タバコ用デバイスには「低温加熱式」と「高温加熱式」の2種類ありますが、今回は低温加熱式「プルームテックプラス(Ploom TECH+)」の特徴や使用感を紹介します。

結論から言えば、「ウマい」「ニオイ0」「ほどよい吸いごたえ」の三拍子揃った感じですね。

特にライトでクリアな吸い心地が好きな愛煙家にオススメのデバイスです。

プルームテックプラスの特徴やスペック

プルームテックプラスの公式画像

同じくJTの温加熱式デバイスには細くて小さいタイプの「プルームテック」もありますが、プルームテックプラスとの1番の違いは「吸いごたえ」

プラスは太くて長い分だけ、吸いごたえやキック感がやや強めになっています。

もちろん、ニオイはほぼ無臭のまま。

デバイスカラーは定番色「ブラック」「ホワイト」の他に数多くの「限定カラー」も発売中。

プルームテックとプルームテックプラス、両デバイスのスペック比較は以下のとおり。

プルームテックプラスプルームテックVer.1.5
使用可能数250パフ (カプセル5本)250パフ (カプセル5本)
加熱温度約40度約30度
カプセル交換通知青LED40回点滅青LED40回点滅
バッテリー残量通知青 (>21%) 紫 (20-1%) 赤 (0%)青→赤 (0%)
充電時間約90分約60分
USBmicro USB専用USBチャージャー
サイズ約141mm x 15mm約71mm x 9mm
重量約40g約17g
価格4,980円 → 2,980円3,000円 → 2,500円

プルームテックプラスのセット内容・付属品

プルームテックプラス(Ploom TECH+)のパッケージ

プルームテックプラスのスターターキットがこちら。

プルームテックプラス(Ploom TECH+)のスターターキット・セット内容

セット内容・付属品はデバイス本体、ACアダプター、USBケーブル、保証書、ユーザーマニュアル類など。

プルームテックプラスのデバイス本体

プルームテックプラス(Ploom TECH+)のバッテリーとカートリッジカバー

プルームテックプラスは「バッテリー」「カートリッジカバー」の分離型で、使用時にはこの2つを組み合わせます。

プルームテックプラス(Ploom TECH+)のバイオレット本体

万年筆くらいのサイズ感でスッキリとしたシンプルなデザイン。(デバイスカラーはバイオレット)

プルームテックプラス(Ploom TECH+)のバイオレット本体

プルームテックプラス(Ploom TECH+)のバイオレット本体

基本的操作はバッテリーにあるLEDボタンから。

プルームテックプラス(Ploom TECH+)のバイオレット本体

参考までにプルームテックプラス、プルームテック、プルームエスを比較。

プルームテックプラス・プルームテック・プルームエスのデバイス本体

プルームテックプラスのデバイス本体はこんな感じですね。

プルームテックプラスの使い方

プルームテックプラス(Ploom TECH+)の使い方

プルームテックプラスの使い方は以下のとおり。

  1. バッテリーとカートリッジカバーをつなげて回す
  2. 金属部分を下にしてカートリッジカバーにカートリッジを挿入する
  3. カプセルホルダーをカートリッジカバーに装着
  4. たばこカプセルを差し込む

あとはボタンを3回押すだけで好きな時に好きな分だけ吸えます。

スパスパ吸えるのがプルームテックプラスの魅力でもありますが、ガッツき過ぎるとカプセルがすぐ無くなるのでご注意 (笑)

ちなみに、パフ回数を0に戻す裏技としてプルームテックプラスのカウントリセット機能が存在します。

プルームテックプラスを吸った感想

プルームテックプラス(Ploom TECH+)のバイオレット本体とたばこカプセルのパッケージ

今回は専用たばこカプセルの中から「コールドミント」を吸ってみます。

味はスッキリ系のペパーミントで文句なしのウマさ。

メンソールの冷涼感は結構強めで、アイコスやグローのメンソール感とそこまで違いはないかも。

吸いごたえやキック感もそこそこ強めになっています。

吸って吐いたときの蒸気量は多めであるものの、イヤなニオイは全く感じません。

アイコスやグローに比べるとタバコ感は弱めですが、ほどよい吸い心地が好きなら満足できるレベルだと思います。

プルームテックプラスのメリットとデメリット

プルームテックプラス(Ploom TECH+)公式画像

どんなデバイスにも一長一短ありますが、個人的に感じたプルームテックプラスの「メリット」「デメリット」は以下のとおり。

メリット
・ウマいフレーバーが多い
・吸いごたえがそこそこ強め
・ほぼ無臭
・クリーニングが不要
デメリット
・タバコ感は弱い
・カートリッジ交換が地味に面倒
・充電しながら吸えない
・バイブ機能がない

プルームテックプラス(Ploom TECH+)の使用レビュー|まとめ

JTの低温加熱式デバイス「プルームテックプラス(Ploom TECH+)」の使用レビューを紹介してみました。

ガツンとくる吸いごたえやタバコ感よりも、ニオイを気にせず気軽に一服したい人にはオススメだと思います。

興味のある人は高温加熱式・プルームエスのレビューもチェックしてみてください。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

追記 コンパクトサイズのプルームテックプラス・ウィズが登場しました。

追記 デザインそのままにスペックが向上したプルームテックプラス1.5もリリースです。