Ploom S(プルームエス)をレビュー|使い方やスペックなどをサクッと紹介

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

JTの高温加熱式タバコ「Ploom S(プルームエス)」を試したので、サクッとレビューしたいと思います。

結論から言えば、同じくJTのプルームテックやプルームテックプラスに比べ「吸いごたえ・キック感」はしっかりしていました。

ただ、これといった特別な機能もなく、「グロー」が少し大きくなっただけの印象かも(笑)

Ploom S(プルームエス)の特徴・スペック

プルームエスは低温加熱式のプルームテックやプルームテックプラスとは違い「高温加熱式」になっているのが特徴。

たばこカプセルではなく専用の「たばこスティック」を使用します。

アイコスやグローと同じタイプですね。

プルームエスの使用時間や充電時間などのスペックがこちら。

加熱温度約200℃
加熱時間40秒
使用可能数10本
使用時間3分30秒 (14パフ) 
充電時間90分
USBmicro USB
重量約95g
サイズ約56mm x 93mm x 25mm
本体価格1,480円(税込)

Ploom S(プルームエス)のスターターキット内容物

プルームエスのスターターキットがこちら。

付属品は充電アダプタ、USBケーブル、クリーニングスティックです。

加熱式タバコではおなじみのセット内容ですね。

Ploom S(プルームエス)のデバイス本体

プルームエスのブラック本体はこんな感じ。

たばこスティックの挿入口。

充電ケーブルの接続部はデバイス底面に設置。

LEDランプは白色です。

少しポッチャリとしたポップなデザインですね。

プルームエスはカラバリも豊富で、「6色の限定カラー」と「3色の宝石モデル」も発売されています。

Ploom S(プルームエス)の使い方

プルームエスの使い方はごくシンプル。

たばこスティックを挿入してボタンを長押しすれば加熱準備 (40秒) は完了。

あとは普通にたばこスティックのフレーバーを楽しめます。

たばこスティック1本の喫煙時間は「3分30秒」で、連続で使える回数は「10本」まで。

クリーニングはデバイスにブラシを挿入してクルクルさせるだけ。

プルームエスは汚れが付きにくいので、クリーニングは「約300本に1回」で大丈夫です。

アイコスに比べるとかなり手間いらずですね。

Ploom S(プルームエス)でたばこスティックを吸ってみた

実際にプルームエス専用のたばこスティックを吸ってみます。

プルームエスは「全11種類のフレーバー」が発売中ですが、今回は「メンソール」を選択。

……メンソールの味はグローの「ダークフレッシュ」に少しだけ似ているかも。

吸いごたえ・キック感もグロースティックと同じくらいで、冷涼感はそれなりに強めです。

煙の量は少なめで、ほんのりポップコーンみたいなニオイはあるものの不快感はありません。

喫煙時間や味わいの持続時間はやや短めでしたが、吸いごたえに関してはそこそこ満足でした。

Ploom S(プルームエス)を使ってみた感想

実際にプルームエスを使ってみた感想を一言でまとめると「ほぼグロー」です (笑)

ぶっちゃけ現時点では、アイコスやグローからプルームエスに乗り換えるメリットはあまりないかも。

スティック1本の喫煙時間も3分30秒とやや短め。

このサイズ感で連続10本しか吸えないのも微妙。

でも、プルームエスみたいなポップデザインの加熱式タバコは他にありません。

あまり本数を吸わない人や、プルームエスのデザインが好きな人にはオススメかも。

Ploom S(プルームエス)の使用レビュー|まとめ

JTの高温加熱式タバコ、プルームエスをレビューしてみました。

デバイスのスペックが少し微妙なので、個人的にはやっぱり「プルームテックプラス」派かも(笑)

ただ、たばこスティックのレベルに関してはそこそこ満足でした。

個性的なデバイスで高温加熱式タバコを楽しみたい人は、プルームエスをチェックしてみてください。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!