高温加熱式のプルームエス(Ploom S)をレビュー!使い方や基本スペックなど紹介

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

JTの高温加熱式たばこ用デバイス「プルームエス(Ploom S)」を試したので、使い方や基本スペックを紹介しつつ、デバイスの使用感などをレビューしたいと思います。

結論から言えば、これといった特別な機能もなく、BATジャパンの加熱式デバイス「グロー」が少し大きくなっただけの印象かも 笑

プルームエスの特徴やスペック

同じくJTからは低温加熱式デバイスのプルームテックやプルームテックプラスも発売されていますが、プルームエスは高温加熱式デバイスになります。

専用リフィルもたばこカプセルではなく「たばこスティック」を使用。

他社の加熱式デバイスだとアイコスやグローと同じタイプのデバイスですね。

本体価格は発売当初の7,980円から最終的には1,480円にまで値下げされました。

プルームエスの基本スペックは以下のとおりです。

加熱温度約200℃
加熱時間40秒
使用可能数10本
使用時間3分30秒 (14パフ) 
充電時間90分
USBmicro USB
重量約95g
サイズ約56mm x 93mm x 25mm
本体価格7,980円 → 1,480円 (税込)

プルームエス・スターターキットの付属品

プルームエス・スターターキットのセット内容はこんな感じ。

付属品はACアダプター、micro USBケーブル、クリーニングスティック、ユーザーマニュアルなど。

加熱式タバコではおなじみのセット内容になっています。

プルームエスのデバイス本体

プルームエスの実機本体はこんな感じ。

デバイス上部のたばこスティック挿入口。

USBケーブルの接続部はデバイス底面にあります。

LEDランプは白色。

少しポッチャリ系のポップなデザインになっています。

初期リリースのデバイスカラーはブラックホワイトの2色のみでしたが、カラフルな限定カラーも続々登場しています。

関連 Ploom S(プルームエス)のブライトインディゴやイノセントアイスなど4色を紹介!

関連 【宝石カラー】プルームエスのルビー、エメラルド、サファイアが数量限定で発売!

プルームエスの使い方

プルームエスの使い方はごくシンプルです。

たばこスティックを挿入してボタンを長押しすれば加熱準備 (40秒) は完了。

あとは普通にたばこスティックのフレーバーを楽しめます。

たばこスティック1本の喫煙時間は3分30秒で、連続で使える回数は10本まで。

クリーニングはデバイスにブラシを挿入してクルクルさせるだけ。

プルームエスは汚れが付きにくいので、クリーニングは約300本に1回でOKです。

プルームエスでたばこスティックを吸った感想

プルームエスで専用のたばこスティックを吸ってみます。

プルームエスのフレーバーは全11種類で発売中ですが、今回は「メビウス・メンソール」を選択。

味はスッキリとしたストレートなメンソール味。

吸いごたえ・キック感はしっかりめで、冷涼感も結構強めです。

吸って吐いたときの蒸気量は少なめで、少しだけ香ばしいニオイはあるもののそこまで気にならないレベル。

喫煙時間やフレーバーの味持ちはやや短めですが、吸いごたえに関してはそこそこ満足な感じです。

プルームエスのメリット・デメリット

個人的に感じたプルームエスのメリットとデメリットは以下のとおり。

プルームエスのメリット

  • フレーバーがウマい
  • 吸いごたえやキック感が強め
  • デバイスデザインが個性的

プルームエスのデメリット

  • フレーバーの味持ちが悪い
  • 喫味時間がやや短い
  • 連続10本しか吸えない

ヘビースモーカーには厳しいスペックですが、あまり本数を吸わない人や、デバイスデザインが好きな人にはオススメといった感じですね。

プルームエスをレビュー|まとめ

JTの高温加熱式デバイス、プルームエスをレビューしてみました。

ぶっちゃけ、アイコスやグローよりも特に優れた部分がないので、個人的にはJTの加熱式デバイスを選ぶならプルームテックプラスになってしまうかも。

とはいえ、専用のたばこスティックは美味なフレーバーが多めです。

デバイスデザインも個性的でカワイイので、興味のある人は1度お試しください。

それでは、また!

関連 プルームの違いを比較|テック、プラス、エス、ウィズ、エックスのスペック早見表

追記 【実機レビュー】メンソール特化型のプルームエス2.0を使ってみた感想!

追記 プルームエックス(Ploom X)を徹底レビュー!実機本体を使ってみた感想