【徹底レビュー】プルームエックス(Ploom X)を使ってみた感想!

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

JTの最新型デバイス「プルームエックス(Ploom X)」を試したのでレビューしたいと思います。

プルームエックスはプルームエス2.0の後継機モデル。

外観はシンプル・コンパクトになりましたが、中身はかなり進化しています。

例えるなら、第三形態から最終形態になったフリーザみたいな感じ(笑)

これまでプルームエスを愛用していた人もそうじゃない人も、JTの本気モードをぜひチェックしてみてください。

プルームエックスのスペック

プルームエックスとプルームエス2.0の本体実機

プルームエス2.0と比較した場合、プルームエックスの加熱時間は「5秒短縮の25秒」、たばこスティック1本の使用時間は「30秒延長の5分」になりました。

これまでの14パフという回数制限もなくなり、5分以内なら「何度でも」パフパフできます(笑)

加熱モードが選べるテイストアクセルはなくなりましたが、JT独自の新加熱技術「HEATFLOW®」搭載で吸いごたえもアップ。

ちなみに、加熱温度は「290℃」になりました。

プルームデバイスでは初となる、スマホと連携できる「Bluetooth機能」も新たに搭載されています。

加熱モードHEATFLOW
オプション機能Bluetooth
加熱温度約290℃
加熱待ち時間25秒
使用可能時間5分 (パフ制限なし)
充電時間とサイクル110分 (20本)
充電ケーブルType-C
重量約95g
サイズ (mm)約43.5×88.5×24
価格3,980円 (税込)
全国発売日2021年8月17日

プルームエックスのパッケージと付属品

プルームエックスのプレスキット・パッケージ

JTさんから頂いたプルームエックスの豪華プレスキットがこちら。

プルームエックスのプレスキット中身

スターターキットのパッケージはこんな感じです。

プルームエックスのパッケージ

プルームエックスの付属品は以下の通り。

  • デバイス本体
  • USB Type-Cケーブル
  • クリーニングブラシ
  • クリーニングクロス
  • 取説マニュアル

プルームエックスの付属品

プルームエス2.0には付属されなかった「綿棒」「クロス」が新たに同梱されています。

プルームエックスのデバイスデザイン

プルームエックスのカラバリは「シルバー」「スレートグレイ」の2色です。(2021年7月時点)

僕がゲットしたスレートグレイがこちら。

プルームエックスのスレートグレイ本体実機

デバイス表面は突起部分がないツルツル・スマート設計で、ボディ部分は「Ploom」のロゴが入ったアルミ素材になっています。

プルームエックスのスレートグレイ・ボディ

デバイス前面は取替可能な鏡面タイプの「フロントパネル式」

プルームエックスのスレートグレイ・フロントパネル

縦長LEDを搭載したシンプルな近未来的デザインになっています。

フロントパネルを取り外すと内側はこんな感じ。

プルームエックス本体実機の内側

たばこスティックを挿入するスライドカバー部分。

プルームエックスのスレートグレイ上部

USBケーブルはデバイス底部に接続します。

プルームエックスのスレートグレイ底部

コンパクトな曲線ボディなのでフィット感は抜群、ぽっちゃり系のプルームエスよりかなり持ちやすくなりました。

プルームエックスのスレートグレイ本体実機

参考までにアイコス3デュオ、グローハイパープラス、プルームエックス、プルームエス2.0で記念撮影。

アイコス・グローハイパープラス・プルームエックス・プルームエス2.0の本体実機

僕はシルバーの実機も使ったことがありますが、鏡面パネルの指紋が気になる人はスレートグレイの方が目立ちにくくてオススメかも。

【追記】プルームエックスの数量限定カラー「シャンパンゴールド」が登場しました。

プルームエックスの使い方

プルームエックスの取説画像

プルームエックスの使い方はプルームエスシリーズとほぼ同じ。

加熱式たばこに慣れている人なら即使いこなせます。

たばこスティックを入れる

プルームエックスの使い方・取説画像

たばこスティックはカラーラインが隠れない程度に挿入します。

加熱ボタンを押す

プルームエックスの使い方・取説画像

デバイスが振動するまで中央付近にあるボタンエリアを長押し。

たばこスティックを吸う

プルームエックスの使い方・取説画像

全てのLEDが点灯して、デバイスが2回振動すれば準備OK。

LEDが残り使用時間の目安になっています。

残り20秒でデバイスが振動

プルームエックスの使い方・取説画像

残り時間20秒になるとデバイスが振動。

ラスト20秒間はLEDがゆっくり点滅します。

プルームエックスの使い方・取説画像

デバイスが振動して、LEDが高速点滅すればリセット完了です。

プルームエックスでたばこスティックを吸った感想

プルームエックスとたばこスティックのパッケージ

プルームエックスでリニューアルした「たばこスティック」を吸ってみます。

とりあえずはキャメルメンソールのコールドとパープル、新フレーバー「メビウス・リッチ」の3種類でお試し。

吸いごたえとタバコ感

実際に吸ってみると、どのフレーバーも吸いごたえとタバコ感はプルームエス2.0より「確実にアップ」したと思います。

アイコスやグローハイパープラスにはやや劣る印象ですが、吸って吐いたときの蒸気量もブワッと多めで、物足りなさは全然感じません。

フレーバーの味やメンソール感に関しては劇的な変化はないものの、プルームエスシリーズの弱点とも言える「吸ってすぐにスカスカ問題」も解消された感じですね。

5分間の無制限パフパフもかなり優秀だと思います。

後半の味やニオイ

後半の味が失速するのは「加熱式タバコあるある」みたいなモノですが、これはプルームエックスも同じですね。

どのフレーバーを吸ってもラスト20秒になるとケミカルチックな味に劣化する感じで、個人的にはグローセンスのラストと同じような味に感じました。

ニオイに関しては加熱温度がアップした分、少しだけ強くなった感じはありますが、アイコスよりは全然気にならないレベルだと思います。

プルームエックスのクリーニングとリセット

プルームエックスとたばこスティックのパッケージ

プルームエックスのクリーニングとリセットのやり方もサクッと紹介しておきます。

クリーニング方法

クリーニングはゴミや汚れが気になる場合だけでOK。

デバイスにクリーニングスティックを挿し込んで、

プルームエックスの使い方・取説画像

左右に回してタバコ葉のカスなどを除去。

プルームエックスの使い方・取説画像

よくある「20本吸うごと」にクリーニングする必要はありません。

リセット方法

LEDがチカチカ点滅するなど、デバイスに不具合が起きたときはリセットをお試し。

フロントパネルを取り外して、

プルームエックスの使い方・取説画像

デバイス中央にあるボタンをボールペンなどで長押しすればOK。

プルームエックスのBluetooth機能を使ってみた

プルームエックスにはスマホと連携して使うBluetooth機能がありますが、現時点で出来ることは「バッテリー残量確認」「デバイスロック」「位置情報確認」の3つになります。

Bluetooth機能を使うには「Ploom X CLUB」への入会が必須で、すでに会員登録をしている場合は、QRコードを読み取るかシリアルナンバーを入力してデバイス登録するだけで入会手続きは完了。

※Bluetooth設定はスマホのブラウザ限定。

※iPhoneのSafariやChromeは不可で「コネクトブラウザ」を使用。

※あらかじめスマホの設定でBluetooth機能をオンに設定。

接続方法

まずはPloom X CLUBのトップページ下部にある「デバイス」をタップ。

プルームエックスのBluetooth接続画面

Bluetooth® で接続」をタップ。

プルームエックスのBluetooth接続画面

デバイスのセンターボタンを3回押した後、4回目に3秒間押し続けてペアリングモードにします。(ボタンは素早く押すのがポイント)

プルームエックスのBluetooth接続画面

再度「Bluetooth® で接続」ボタンを押して、接続するデバイスを選択。

プルームエックスのBluetooth接続画面

これで接続設定は完了です。

プルームエックスのBluetooth接続画面

ペアリング画面

スマホとプルームエックスがBluetoothでペアリングされると、こんな感じで表示されます。

プルームエックスのBluetooth接続画面

バッテリー残量の詳細な数値がチェックできますが、ぶっちゃけ個人的にはあまり必要ないかも。

デバイスロックは車のスマートキーみたいな感じで、人によっては便利な機能になりそうですが、個人的にはこちらも必要なし。

位置情報確認は最後に接続した場所がわかるだけなので、デバイスを紛失した場合にはあまり役に立たないかも(笑)

とりあえずは今後のアップデートに期待したいところですね。

プルームエックス(Ploom X)のレビュー|まとめ

実際にプルームエックスを使ってみた個人的な感想をまとめるこんな感じ。

吸いごたえ・タバコ感の強さはどんな感じ?
アイコス、グローハイパー+ 〉プルームX 〉プルームS 2.0
たばこスティックの味やメンソールの強さは変わった?
大きな違いはないけどプルームS2.0よりは少し強くなった印象。
スペック的にはどう?
充電時間110分が長め。とはいえ、加熱時間短め&使用時間長めなので許容範囲内。5分間の無制限パフパフもグッド。
デバイスのデザインや使いやすさはどや?
シンプル・スマートでカッコいいと思う。使いやすさも文句なし。
Bluetooth機能は便利?
今のところ必要なし。
どんな人にオススメ?
アイコスやグローに満足してるなら乗り換える必要なし。プルームエス2.0を使ってた人や専用フレーバーの味が好きな人はぜひお試しあれ。

 

なんだかんだ書いてきましたが、加熱式ユーザーなら1度試してみる価値は大いにあると思います。

続々リリースされている「専用アクセサリー」と合わせてチェックしてみてください。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

【追記】最新型デバイス「アイコスイルマとプルームエックスを比較」してみました。