【実機レビュー】メンソール特化型のプルームエス2.0を使ってみた感想!

 

 

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

JTのメンソール特化型・高温加熱式デバイス、「プルームエス(Ploom S)2.0」を先行入手したのでレビューしたいと思います。

結論から言えば、旧型モデルよりはかなり使いやすくなった印象ですが、それでもやっとアイコスやグローと肩を並べたくらいのレベルかも。

たばこスティックのフレーバーは相変わらず美味揃いです、と軽くフォロー(笑)

メンソール特化型プルームエス2.0の特徴やスペック

プルームエス2.0のバージョンアップした部分は以下のとおり。(旧型プルームエス比)

  • 吸いごたえ・メンソール感がアップ
  • 22本の連続使用が可能
  • 1本の使用時間が延長
  • 加熱時間と充電時間が短縮
  • USBがType-C化

メンソール特化型とはいえレギュラースティックも普通に吸えます。

デバイス本体のサイズは旧型と全く同じ。

JTさんによれば、バージョンアップによる部材変更のため、ほんのわずかにプルームエス2.0の方が重くなったとのこと。

といっても、手に持ったときの重さに全く違いはありません。

プルームエス2.0と旧型プルームエスのスペック比較一覧は以下のとおり。

プルームエス2.0プルームエス
加熱モードテイストアクセル ON/OFF1種類
加熱温度約200℃約200℃
加熱待ち時間約30秒約40秒
使用可能時間4分30秒 (14パフ)3分30秒 (14パフ)
充電時間と充電サイクル60分/約20本 (90分/約22本)90分/約10本
充電ケーブルType-CmicroUSB
重量約105g約95g
サイズ約56mm ×93mm ×25mm約56mm ×93mm ×25mm

プルームエス2.0の価格、発売日、販売店

プルームエス2.0の価格や発売スケジュールは以下のとおり。

価格|3,980円 (税込)
発売日|2020年7月2日 (木)
販売店|Ploomショップ、CLUB JT オンラインショップ、JT公式Ploom楽天市場店、コンビニ、タバコ販売店

プルームエス2.0のパッケージと付属品

プルームエス2.0のパッケージ

プルームエス2.0のパッケージがこちら。

プルームエス2.0の外箱パッケージ

従来のパッケージよりも少しだけハードになりました。

セット内容はこんな感じ。

プルームエス2.0の内容物

付属品はデバイス本体、ACアダプター、USB Type-Cケーブル、ユーザーマニュアルなど。

プルームエス2.0の付属品

定番のクリーニングブラシは付属していません。

プルームエス2.0の実機本体

プルームエス2.0のアイスシルバー本体実機

プルームエス2.0の実機本体(アイスシルバー)がこちら。

プルームエス2.0のアイスシルバー本体実機

プルームエス2.0のアイスシルバー本体実機

旧型プルームエスにはなかったクールな色合いになっています。

プルームエス2.0のアイスシルバー本体実機

デバイス上部のスライドカバーはブラック。

プルームエス2.0のアイスシルバー本体実機

USBケーブルの接続部はデバイス底部にあります。

プルームエス2.0のアイスシルバー本体実機

USBケーブルは「Type-C」に変更されました。

プルームエス2.0のアイスシルバー本体実機とUSBケーブル

クリーニング蓋はデバイス側面に移動。

蓋を開けるとこんな感じ。

プルームエス2.0のアイスシルバー本体実機

専用のクリーニングブラシが付属してないプルームエス2.0ですが、クリーニングには市販の「細い綿棒」を使用します。

プルームエス2.0のアイスシルバー本体実機と綿棒

クリーニングはデバイス本体のゴミや汚れが気になったときだけでOKとのこと。

プルームエス2.0のカラバリは全3色

プルームエス2.0のブラックとホワイト本体実機

プルームエス2.0のカラバリは全3色で、アイスシルバー以外には定番カラーのブラックとホワイトがあります。

プルームエス2.0のブラックとホワイト本体実機

外観は旧型プルームエスと全く同じですが、スライドカバーが「ブロンズ」っぽいデザインになりました。

プルームエス2.0のブラックとホワイト本体実機

なかなかオシャレな雰囲気になっています。

プルームエス2.0のブラックとホワイト本体実機

今後は限定カラーも続々登場しそうな予感。

追記 プルームエス2.0の限定カラーが全6種類で登場しました。

プルームエス2.0の使い方

プルームエス2.0の基本的な使い方は旧型と全く同じです。

使い方

  1. スライドをカバーさせてスティックを挿入
  2. 電源ボタンを2秒以上押せば加熱スタート
  3. 4分30秒 or 14パフ喫煙する
  4. スティックを抜いてカバーを閉じる

テイストモードの使い方

プルームエス2.0最大の特徴と言えるのが加熱モードを選べる「テイストアクセル」ですが、モードOFFで「落ち着いた」味わい、ONで「強い」吸いごたえと味わいに変化します。

テイストモードはデバイスボタンを「3回連続」で押せばON/OFFの切り替えが可能で、ON/OFFいずれの場合もスティック1本の使用時間などに変化はありません。

プルームエス2.0で吸った感想

実際にプルームエス2.0で各たばこスティックを吸ってみます。

テイストアクセルOFFで吸ってみた

まずはテイストアクセルOFFの状態でお試し。

OFFの場合はデバイスランプが青に点灯します。

プルームエス2.0の本体実機

……吸いごたえと冷涼感は旧型プルームエスとほぼ同じ印象。

落ち着いた吸い心地が好きな人にはちょうどいいかも。

フレーバーの味持ちも少しだけ長くなったような気がします。

テイストアクセルONで吸ってみた

今度はテイストアクセルONで吸ってみます。

ONの場合はデバイスランプが緑に点灯。

プルームエス2.0の本体実機

……メンソール感がほんの少しだけアップするので、その分だけ吸いごたえも微妙に強く感じます。

とはいえ、ぶっちゃけ期待していたほどの変化ではないかも(笑)

半分くらい (約2分半) 吸うと、途端にたばこスティックの味と吸いごたえも弱くなります。

このあたりはまだまだ改善の余地がありそうですね。

レギュラーフレーバーも吸ってみた

メンソール特化型のプルームエス2.0ですが「レギュラーフレーバー」の吸いごたえはどうなのか?

プルームエス2.0本体実機とたばこスティックのパッケージ

ということで、テイストアクセルはONの状態でレギュラー各銘柄を吸ってみます。

……旧型プルームエスよりも少しだけ吸いごたえが強くなった感じですね。

メビウスのレギュラーは香ばしいポップコーン風味が少しアップした印象。

キャメルのレギュラーは少しだけ甘さが増した感じかも。

吸いごたえ自体はわずかな変化でしたが、フレーバーの味が少しだけ濃くなった気がします。

レギュラー派も問題なく使えるはず。

プルームエス2.0のレビュー|まとめ

JTのメンソール特化型デバイス、プルームエス2.0を先行レビューしてみました。

吸いごたえレベルのイメージはこんな感じですね。

アイコス 〉グローハイパー 〉プルームエス2.0 = グロー 〉プルームテックプラス

個人的には細いスティックのグローデバイスと同じくらいの印象でした。

とはいえ、基本スペックは旧型よりも確実に向上しているので、プルームエスのフレーバーがこれまでとはイイ意味で違って感じるかも。

参考までにライバル機とも言えるグローハイパーとプルームエス2.0を比較したので、興味のある人はチェックしてみてください。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

追記 プルームエス2.0は販売終了となり、後継機・新型デバイスのプルームエックスが発売されました。