【新型Ploom S】プルームエス2.0をレビュー!旧型との違いを紹介します

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

JTの新型デバイス「Ploom S(プルームエス)2.0」を先行入手したのでレビューしたいと思います。

Ploom S 2.0の主な特徴
・吸いごたえ・冷涼感がアップ
・22本の連続使用が可能
・1本の使用時間が延長
・加熱時間と充電時間が短縮

 

結論から言えば、スペック面は大幅にアップグレードした印象でした。

プルームエスに興味がある人や、旧型は微妙と思っていた人はぜひチェックしてみてください。

プルームエス2.0のデバイス本体

プルームエス2.0の内容物がこちら。

付属品です。

プルームエス2.0の「アイスシルバー」本体。

旧型プルームエスにはなかったクールなカラーだと思います。

スライドカバー部分はブラック。

デバイス下部です。

USBケーブルは「Type-C」に変更されました。

クリーニング蓋は側面に移動しています。

ブラシが付属していないと思いきや、クリーニングには市販の「細い綿棒」を使うみたいですね。

クリーニングする目安は「ゴミや汚れ」が気になったときだけでOKとのこと。

ちなみに、この綿棒はかなり太めです (笑)

プルームエス2.0と旧型プルームエスを比較。

デバイスサイズは全く同じですね。

重さもほとんど変わりません。

正確にはバージョンアップによる部材変更のため、ほんのわずかに2.0の方が重くなったみたいです。

定番カラー「ブラック」「ホワイト」のプルームエス2.0がこちら。

パッと見は旧型と全く同じですが、スライドカバー部分がブロンズチックなデザインになりました。

各カラーの実機はこちらでも紹介しています。

 

外観はほとんど変わっていないプルームエス2.0ですが、旧型プルームエスとの比較表がこちらです。

プルームエス2.0プルームエス
加熱モードテイストアクセル ON/OFF1種類
加熱待ち時間約30秒約40秒
使用可能時間4分30秒(14パフ)3分30秒(14パフ)
充電時間と充電サイクル60分/約20本(90分/約22本)90分/約10本
充電ケーブルType-CmicroUSB
重量約105g(?)約95g
サイズ約56mm ×93mm ×25mm約56mm ×93mm ×25mm
Ploom S 2.0の概要
【カラバリ】
ブラック
ホワイト
アイスシルバー (数量限定)
【価格】
3,980円(税込)
【内容物】
デバイス
ACアダプター
USB Type-Cケーブル
【発売日】
2020年7月2日(木)
【販売店】
プルームショップ、オンラインショップ
コンビニ、タバコ販売店など

プルームエス2.0の使い方と吸いごたえ

基本操作は旧型プルームエスと全く同じですが、2.0最大の特徴と言えるのが新加熱モードの「テイストアクセル」です。

このテイストアクセルはモードOFFで「落ち着いた」味わい、モードONで「強い」吸いごたえと味わいに変化するという機能。

使い方は簡単で、ボタンを「3回連続」で押せばON/OFFの切り替えが可能です。

ちなみに、ON/OFFいずれの場合も使用本数や加熱時間、スティック1本の使用時間に変化はありません。

グローの「ブーストモード」に比べると少しだけ優秀だと思います。

テイストアクセル「OFF」で吸ってみた

まずはテイストアクセルOFFの状態で、新フレーバーの「キャメル・メンソールレッド」を吸ってみます。

 

OFFの場合はデバイスランプが青に点灯。

……吸いごたえと冷涼感は旧型プルームエスとほぼ同じ印象ですね。

落ち着いた吸い心地が好きな人には丁度いいかも。

少しだけ長く吸えるので、プルームエス2.0の方がお得感はあると思います。

たばこスティックの味も旧型よりほんの少し長持ちするかも。

テイストアクセル「ON」の吸いごたえは?

今度はテイストアクセルONで吸ってみます。

ONの場合はデバイスランプが緑に点灯。

……メンソールの冷涼感が少しだけアップします。

その分だけ、吸いごたえも少し強く感じますね。

冷涼感重視の人には、確実にテイストアクセル「ON」がオススメだと思います。

とはいえ、半分くらい (約2分半) 吸うと途端に味と吸いごたえが弱くなるかも。

この辺は旧型プルームエスと同じ感じですね。

プルームエス2.0でレギュラーフレーバーも吸ってみた

メンソール特化型のプルームエス2.0ですが、「レギュラーフレーバー」の吸いごたえはどうなのか?

テイストアクセルONで各銘柄の「レギュラー」を吸ってみます。

……旧型プルームエスよりも少しだけ吸いごたえが強くなりました。

メビウスレギュラーはポップコーン風味が少しアップします。

キャメルレギュラーもほんの少しですが甘さが増しました。

どちらの銘柄も吸いごたえ的にはわずかな変化でしたが、フレーバーの味が少しだけ濃くなったと思います。

レギュラー派も使って損はないプルームエス2.0と言えるかも。

 

プルームエス2.0の吸いごたえ比較

実際にプルームエス2.0を使ってみたわけですが、スペック面はかなり改善されていると思います。

と言うよりも、ようやく他の加熱式デバイスと肩を並べたといった感じですね (笑)

個人的なプルームエス2.0(アクセルON)の吸いごたえイメージはこんな感じ。

Ploom S 2.0の吸いごたえ比較
アイコス
グローハイパー
プルームエス2.0
↓Ⅱ
グロー
プルームテックプラス

吸いごたえはアイコスやグローハイパーよりも劣りますが、メンソールの冷涼感だけならトップクラスだと思います。

特に2.0で吸うキャメルの「メンソール」はかなり強烈 (笑)

メンソール派の人にはそこそこ満足できるデバイスになるのではないでしょうか?

価格が安くなった旧型 (1,480円) よりも、プルームエス2.0の方が確実にオススメです。

 

プルームエス2.0を先行レビュー / まとめ

プルームエス2.0を先行レビューしてみました。

旧型プルームエスに比べるとかなり進化したと思います。

個人的には、味と吸いごたえがもう少し持続すれば最高だったかも。

ということで、プルームエス2.0の発売日は「7月2日」、価格は「3,980円」となっています。

ぜひ2.0でプルームエスのリベンジ感を体験してみてください (笑)

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

追記 / プルームの「のりかえ応援割」がお得!

6月2からプルームの「のりかえ応援割」が開催中です。

プルームエス2.0が「1,480円」で購入できるので、不要なデバイスがある人はチェックしてみてください。