glo(グロー)のケントスティック全10種類を吸ってみた!【2020年版】
次へ
次へ

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

グローの専用スティックは「neo(ネオ)スティック」「ケントスティック」の2種類あります。

今回は40円安いケントスティック全10種類を吸ってみました。

価格が少し安いとはいえ、どれもネオスティックの吸いごたえとそこまで差はないと思います。

特にインパクト(エックスレンジ)シリーズ2種はかなりハイレベルでしたね。

glo(グロー)のケントスティックは全10種類

2020年2月時点で、グローのケントスティックは全10種類で発売中。

「インパクト(エックスレンジ)」シリーズ2種と、「ベーシック」シリーズ8種となっています。

フレーバータイプはレギュラーが2種類、メンソールが8種類(カプセルは3種類)で展開中ですね。

グローのケントスティック
【タイプ】
レギュラー2種
メンソール8種(カプセル3種)
【本数・価格】
20本 / 460円

ケントスティックのインパクト(エックスレンジ)シリーズ2種

ベーシックシリーズよりも少しだけタバコ感が強めなインパクトシリーズ。

フレーバータイプはレギュラーとメンソールの2種類となっています。

インパクトのレギュラー
・リッチタバコエックス
インパクトのメンソール
・ミントブーストエックス

ケント・ネオスティック・リッチ・タバコ・エックス

味わいも吸いごたえもネオスティックの「ダークプラス」とほぼ同じ印象ですね。

40円安いので、コスパ的にもかなり優秀だと思います。

ケント・ネオスティック・ミント・ブースト・エックス

そのまま吸う → ペパーミント系の味で冷涼感もかなり強め。

カプセル潰す → 少しだけ甘さが増した味わいに変化します。

吸いごたえも冷涼感もしっかりしたケントスティックだと思います。

ケントスティックのベーシックシリーズ8種

ケントスティックのベーシックシリーズは全8種類。

特にメンソールとフルーツ系のフレーバーが豊富なラインナップです。

レギュラー
・ブライトタバコ
メンソール
  • スムースフレッシュ
  • インテンスリーフレッシュ
  • シトラスフレッシュ
  • スパークフレッシュ
  • ダークフレッシュ
カプセルメンソール
  • ベリーブースト
  • ミントブースト

ケント・ネオスティック・ブライト・タバコ

なめらかで吸いやすいレギュラータイプのケントスティックです。

マイルドなタバコ感が好きな人にはオススメですね。

ケント・ネオスティック・スムース・フレッシュ

「ミントブーストエックス」と同じようなペパーミント味。

吸いごたえも冷涼感もバランスがいいと思います。

ケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュ

別名「強メンソール」だけあって、ケントスティックの中では冷涼感はトップクラス。

刺激の強いメンソールが好きな人にオススメですね。

ケント・ネオスティック・シトラス・フレッシュ

開封した瞬間からシトラスのニオイが漂います。

柑橘系のサッパリした味が好きならハマるフレーバーかも。

ケント・ネオスティック・スパーク・フレッシュ

プラム系の味わいとほどよい冷涼感のケントスティックですね。

フルーティーな味と香りで吸いやすいと思います。

ケント・ネオスティック・ダーク・フレッシュ

甘いグレープ系の味わいでメンソールの冷涼感もそこそこあります。

いつの間にかリニューアルされて少し甘すぎな味になりました。

ケント・ネオスティック・ベリー・ブースト

そのまま吸う → 冷涼感はやや弱めなベリー味ですね。

カプセル潰す → ベリー風味がかなりアップします。

カプセルを潰したときの味わいが個人的にはかなり好み。

ケント・ネオスティック・ミント・ブースト

そのまま吸う → 味は「エックスレンジ版」と同じですが冷涼感はやや弱め。

カプセル潰す → 冷涼感はそこまで強くならないかも。

刺激が強いメンソールが好きな人には「スムースフレッシュ」や「インテンスリーフレッシュ」の方がオススメだと思います。

まとめ

グローのケントスティック全10種類を紹介してきました。

これまではメンソールしか吸ったことがなかった僕ですが、レギュラータイプも以外と美味しかったと思います。

まだ未体験のケントスティックがある人は、吸わず嫌いせず吸ってみると以外な当たりフレーバーが見つかるかも。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

【追記】グローの「ネオスティック全10種類」はこちらで紹介しています。

次へ
次へ