プルームエス2.0とグローハイパーを徹底比較!オススメのデバイスはどっち?

 

 

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

JTの新型デバイス「プルームエス2.0」と、BATの新型デバイス「グローハイパー」を比較してみました。

どちらも高温加熱式デバイスで、価格 (定価) も同じ3,980円。

フレーバーのラインナップも似たような感じです。

今後は特にバチバチしていきそうな両デバイスですが、オススメはどっちなのか?

ということで、プルームエス2.0とグローハイパーかで迷っている人はチェックしてみてください。

プルームエス2.0とグローハイパーのスペック比較

ほぼ同じスペックのプルームエス2.0とグローハイパー。

各デバイスの基本スペックは以下のとおり。

プルームエス2.0グローハイパー
加熱温度200℃250℃ (ブースト260℃)
加熱モード(2種類)テイストアクセルブーストモード
加熱待ち時間約30秒約20秒 (ブースト15秒)
使用可能時間4分30秒4分00秒 (ブースト3分半)
充電時間と充電サイクル60分/約20本(90分/約22本)60分/約20本
充電ケーブルType-CType-C
重量約105g約106g
サイズ約93mm×56mm×25mm約82mm×45mm×22mm
本体価格3,980円3,980円

連続使用回数はほぼ同じですが、「加熱待ち時間」はグローハイパーの方が少し短め。

スティック1本の「使用時間」「充電時間の早さ」はプルームエス2.0に軍配が上がります。

加熱モードの切り替えによる「使用時間の減少」もプルームエス2.0にはありません。

スペックだけで比較した場合はプルームエス2.0の方が少しだけ優秀かも。

とはいえ、グローハイパーは常時と言っていいほど値下げキャンペーンが実践されているので、価格的にはグローハイパーの方が試しやすい感じですね。

プルームエス2.0とグローハイパーの各フレーバー

プルームエス (2.0) のフレーバーは全8種類、グローハイパーのフレーバーは全9種類で発売中。(2020年6月時点)

どちらもレギュラーフレーバーは2つ、それ以外は全てメンソールフレーバーになっています。

プルームエス (2.0) 専用のたばこスティック

プルームエス2.0のフレーバーは「メビウス銘柄 (490円) 」「キャメル銘柄 (460円) 」の2種類。

価格はグローハイパーよりも「10円」だけ安くなっています。

味わいに関しては好みもありますが、プルームエス2.0には極端にマズいフレーバーはない印象で、個人的には「キャメル」のメンソールシリーズが好み。

プルームエス(2.0)のフレーバー
メビウス・レギュラーテイスト
メビウス・メンソール
メビウス・メンソール・クールエフェクト
メビウス・メンソール・パープル
キャメル・レギュラー
キャメル・メンソール
キャメル・メンソール・レッド
キャメル・メンソール・イエロー

グローハイパー専用のスティック

グローハイパーのフレーバーは「ネオ銘柄 (500円) 」「ケント銘柄 (470円) 」の2種類です。

カプセルタイプのフレーバーもあったりしますが、味わいに関しては当たりハズレが多い印象。

ウマいフレーバーはかなりウマいですが、マズいのは半端なくマズいかも(笑)

個人的には「ブリリアントベリー」「フリーズメンソール」が好みです。

グローハイパーのフレーバー
ネオ・テラコッタ・タバコ
ネオ・フレスコ・メンソール
ネオ・フリーズ・メンソール
ネオ・フローレセント・シトラス
ネオ・ブリリアント・ベリー
ネオ・トロピカル・ソワール
ケント・ネオスティック・トゥルー・タバコ
ケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール
ケント・ネオスティック・トゥルー・ベリーブースト

レギュラーフレーバーは同じような味

ぶっちゃけ、レギュラーフレーバーに関してはプルームエス2.0もグローハイパーも同じような味だと思います。

そしてどちらのレギュラーも喉が「イガイガ」する感じ(笑)

マイルドな吸いごたえならプルームエス2.0、濃厚なタバコ感ならグローハイパーがオススメかも。

吸いごたえはやっぱりグローハイパー

吸いごたえに関しては完全にグローハイパーの勝利といった感じ。

ガツンとくるタバコ感はアイコスと同じくらいはあるかも。

プルームエス2.0の吸いごたえは「細いグロー」と同じか少し強めなくらい。

メンソールの冷涼感はプルームエス2.0の方がやや強め……と思いきや、グローハイパーのメンソールフレーバーもかなり強烈です(笑)

ちなみに、グローハイパーはこの3銘柄の冷涼感が特に強めかも。

プルームエス2.0はこの2銘柄が強烈系メンソールです。

フレーバーにもよりますが、メンソールの冷涼感はほぼ互角といった感じですね。

吸いごたえと冷涼感の両方を求めるならグローハイパーの方がオススメだと思います。

クリーニングが楽チンなプルームエス2.0

加熱式タバコで地味に面倒なのがデバイスのクリーニング。

グローハイパーは「5本」ごとにデバイス底部に付着した液体の拭き取りが必要で、ヒーター内部は「20本」ごとにクリーニングブラシでの掃除が推奨されています。

ちなみに、グローハイパーはクリーニングをサボりすぎると、フレーバーの味が極端に悪くなるので要注意。

対してプルームエス2.0は「ゴミや汚れが気になる場合」にクリーニングするだけでOK。

クリーニングには市販の綿棒を使用します。

クリーニングに関してはプルームエス2.0の方が圧倒的に手間いらずですね。

プルームエス2.0とグローハイパーのここが不満

プルームエス2.0とグローハイパーの特徴を一通り紹介してきました。

ほぼ互角の戦いといった感じですが、個人的に感じた各デバイスのデメリットを1つずつ挙げていきます。

プルームエス2.0はフレーバーの味が薄くなる

スティック1本の使用時間は4分半のプルームエス2.0ですが、残り2分くらいでフレーバーの味が薄くなってしまいます。

4分半の使用時間があっても、しっかり味を楽しめるのはせいぜい2分半くらい。

逆にグローハイパーは割と最後まで味が残っています。

そういった意味では、両デバイスの使用時間の差はあってないような感じかも。

グローハイパーはヤニクラしすぎ

吸いごたえの強さがメリットとも言えるグローハイパーですが、人によってはかなりキツく感じるみたいですね。

僕もグローハイパーを吸ったあとは毎回「ヤニクラ感」に襲われます。

そのうち慣れるかと思っていましたが全然慣れそうにない(笑)

これに関しては個人差があると思いますが、アイコスはスムーズに吸えるのになぜ?といった感じです。

まとめ

今後はライバル機になるであろう、プルームエス2.0グローハイパーを比較しながら紹介してきました。

まとめるとこんな感じ。

スペックで選ぶなら?
なんだかんだでほぼ互角
お求めやすい価格なのは?
グローハイパー
フレーバーはどっちがウマい?
個人的にはプルームエス2.0
吸いごたえ&冷涼感の強さは?
グローハイパー
クリーニングが面倒なら?
プルームエス2.0

吸いごたえやタバコ感重視ならやっぱりグローハイパー。

美味しいメンソールやマイルドなレギュラーが好きならプルームエス2.0といった感じですね。

ということで、少しでもデバイス選びの参考になれば幸いです。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

追記 今度はアイコスイルマとプルームエックスを比較してみました。