こんにちは、紙タバコは週1のヨースケ
@YoSK8)です。

少し前にたまたま観ていたYouTubeで、窪塚洋介が電子タバコらしき物で煙をモクモクさせている動画を発見。

僕は現在iQOSとgloの2股ユーザーですが、どちらも煙を吐き出したときのモクモク感が物足りないんだよなぁと常日頃思っていたわけで。

電子タバコには煙を求めていない人の方が多いとは思いますが、個人的にはモクモクさせたい派です。

そんなときに、こんな不満を解消してくれそうな電子タバコを窪塚洋介がいい感じにプロモーションしていたわけで (笑)

早速この電子タバコについて調べてみましたが、「インペリアル・タバコ・ジャパン」の
新型VAPE「myblu」(マイブルー)という新商品でした。

myblu(マイブルー)はVAPE(ベイプ)なの?


そもそもVAPEって何かよくわからない人もいると思いますが、欧米やアジア諸国を中心に大流行している次世代タイプの電子タバコのことです。

そしてiQOSやgloの電子タバコとの1番の違いは、VAPEの煙(水蒸気)にはニコチンやタールが含まれていない、というところ。

つまり体に害はありません。

ちなみに日本国内ではVAPE=電子タバコと認知されていますが、実際には「タバコ」ではありません。

基本的にVAPEは、葉タバコでなくリキッドを使用した蒸気を吸引するものなので、正確に言えば「電子蒸気」というわけ。

電子タバコの中でもメジャーなiQOSやgloですが、どちらもタールはゼロではあるもののニコチンは含まれているので、少なからず体に害はあります。

なので健康面を考慮したときに、ニコチンもタールも含まれていない無害な点がVAPEの1番の魅力かもしれません。

myblu(マイブルー)のマイレビュー!

「myblu」新製品発表会より引用
窪塚洋介がメッチャ美味そうにモクモク吸っていたので、僕もいち早くマリ◯◯ナ…じゃなくてmyblu(マイブルー)キメてみたくなりました (笑)

さっそく地元のタバコ店でスターターキットを購入して、myblu(マイブルー)をモクモク一服してみることに。

ちなみにmyblu(マイブルー)のフレーバーポッドは全8種類あります。

僕はスターターキットに付属しているメンソールと、窪塚洋介もオススメしていたチェリークラッシュという2種類のフレーバーポッドを試してみました。

myblu(マイブルー)の吸い応え(喉ごし感)は?

実際にmyblu(マイブルー)を吸ってみた感想ですが、ぶっちゃけ、吸い応えはほとんどありませんでした。

煙を吐き出したときのモクモク感は一般的な紙タバコと同じくらいで、iQOSやgloよりも量は多め。

でも、モクモク感はそれなりにあるのに、煙が喉を通って肺にスーッと入ってくるような感覚はほぼ感じません。

例えるなら、1mmくらいの紙タバコと同じくらいかもしくはそれ以下です。

僕が電子タバコに1番求める条件としては、紙タバコと同じような吸い応えがしっかりとあるかどうか。

正直言って、myblu(マイブルー)にはその吸い応えはほとんど感じられませんでした。
吸っても吸っても一向に満たされない感じです (笑)

参考までに吸い応えだけで比較してみると、
iQOS 〉glo 〉mybluっていう評価になりました。

myblu(マイブルー)の味や匂いは?

試したフレーバーポッドは2種類だけですが、どちらも甘い香りと程よいメンソール感で味と匂いに関してはかなり好みでした。

甘めのフレーバーが好きな人なら特に気にいると思います。

窪塚洋介がコメントしていた通り、「美味しい煙のお菓子」って表現がピッタリな感じ。

電子タバコは吸い終わった後にイヤな匂いが残るものが多いですが、myblu(マイブルー)にはそういった悪臭は全くありません。

フレーバーポッドの甘い匂いがほのかに漂っていて、アロマでも焚いてるの?って感じになります (笑)

しかも、吸いカスなどの余計なゴミも一切発生しません。

なので、味や匂いや吸い終わったときを比較した場合、
myblu 〉glo 〉iQOSっていう評価になりました。

myblu(マイブルー)の使い方は?

使い方は超簡単です。 

mybluのデバイスにフレーバーポッドを挿し込むだけで、加熱ボタンなどを押す必要はなくそのまま吸い始めることが可能。

そしてデバイスを1度充電してからフレーバーポッドを差し込めば、充電かリキッドがなくなるまでいつでも吸うことができます。

例えばiQOSの場合、1回吸うごとに約5分の充電が必要でチェーンスモークはできません。

gloの場合も、チェーンスモークは可能だけど1本吸うごとにフレーバーの交換が必要。
myblu(マイブルー)であれば、好きなときにサッと取り出して好きなだけ吸うことが可能です。

デバイスは20分でフル充電できて、1個のフレーバーポッドで約300回の吸引が可能。

個人差はありますが、フレーバーポッド1個でタバコ1箱分くらいの容量くらいになるかと思います。

ということで、デバイスの使いやすさを比較した場合は、
myblu 〉glo 〉iQOSっていう評価になりました。

myblu(マイブルー)はこんな人にオススメ!


myblu(マイブルー)を試してみた感想などを書いてきましたが、個人的にはフレーバーポッドの味や匂い、デバイスの使いやすさに関してはパーフェクトだったと思います。

ただ先にも少し書きましたが、僕が電子タバコに1番求めるものは「吸い応え」なわけで。
この吸い応えがしっかりあれば、iQOSとgloはサクッとメルカリに出品して、完全にmyblu(マイブルー)に乗り換えていたと思います。

でも残念ながら、実際に出品したのはmyblu(マイブルー)になってしまいましたが (笑)
個人的には吸い応えが足りなくて手放してしまいましたが、

  • 吸い応えは求めない
  • シンプルに簡単に使いたい
  • 甘いフレーバーが好き
  • イヤな匂いやゴミカスは嫌い
  • 有害物質はイヤ
  • 煙をモクモクさせたいねん

っていう人にとっては最高の電子タバコになるんじゃないかな?と、思います。

そしてmyblu(マイブルー)のスターターキットは、iQOSなどに比べればお手頃な価格になっているので試しやすいとも思います。

まとめ

この記事を書くにあたり、サクッと他の電子タバコなども調べてみました。

世はまさに大電子タバコ時代の幕開けのようで、いろいろな種類が発売されているみたいです。

例えばビタミン電子タバコ「VITAFUL(ビタフル)」という商品も、スターターキットが
1,598円とかなりリーズナブル。

公式サイトやレビューによれば、有害物質がゼロで僕が求めている吸い応えもしっかりあるとのこと。

もう1つは、個人的に少し気になっていたアイコス互換品「iSMOKE」です。

こちらは価格が少し高めですが、iQOSのヒートスティックが使えてチェーンスモークが可能になるという電子タバコ。

ということで、これからちょいちょい他の電子タバコも試していこうかなと思っている次第です。

また新たな電子タバコを試したときには、レビュー記事に書いていこうと思っています。
 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^

オススメの記事