myblu(マイブルー)は窪塚洋介もオススメのVAPE!吸ってみた感想とレビュー!
次へ
次へ

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

僕はアイコスとグローも吸いますが、どちらも蒸気を吐き出したときの「モクモク感が物足りないんだよなぁ」と思っていました。

加熱式タバコには蒸気量を求めない人も多いと思いますが、個人的にはモクモクさせたい派です。

そんなときに、窪塚洋介さんが加熱式タバコらしき物で煙をモクモクさせている動画を発見。

さっそくこのデバイスについて調べてみましたが、その正体は「インペリアル・タバコ・ジャパン」の新型ベイプ、myblu(マイブルー)」という新商品でした。

myblu(マイブルー)以前にVAPE(ベイプ)とは?


そもそもマイブルー以前に「VAPE(ベイプ)」を知らない人もいると思いますが、ベイプは欧米やアジア諸国を中心に大流行している、蒸気を楽しむ電子タバコのような「吸引デバイス」です。

アイコスやグローなどの加熱式タバコとの違いは、ベイプの煙(水蒸気)にはニコチンやタールが含まれていないので体に全く害がないということですね。

日本国内では「ベイプ=加熱式タバコ」と思われがちですが、ベイプは「タバコ」ではありません。

基本的にベイプは「葉タバコ」ではなく「リキッド」を使用した蒸気を吸引するので、正確に言えば「加熱式蒸気」というわけです。

アイコスやグローはタールが「ゼロ」と言われていますが、どちらも「ニコチン」は含まれているので体に無害とは言い切れません。

ベイプはニコチンもタールも一切含まれていないので、健康面を考えている人にもオススメの吸引デバイスと言えます。

myblu(マイブルー)の使用レビュー!

モクモク美味そうに吸っている窪塚洋介さん↑です (笑)

僕もさっそくマイブルーのスターターキットを購入してみました。

2018年7月時点では、 マイブルーのフレーバーポッドは「全10種類」発売されています。

マイブルーのフレーバーポッド
・メンソール
・タバコ味
・アイスミント
・カフェラテ
・チェリークラッシュ
・グリーンアップル
・マンゴーアプリコット
・タバコバニラ
・ストロングメンソール
・アイスベリー

 

僕はスターターキットに付属している「メンソール」と、窪塚洋介さんもオススメしていた「チェリークラッシュ」の2種類を試してみました。

【追記】2020年5月時点で、マイブルーのフレーバーポッドは「全12種類」で発売中です。

myblu(マイブルー)の使い方

マイブルーの使い方は簡単で、デバイス本体にフレーバーポッドを挿し込むだけで吸うことができます。

加熱ボタンなどを押す必要はありません。

充電かポッドのリキッドがなくなるまで、いつでも好きな分だけ吸うことができます。

デバイスのフル充電は「20分」とかなり短めで、ちょうどフレーバーポッド1個分の「約300回」の吸引が可能。

個人差はありますが、フレーバーポッド1個でタバコ1箱分くらいになると思います。

ということで、デバイスの使いやすさを比較した場合は、

マイブルー 〉グロー 〉アイコスといった評価になりました。

マイブルーの基本スペック
充電時間 / 約20分
デバイス連続使用回数 / 約300回
フレーバーポッド1個のパフ回数 / 約300回

myblu(マイブルー)の味・吸いごたえ・キック感は?

実際に僕が試したフレーバーポッドは2種類だけですが、どちらも甘いニオイとほどよいメンソールの冷涼感で、味と香りに関しては文句なしでした。

窪塚洋介さんがコメントしていた通り「美味しい煙のお菓子」という表現がピッタリだと思います。

肝心の吸いごたえとキック感ですが……結論から言えばほとんど感じませんでした。

蒸気のモクモク感は一般的な紙巻タバコよりも多めですが、ガツンとくるようなキック感はありません。

例えるなら、1mgくらいの紙タバコと同じくらいかそれ以下といった感じですね。

僕が加熱式タバコやベイプに求める条件は、紙巻タバコと同じような吸いごたえがあるかどうか?ということです。

残念ながら、マイブルーにはその吸いごたえがほとんど感じられませんでした。

モクモク感はイイ感じですが、吸った感はほぼゼロというのがマイブルーを試してみた感想です。

参考までに「吸いごたえ」だけで加熱式タバコ2種と比較してみると、

アイコス 〉グロー 〉マイブルーといった評価になりました。

myblu(マイブルー)のニオイや使いやすさは?

加熱式タバコはニオイが気になる場合も多いですが、マイブルーにはイヤなニオイが全くありません。

というよりも、喫煙中はフレーバーの甘い香りがほのかに漂っていて、アロマを焚いたような感じになります。

少し気になったのが、吸い方によってはフレーバーポッドから「液漏れ」する場合がありました。

この辺は少し注意が必要かも。

とはいえ、吸いカスなどの汚れは発生しないので、クリーニングする必要も全くありません。

アイコスやグローに比べるとかなり楽チンだと思います。

ということで、味やニオイや使いやすさなどで比較した場合は、

マイブルー 〉グロー 〉アイコスといった評価になりました。

myblu(マイブルー)はこんな人にオススメ!


フレーバーポッドの味と香り、デバイスの使いやすさに関しては完璧だと思うマイブルーでした。

とはいえ、僕は「吸いごたえ」を1番重要視しています。

個人的には吸いごたえ・キック感が物足りなかったマイブルーですが、

  • 吸いごたえは求めない
  • シンプルに簡単に使いたい
  • 甘いフレーバーが好き
  • イヤなニオイや吸いカスはウザい
  • 有害物質は絶対ムリ
  • 煙をモクモクさせたいねん

といった人には、最高のデバイスになるかもしれませんね。

マイブルースターターキットの価格は「2,700円(税込)」と割とリーズナブルで、ネットストアなどでも気軽に購入することができます。

 

ちなみに、【blu公式サイト】でマイブルーを購入すれば「オリジナル専用ケース」が付属します。

専用ケースは先着限定の特典となっているので、気になる人は早めにチェックしてみてください。

まとめ

窪塚洋介さんもオススメする新型ベイプのマイブルーを紹介してきました。

個人的にはフレーバーの味と蒸気のモクモク感は最高だったと思います。

甘いフレーバーで癒されたい人や、健康面を意識している人はマイブルーを試してみてはどうでしょうか?

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^ 

次へ
次へ