glo(グロー)のneo(ネオ)スティック全10種類をレビュー!【新パッケージ版】
次へ
次へ

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

少し前にパッケージがリニューアルされた「glo(グロー)」「neo(ネオ)スティック」ですが、試しに全10種類のフレーバーを吸ってみました。

もちろん、味わいや吸いごたえはこれまでと「同じ」です。

これまでよりカラフルなパッケージなので区別はしやすくなったかも (笑)

ということで、新パッケージになったグローの各ネオスティックを紹介していきます。

glo(グロー)のneo(ネオ)スティック全10種類を吸ってみた!

グローのネオスティックはレギュラーとメンソールが各2種類。

フレーバーメンソールは6種類の全10種類となっています。

価格はケントスティックよりも40円高い「500円」ですが、吸いごたえとタバコ感は多少強めになっていますね。

グローのネオスティック
【タイプ】
レギュラー2種
メンソール2種
フレーバーメンソール6種
【本数・価格】
20本 / 500円

neo(ネオ)スティックのレギュラーは2種類

ネオスティックのレギュラーは「ダークプラス」「クリーミープラス」の2種類です。

ネオ・ダーク・プラス・スティック

吸いごたえとタバコ感がしっかりあるレギュラーですね。

とはいえ、個人的にはケントスティックの「リッチタバコエックス」の方がコスパが高い気もします。

ネオ・クリーミー・プラス・スティック

ネーミング通りクリーミーで少し甘さのあるレギュラーですね。

吸いごたえは「ダークプラス」と同じくらいです。

neo(ネオ)スティックのメンソールは2種類

ネオスティックのメンソールは「フレッシュプラス」「ミントプラス」の2種類です。

ネオ・フレッシュ・プラス・スティック

廃盤になった「フレッシュミックス」のリニューアル版みたいな感じですね。

個人的には好みですが、ケントスティックの「インテンスリーフレッシュ」でも十分な気がします。

ネオ・ブースト・ミント・プラス・スティック

そのまま吸う→「ダークプラス」のメンソール版といった感じの味です。

カプセル潰す→ 冷涼感がかなり強いミント味に変化。

刺激の強いフレーバーが好きな人にオススメのネオスティックかも。

neo(ネオ)スティックのフレーバーメンソールは6種類

ネオスティックのフレーバーメンソールは「ロイヤルプラス」「ベリープラス」「ルビープラス」「ツイストプラス」「トロピカルプラス」「アクアプラス」の6種類です。

この中の3種は、氷結アロマのフレーバーとして2019年8月に発売されました。

ネオ・ブースト・ロイヤル・プラス・スティック

そのまま吸う → 冷涼感は弱めですがブルーベリー感はそれなりにあります。

カプセル潰す → 冷涼感の変化はあまり感じませんが、ブルーベリー風味がさらにアップ。

ブルーベリーが好きな人にオススメのネオスティックだと思います。

ネオ・ブースト・ベリー・プラス・スティック

そのまま吸う → 冷涼感は控えめのほのかなベリー味といった感じです。

カプセル潰す → あまり変化は感じません。

同じベリーなら、個人的には「ロイヤルプラス」の方がオススメかも。

ネオ・ブースト・ルビー・プラス・スティック

そのまま吸う → スパイシーな香りと味わいで冷涼感はそれなりに強め。

カプセル潰す → 甘さが増してチェリー風味が少しだけアップします。

チェリー感よりもスパイシーさを楽しめるフレーバーといった感じですね。

ネオ・ブースト・ツイスト・プラス・スティック

そのまま吸う → ほどよい冷涼感でライムシトラスの香りと味わいですね。

カプセル潰す → 冷涼感はそれほど変わりませんが味が甘くなります。

サッパリ感と甘さの両方を楽しめるネオスティックかも。

ネオ・ブースト・トロピカル・プラス・スティック

そのまま吸う → 味も冷涼感もごく普通のメンソールといった感じですね。

カプセル潰す → トロピカル感が少しだけアップします。

ミックスジュースのような甘いフレーバーが好きな人にはオススメかも。

ネオ・ブースト・アクア・プラス・スティック

そのまま吸う → 少し甘めのメロンチックな瓜風味です。

カプセル潰す → 瓜風味はそのままで冷涼感がほどよくアップ。

サッパリして吸いやすいメンソールフレーバーだと思います。

まとめ

グローのネオスティック全10種類を紹介してきました。

ぶっちゃけ、フレーバーによってはケントスティックと吸いごたえが変わらないネオスティックもありましたね(笑)

とはいえ、タバコ感は多少強めになっていると思います。

個人的には数量限定販売だった「アジュール」がネオスティックで復活してくれれば嬉しいかも。

ケントスティック全10種類はこちらで紹介しているので、興味のある人はチェックしてみてください。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

次へ
次へ