【2019 新型gloデバイス】グロープロとグローナノが発売決定!特徴など紹介

 

 

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

少し前に一部の地域限定でglo sens(グローセンス)をリリースしたBATですが、10月3日にまた新たなグローデバイスを発売させます。

新たに登場するのは「glo pro(グロープロ)」「glo nano(グローナノ)」という2019年新型デバイス。

この両モデルは全国同時リリースになるので、新型グローデバイスを待ちわびていた人には朗報だと思います。

2019新型gloデバイスのグロープロ

グロープロ公式画像

個人的にはグローナノより気になるのが「グロープロ」です。

グロープロの特徴やスペック

グロープロは世界初となる「txiエンジンを搭載。

この機能により従来モデルより加熱速度がアップ、より深く濃い味わいが楽しめるとのこと。

さらに「通常モード」と「ブーストモード」の2つのモードが搭載されています。

通常モードは「約20秒」の加熱時間で「約4分間」の喫煙が可能。

ブーストモードは「約10秒」の加熱時間で「約3分間」「吸いごたえの強い」喫煙が可能になっています。

連続使用回数は20本で、充電時間も「90分」に短縮されました。

加熱時間|通常20秒・ブースト10秒
喫煙時間|通常4分・ブースト3分
充電時間|1.5時間
連続使用回数|約20本
重量|約98g
サイズ|82mm×43mm×21mm

グロープロのカラバリと価格

グロープロのカラバリは「ブラック」「シャンパン」の2色。

グロープロ公式画像

少しだけラグジュアリー感がアップしたデザインもオシャレですね。

本体価格は「4,980円 (税込) 」になっています。

価格|4,980円 (税込)
発売日|2019年10月3日(木)より順次発売
販売エリア|全国のgloストア、gloオンラインストア、10都道府県のコンビニやタバコ販売店

追記 実際にグロープロを購入してみました。

2019新型gloデバイスのグローナノ

グローナノ公式画像

なんだかんだで気になるのが「グローナノ」です。

グローナノの特徴やスペック

グローナノの特徴はスリムでコンパクトなデバイスデザイン。

本体の重さはグローミニ(約85g)よりも軽い「約60g」になっています。

充電時間も「60分」にまで短縮されました。

とはいえ、連続使用回数は「10本」になっているので、どちらかと言えばあまり本数を吸わない人向けの新型デバイスといった感じかも。

加熱時間|40秒
喫煙時間|3分30秒
充電時間|約60分
連続使用回数|約10本
重量|61g
サイズ|91mm×32mm×21mm

グローナノのカラバリと価格

グローナノのカラバリは「ホワイト」「ネイビー」「ブルー」「レッド」の全4色。

    グローナノ公式画像

    各コンビニで販売されるカラーが異なりますが、gloオンラインストアでは全カラーのグローナノが販売されます。

    本体価格はグロープロより1,000円安い「3,980円 (税込) 」

    価格|3,980円(税込)
    発売日|2019年10月3日(木)より順次発売
    販売エリア|全国のgloストア、gloオンラインストア、10都道府県のコンビニやタバコ販売店

    追記 実際にグローナノも購入してみました。

    2019新型gloのグロープロとグローナノが発売決定|まとめ

    待望の新型グローデバイス、プロとナノが発売されますが、これで11月に全国発売が決定したグローセンスには全く興味がなくなりました(笑)

    個人的にはやっぱりグロープロ狙いですね。

    でも結局、ナノも同時購入すると思います(笑)

    最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!