プルームXのファブリック・キャリーケースをレビュー!スタンドとしても使えます

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

JTの「Ploom X(プルームエックス)」専用アクセサリーから「ファブリック・キャリーケース」を購入したのでレビューします。

Xユーザーはチェックしてみてください。

プルームXのファブリック・キャリーケース詳細情報

プルームXのファブリック・キャリーケース全2色公式画像

プルームXのファブリック・キャリーケースは耐久性の高い布地、上質な本革、デバイスを保護するマイクロファイバーという3つの素材で作られているのが特徴です。

カラバリはブラックグレイの全2色。

これ1つにデバイス本体、たばこスティック、フロントパネルをまとめて収納できるので持ち運びにはかなり便利。

蓋部分を折り返せばスタンドとしても使える優れモノです。

サイズ寸法|153mmx75mmx29mm
質量|約53g
価格|2,480円 (税込)
販売店|Ploom公式ショップ

プルームXのファブリック・キャリーケース本体

プルームX専用ファブリック・キャリーケースのパッケージ

パッケージを開封すると布袋に包まれたファブリック・キャリーケースが入っています。

プルームX専用ファブリック・キャリーケースのパッケージ

この巾着袋も何かと使えそうな感じですが、

プルームX専用ファブリック・キャリーケースの布袋

今回はブラックのキャリーケースを紹介します。

プルームXのファブリック・キャリーケース

素材はファブリックバックカバーと同じ硬めの布地。

プルームXのファブリック・キャリーケース

蓋の端部分にはマグネットが内蔵されていてピタッと閉じる仕様になっています。

プルームXのファブリック・キャリーケース

蓋を開けるとこんな感じ。

プルームXのファブリック・キャリーケース

デバイスとたばこスティックの収納スペース。

プルームXのファブリック・キャリーケース内側

フロントパネルの収納スペース。

プルームXのファブリック・キャリーケース内側

ケース内側はマイクロファイバー素材なので、収納時にデバイスやパネルが傷付く心配もなしです。

プルームX一式をファブリック・キャリーケースに収納してみた

プルームX一式とファブリック・キャリーケース

プルームXのフルセット一式をファブリック・キャリーケースに収納してみます。

まずはデバイスをイン。

プルームX本体とファブリック・キャリーケース

ピッタリサイズ設計のためバックカバーを付けたままでは収納不可でした。(少しだけなら何とか入ります。)

お次はたばこスティック。

プルームX本体とたばこスティックとファブリック・キャリーケース

こちらもしっかりホールドされるくらいのピッタリ設計です。

最後にフロントパネルも収納。

プルームX本体とたばこスティックとフロントパネルとファブリック・キャリーケース

フロントパネルの代わりにクリーニングスティックを入れるのもアリですね。

プルームX本体とたばこスティックとクリーニングスティックとファブリック・キャリケース

こんな感じでプルームX一式をスッキリ綺麗に収納できます。

プルームX本体とたばこスティックとフロントパネルとファブリック・キャリーケース

手に持った感じもオシャレでスマート。

ザラザラした手触りもよきですね。

プルームXのファブリック・キャリーケースをスタンドとして使ってみた

今度はファブリック・キャリーケースを自立スタンドとして使ってみます。

マグネット式の蓋を折り返せば底部分にもピタッと張り付くので、これでスタンド化はOK。

プルームXのファブリック・キャリーケースをスタンド化

実際に置いてみると、グラつかずそこそこ安定感もあります。

プルームX本体とたばこスティックとフロントパネルとファブリック・キャリーケース

スタンドとして使うなら収納スペースを気にせず自由に置いていいかも。

プルームX本体とフロントパネルとファブリック・キャリーケース

プルームXをデスク周りやテーブルに置くには最適だと思います。

まとめ

プルームXの純正アクセサリー、ファブリック・キャリーケースをレビューしてみました。

個人的にはバックカバーを付けたままデバイスを収納したいところでしたが、それ以外に不満点は特になかった感じですね。

ケースとして使うもよし、スタンドとして使うもよしってことで、1つあればXユーザーにとって便利なアクセサリーになると思います。 

それでは、また!

関連 プルームエックス(Ploom X)の純正アクセサリー全6種類以上を紹介!一覧まとめ