プルームXの純正ドッキングステーション(充電スタンド)をレビュー!

 どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

JTの「Ploom X(プルームエックス)」純正アクセサリーから、デバイスを立て置き充電できる「ドッキングステーション」を紹介したいと思います。

ぶっちゃけ、なくても全く困らない充電スタンドではありますが、これ1つでデスク周りや寝室など充電場所のオシャレ度が少しだけアップするかも?

プルームX純正ドッキングステーションのパッケージと内容物

プルームXのドッキングステーション公式画像

パッケージと内容物がこちら。

プルームX専用ドッキングステーションのパッケージと内容物

ドッキングステーションのほかに、単体でも販売されているプルームUSB Type-Cケーブル(980円)が付属します。

価格|1,480円 (税込)
カラー|ブラック

プルームXのドッキングステーション本体

プルームXのドッキングステーション

プルームXのドッキングステーションは台座部分が高級感あるメタリック素材になっています。

プルームXのドッキングステーション

裏面は滑り防止のラバー素材ですね。

プルームXのドッキングステーション

USBケーブルの接続部。

プルームXのドッキングステーション

ACアダプターはプルーム専用もしくは同等品を使用します。

ドッキングステーション本体
・定格電圧 DC 5V
・定格電流 1.5A
・寸法 約56.9mm×約47.1mm×約18.0mm
・質量 約92.5g
USB Type-C ケーブル
・定格電圧 AC 30V
・定格電流 3.0A
・寸法 約75cm
・質量 約21g

プルームXをドッキングステーションで充電してみた

ドッキングステーションとプルームX本体

充電するときはドッキングステーションを押さえながらプルームXを垂直に差し込めばOK。

ドッキングステーションとプルームX本体

グラつかずそれなりの安定感があり、プルームXがオシャレなオブジェ化する感じですね。

ドッキングステーションとプルームX本体

フロントパネルの色を変えれば雰囲気もガラッと変わります。

ドッキングステーションとプルームX本体

ドッキングステーションとプルームX本体

ちなみに、純正アクセサリーのレザーバックカバーを付けたままでもドッキング可能でした。(ファブリックバックカバーもOK)

ドッキングステーションとプルームX本体

プルームXをスマートに立て置き充電したい人にはオススメのアクセサリーだと思います。

プルームX純正ドッキングステーションでアイコスやグローも充電してみた

プルームX専用ドッキングステーションとアイコスイルマ・グローハイパーX2

試しに他社のライバル製品、アイコスグローのデバイスもドッキングしてみました(笑)

まずはアイコスイルマプライムから。

プルームX専用ドッキングステーションとアイコスイルマプライム

サイズが合わないどころか充電自体も不可。

続けてアイコスイルマワン。

プルームX専用ドッキングステーションとアイコスイルマワン

サイズ的にはピッタリで充電も可能です。

最後はグローハイパーX2。

プルームX専用ドッキングステーションとグローハイパーX2

間抜けなドッキング姿ですが(笑)一応充電はできました。

メジャーな他社デバイスを充電するならイルマワンが1番合う感じですね。

と言っても、このドッキングステーションはあくまでもプルームX専用なので、充電する際は自己責任でお願いします。

まとめ

プルームXの純正アクセサリーからドッキングステーションをレビューしてみました。

価格もリーズナブルなので、プルエクユーザーなら買っても損はないアクセサリーですね。

オンラインショップでは定期的に割引クーポンの配布や送料無料キャンペーンが実践されているので、それに合わせて購入すれば少しお得になると思います。

それでは、また!

関連 プルームエックス(Ploom X)の純正アクセサリー全6種類以上を紹介!一覧まとめ