【レビュー】ニコチン0のタバコ「コバト(ccobato)」のメンソールを吸ってみた感想




どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

ニコチン0の加熱式タバコ用スティック「コバト(ccobato)」「メンソール」を試してみました。

ここ最近はノンニコチンスティックの種類も増えてきましたが、その中でも比較的吸いやすいフレーバーになっていると思います。

独特なクセがなく、吸いやすいノンニコチンスティックを探している人はチェックしてみてください。

コバト(ccobato)のメンソールはニコチン0

コバトのメンソールはアイコスやパルズなどの「ブレード挿入タイプ」の加熱式デバイスに対応した、「ニコチン0」のタバコ風スティックです。

タバコ葉ではなく茶葉で作られているので、タール0ではないものの9割以上の有害物質をカット。

コバトからは数種類のフレーバーが発売されていますが、各フレーバーごとで公式の販売店が異なるみたいですね。

この辺が少し謎かも(笑)

コバト(ccobato)のメンソール|パッケージとスティック

コバトのメンソールはグリーンのパッケージです。

スティックはこんな感じ。

開封時のニオイはハッカみたいな感じで悪くありません。

スティックのロゴもちょっとオシャレ。

参考までにコバトとアイコスのスティックを並べてみます。

スティックのサイズはほぼ同じですね。

各スティックのタバコ葉(茶葉)を比較してみます。(左がコバトのメンソール)

コバトの茶葉スティックはこんな感じでした。

コバト(ccobato)のメンソールをレビュー

コバトのメンソールをアイコスで吸ってみます。

スティックの刺さり具合はわりとスムーズ。

……味わいはノンニコチンスティックおなじみの茶葉風味ですが、ほんのり甘いメンソールに仕上がっています。

アイコスのヒートスティック「ミント」に近い味で、口当たりはかなりマイルド。

茶葉感が控えめなので、ノンニコチンスティックが苦手な僕でも全然吸いやすいです。

ただ吸いごたえとキック感はかなり弱く、メンソールの冷涼感も少し弱めな印象かも。

ガツンとくる吸いごたえと冷涼感が好きな人には物足りないと思います。

逆に言えば、ほどよい吸いごたえの優しいメンソールフレーバーが好きな人には結構オススメ。

少しだけ甘さがある分、個人的にはライバル商品の「ニコレス」や「ニコノン」より吸いやすかったコバトのメンソールでした。

コバト(ccobato)のメンソール|販売店と価格

コバトのメンソールはコンビニやドラッグストアでは販売されていません。

現時点で取扱があるのは「アマゾン」と「公式サイト」だけで、1箱20本入りの「3箱セット(1,440円)」からの販売になっています。(2021年1月時点)

コバトは1箱480円の計算になるので、他の類似商品よりは少しだけ高めな感じですが、通常の加熱式タバコのフレーバーよりは気持ち程度安いかも。

ちなみに、アマゾンでの取扱はまだ開始されたばかりですが、今のところ高評価のレビューが多いみたいですね。

普段なら「さくら」を疑うところですが(笑)、実際に吸ってみた僕でもわりと納得できるレビューになっていると思います。

コバト(ccobato)のメンソールをレビュー|まとめ

コバトのメンソールをレビューしてみました。

吸ごたえとキック感は弱めでしたが、僕が試したノンニコチンスティックの中では味わいと吸いやすいさはトップクラスだと思います。

優しいメンソールが好きな人や、そろそろニコチンを卒業したい人はぜひチェックしてみてください。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!