【レビュー】無煙タバコのVELO(ベロ)のフレーバー全4種類を嗅いでみた!




どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

グローでおなじみBATから、無煙タバコ(オーラルタバコ)の「VELO(ベロ)」が発売されました。

無煙タバコは口に直接含んで味や香りを楽しむ新感覚のタバコ。

大きく分けて「嗅ぎタバコ」と「噛みタバコ」の2種類ありますが、VELOは「嗅ぎタバコ」に分類されます。

これまで無煙タバコとは無縁だった僕ですが (笑)、実際にVELOのフレーバーを全種類キメてみたのでレビューしたいと思います。

VELO(ベロ)の特徴

VELO公式画像

アメリカや北欧ではポピュラーな嗅ぎタバコですが、日本人には海外製品の刺激は強すぎるみたいですね。

VELOは日本人向けに作られていて、甘いフレーバーを採用しつつ、ニコチンレベルも選べるようになっています。

スウェーデン製の純白パウチを採用

VELOの製造国は「スウェーデン」で、

VELOのパッケージ

日本では初となる「純白パウチ」を採用しています。

VELOの純白パウチ

パウチの中身も純白なので、紙巻タバコみたく歯に着色する心配もありません。

こんな時に便利

VELOは「無煙」なので、長距離の移動中や、仕事や作業中にも使用できます。

VELOのパッケージ

吸いたいけど吸えない状況が多い人にオススメのタバコアイテムと言えますね。

価格や販売店

VELO公式画像

2020年2月に発売されたVELOは「20個入り」「580円」となっています。

3月時点では福岡県内の一部コンビニでしか販売されていませんが、グローオンラインストアでも購入できるので気になる人はチェックしてみてください。

VELO(ベロ)の使い方

VELO公式画像

VELOのパッケージはミシン目に沿ってラベルを切り取り、蓋に指をかけて上下に開けます。

VELO公式画像

使い方は簡単で、タバコパウチを歯茎と頬の間に挟むだけ。

ピリピリ系の辛味を感じてきたらニコチンが効いている証拠です。

VELO公式画像

味わいの強さは口内の水分量によっても違うみたいですが、 最大で「1時間程度」は楽しめるとのこと。

使用済みのタバコパウチはパッケージ上部に収納できます。

VELOのパッケージ蓋

VELO(ベロ)のフレーバー全4種類をレビュー

VELOのフレーバー4種類

VELOのフレーバーは「ポーラー・ミント」「ルビー・ベリー」の2種類で、それぞれ「ライト (2mg)」「ミディアム (4mg)」のニコチンレベルが発売中。(2020年3月時点)

合わせて4種類のVELOフレーバーになりますが、さっそく1つずつ試していきます。

ポーラー・ミント・ライト

VELOのポーラーミントライト公式画像

スペアミントのすっきりとした爽やかな風味とほのかな甘みに、メンソールのクールな刺激感を配合しました。

VELOのポーラーミントライト・パッケージ

まずはポーラーミントライトから。

……VELOと唾液がコラボするとジワジワ味が出てきます。

味わいは甘さのあるスペアミントといった感じで普通にウマいですね。

口に入れて1分くらい経つと、歯茎にピリピリした刺激を感じますが、普段強めのメンソールを吸っているせいかそこまで強い刺激には感じないかも。

ポーラー・ミント・ミディアム

VELOのポーラーミントミディアム公式画像

VELOのポーラーミントミディアム・パッケージ

続いてポーラーミントのミディアムをお試し。

……味はライトと全く同じですが、口に入れた瞬間からメンソールの冷涼感が強いのがわかります。

ピリピリ感もかなり強め。

これは結構効きます (笑)

しばらくすると、少しだけ「ヤニクラ感」もありました。

慣れない間は刺激が強すぎるかもしれませんが、ニコチン摂取感はミディアムの方がガツンと実感できると思います。

ルビー・ベリー・ライト

VELOルビーベリーライト公式画像

ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリーを組み合わせたフルーティーで甘みのある刺激感を配合しました。

VELOルビーベリーライト・パッケージ

お次はルビーベリーのライトをキメてみます。

……甘さのあるベリー味でニオイもイイ感じ。

メンソールではないので冷涼感はありませんが、1分くらい経つとピリピリしてきます。

刺激はポーラーミントのライトと同じくらいの印象。

甘いフレーバーが好きな人にはルビーベリーの方がオススメだと思います。

どちらかと言えば、初心者向けのVELOフレーバーといった感じかも。

ルビー・ベリー・ミディアム

VELOルビーベリーミディアム公式画像

VELOルビーベリーミディアム・パッケージ

ラストはルビーベリーのミディアムを嗅ぎ嗅ぎ。

……味わいはライトと全く同じですが、ミディアムなのでピリピリ感は結構強め。

刺激が強いのでニコチン摂取感もガツンと実感できます。

よりハードな刺激をフルーティーなフレーバーで楽しみたい人にオススメといった感じですね。

VELO(ベロ)を嗅いでみた感想

実際にVELOを試してみたわけですが、想像していたよりも「ニコチン摂取感」はしっかりとありました。

タバコを吸わなくても満足といった気にも少しだけなれます。

特にミディアムに関してはヤニクラ感もあったので、油断しているとビックリするかも (笑)

ライトとミディアムでは味自体に違いはありませんが、ガツンとくる刺激が欲しいならミディアムの方がオススメだと思います。

ただ、ニコチンの摂取はできても「煙を吸って吐く」という「一服感」がないので、やっぱり物足りなさは感じますね。

個人的にはタバコはモクモクさせてナンボなので、加熱式タバコを卒業してVELOだけで生活していくのはおそらく無理ゲー (笑)

VELOと加熱式タバコのデバイス

とはいえ、吸いたくて吸いたくて震える系 (笑) の人には便利なアイテムになるかも。

専用デバイスも不要なので、フリスク・タブレット感覚で所持しておくのもアリですね。

まとめ

僕は長時間タバコが吸えなくなるような状況があまりないのですが、電車や飛行機などでの移動が多い人はVELOがあれば何かと快適になりそうですね。

2020年4月からは「改正健康増進法」という名の愛煙家狩りが始まります (笑)

備えあれば憂いなしということで、ニコチン中毒の愛煙家はこの機会に無煙タバコのVELOをチェックしてみては?

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

【追記】VELOが「ナノシリーズ」にリニューアルしました。