ノンニコチンタバコ「The Third(ザ・サード)」のフレーバー全4種類をレビュー!

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

2020年8月に「The Third(ザ・サード)」という新ノンニコチンスティックが発売されました。

フレーバーは「レギュラー」「メンソール」「マンゴー」「ビターコーヒー」の全4種類で展開されていますが、実際に全フレーバーを試したのでレビューしたいと思います。

ちなみに、本記事は「PR記事」になっています。

とはいえ、ステマチックな誇大表現は一切せず、嘘偽りのない率直な感想を書かせて頂きました。

あ、ほんの少しだけ「忖度」はしています (笑)

フレーバーの味や吸いごたえの捉え方については個人的な感想なのでご了承ください。

僕はこんな男です
・メンソール派
・吸いごたえや冷涼感は強くてナンボ
・辛口より甘味フレーバーが好き
・煙はなるべくモクモクさせたい
・ぶっちゃけノンニコチンスティックは苦手

The Third(ザ・サード)のレギュラー

The Thirdのレギュラー

The Thirdのレギュラー・特徴と評価

まずはThe Thirdのレギュラーから紹介します。

The Thirdのレギュラー・パッケージ

スティックはねじらず垂直に挿入するのがポイント。

The Thirdのレギュラー・パッケージ

実際に吸ってみると、味わいはノンニコチンスティック特有の茶葉風味です。

ぶっちゃけ僕はこの味が苦手ではありますが、サッパリとした口当たりなので比較的吸いやすい印象かも。

レギュラータイプの茶葉フレーバーは少し新鮮に感じます。

とはいえ、吸いごたえやキック感はかなり弱めで、煙量も少ないので喫煙してる感覚があまりない感じ。

吸いごたえはJTの低温加熱式タバコ・プルームテックと同じかやや弱いくらいだと思います。

試しにパルズでも吸ってみました。

The Thirdのスティックとパルズ

やっぱり吸いごたえや煙量はほとんどなくスカスカに感じます。

ガツンとくる吸いごたえやタバコ感を求める人には少し物足りないスティックかも。

どちらかと言えば、軽やかでクリアな吸い心地を楽しみたい人にオススメですね。

煙量が少ないので、ニオイはそこまで気にならないレベルです。

喫煙|レギュラー
本数|20本
価格|1箱あたり418円 (税込)

The Third(ザ・サード)のメンソール

The Thirdのメンソール

The Thirdのメンソール・特徴と評価

続けてThe Thirdのメンソールを紹介。

The Thirdのメンソール・パッケージ

The Thirdの中では唯一のメンソールフレーバーになっています。

The Thirdのメンソール・パッケージ

吸ってみると、レギュラーと同じ茶葉風味にペパーミントの爽やかな辛さがプラスされた感じ。

一般的なノンニコチンスティックのメンソールフレーバーといった印象。

メンソールの冷涼感はそこそこ強めで、煙量も一般的な加熱式タバコと同じくらい。

それもあってか、レギュラーよりは確かな吸いごたえとタバコ感があります。

おそらく大体の人が満足できる吸いごたえレベルではあるかも。

喫煙|メンソール
本数|20本
価格|1箱あたり418円 (税込)

The Third(ザ・サード)のマンゴー

The Thirdのマンゴー

The Thirdのマンゴー・特徴と評価

3つめはThe Thirdのマンゴーを吸ってみます。

The Thirdのマンゴー・パッケージ

喫味はレギュラーのフルーツフレーバー。

The Thirdのマンゴー・パッケージ

実際に吸ってみると、結構しっかりめのマンゴーフルーツ味になっています。

茶葉感が薄くフルーティーなので、ノンニコチンスティックの独特な味が苦手な人でも吸いやすいかも。

吸いごたえと煙量はほとんどなく、レギュラー同様にガツンとくるようなタバコ感はありません。

この辺が少し残念なところですが、個人的にはかなり好みの味でした。

ノンニコチン初心者にもオススメのフレーバーだと思います。

喫煙|レギュラー
本数|20本
価格|1箱あたり418円 (税込)

The Third(ザ・サード)のビターコーヒー

The Thirdのビターコーヒー

The Thirdのビターコーヒー・特徴と評価

ラストはThe Thirdのビターコーヒー。

The Thirdのビターコーヒー・パッケージ

加熱式タバコのコーヒーフレーバーは意外とレアだと思います。

The Thirdのビターコーヒー・パッケージ

吸ってみると、ネーミング通りのほろ苦いコーヒー味で、味の比率的には「茶葉7 : コーヒー3」といった印象。

濃厚なコーヒー味ではなく、茶葉の中にほのかなコーヒー風味がプラスされたような感じですね。

甘口より渋味、微糖よりブラックが好きな人にオススメの味かも。

他のレギュラーフレーバー同様に、吸いごたえと煙量はほとんどありません。

どちらかと言えば、コクのある香りを楽しみたい人向けのフレーバーだと思います。

喫煙|レギュラー
本数|20本
価格|1箱あたり418円 (税込)

ノンニコチンタバコThe Third(ザ・サード)のフレーバー全4種類をレビュー|まとめ

ノンニコチンタバコ「The Third」のフレーバー全4種類をレビューしてみました。

個人的な感想としては、吸いごたえで選ぶなら「メンソール」、味わいで選ぶなら「マンゴー」といった感じですね。

マンゴー味のメンソールフレーバーがあれば最強だったかも。

もともと茶葉の味が苦手で、吸いごたえにはうるさい僕のレビューなので全体的に評価が低めになってしまいました。

僕とは逆に、ノンニコチンスティックの味やライトな吸いごたえが好きな加熱式ユーザーにとっては、The Thirdは魅力的なスティックになるのでは?と思います。

近年のタバコ値上げがウザい人や禁煙を目指している人は1度お試しあれ。

販売店などの詳しい情報は以下のページで紹介しています。

関連 第3のタバコ「The Third(ザ・サード)」が新発売!特徴などを紹介

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!