【レビュー】PULZE(パルズ)の新フレーバー「インテンス」を吸ってみた感想!

 

 

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

第4の加熱式タバコ「PULZE(パルズ)」の専用iDスティックに、新フレーバーの「インテンス」が登場しました。

このインテンスはiDスティック2つめのレギュラーフレーバー。

メンソール派の僕ではありますが、試しに吸ってみたのでサクッとレビューしてみます。

PULZE(パルズ)のインテンス|特徴

パルズのインテンスはブロンズ色のパッケージ。

これまでのiDスティックとは違い「トリプルフローフィルターテクノロジー」が採用されていて、フィルターに3つの穴が空いています。

これによりiDスティックの「旨さ」「吸いごたえ」がアップしたみたいですね。

PULZE(パルズ)のインテンスを吸ってみた感想

さっそくパルズのインテンスを吸ってみます。

噂のトリプルフローフィルターがこちら。

……味はクセのない定番レギュラーといった感じです。

紙巻タバコのレギュラーに近い味と香りで、ニオイも悪くありません。

トリプルフローフィルターの効果なのか蒸気量も少しだけ多めになっています。

他のiDスティックは喫煙時のフィルターがかなり熱く感じましたが、インテンスは特に気にならない感じかも。

吸いごたえとタバコ感がしっかりあるので、レギュラー派の人には満足度の高いフレーバーになると思います。

iDスティックと同じ価格のタバコスティックにはアイコスのヒーツ銘柄やプルームエスのキャメル銘柄もありますが、吸いごたえと蒸気量はインテンスも負けてない印象。

ということで、メンソール派の僕でも全然アリなパルズのインテンスでした。

喫味|レギュラー
本数|20本
価格|460円
発売日|2020年1月7日

PULZE(パルズ)のインテンスをアイコスでも吸ってみた

試しに互換性のあるアイコスでもインテンスのiDスティックを吸ってみました。

iDスティックが途中までしか刺さりませんが果たして……?

……問題なく普通に吸えました(笑)

味の違いもほとんどないと思います。

ただ、iDスティックが完全に刺さらないので吸いごたえはやや弱め。

アイコスの方が少し長く吸えるのでお得感はありますが、アイコスはブレード (刃)、パルズはロッド (芯) とそもそもデバイスの作りが違います。

特にアイコスのブレードは折れやすいので、やっぱりiDスティックはパルズで吸うのが無難かも。

PULZE(パルズ)のインテンスをレビュー|まとめ

パルズ専用iDスティックの新フレーバー、インテンスを吸ってみましたが、味も吸いごたえもなかなかレベルが高いと思います。

価格が少しだけ安いのも嬉しいところ。

加熱式タバコや紙巻タバコはレギュラー派という人はぜひチェックしてみてください。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!