Ploom S(プルームエス)専用のモバイルバッテリーを使ってみた!

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

JTの高温加熱式型タバコ「Ploom S(プルームエス)」ですが、エレコム株式会社から「専用モバイルバッテリー」が発売されました。

5月7日(火)からプルームオンラインショップと全国のプルーム専門店で販売中です。

プルームエスはフル充電時でも「10本」しか吸えないので、外出先での喫煙が多い人には必須のアクセサリーになるかもしれませんね。

このモバイルバッテリーを入手したので、さっそくデバイス本体に装着してみました。

Ploom S(プルームエス)専用のモバイルバッテリーを使ってみた!

プルームエス専用のモバイルバッテリーは「ブラック」「ホワイト」の2色があります。

僕がゲットしたのはブラックのモバイルバッテリーで、付属品はUSBケーブルのみ。

プルームエス専用に開発されただけあって、デバイス本体にジャストフィットするデザインとなっています。

実際にモバイルバッテリーを装着してみました。

モバイルバッテリーの「◯ボタン」を長押しすると充電が開始されます。

◯ボタンの上にある「LED」でモバイルバッテリーの残量を確認可能。

残量が66%以上の場合は「緑」に点灯します。

残量が33%以上で「黄色」、10%以上で「赤色点灯」、10%未満になると「赤色点滅」となる仕組み。

モバイルバッテリーにはシリコンバンドが付いているので、プルームエスに装着したまま充電することができます。

モバイルバッテリーを装着したまま喫煙できますが、手に持ってみるとかなりゴツく感じてしまいます (笑)

とはいえ、コンパクトで軽量なモバイルバッテリーなので、外出先でプルームエスをガンガン使用する人にはオススメのアクセサリーですね。

そもそもプルームエスを試したことがない人はこちらを参考にしてみてください。

Ploom S(プルームエス)専用モバイルバッテリーの製品仕様

プルームエス専用モバイルバッテリーの価格は「2,980円(税込)」となっています。

モバイルバッテリーの製品仕様は↓の通り。

モバイルバッテリーがあれば、通常よりも「3〜4本」多く吸えるといった感じでしょうか?

どちらかと言えば、外出先での「緊急充電用」のモバイルバッテリーですね。

プルームエスにジャストフィットする設計で、デバイス本体を「35%」充電できるのであれば上出来かなと思います。

Ploom S(プルームエス)専用モバイルバッテリーの使用レビュー!まとめ

プルームエス専用のモバイルバッテリーを紹介してきました。

コンパクトで軽量なので、持ち運びの邪魔にはならないと思うので、プルームエスを愛用中の人はチェックしてみてください。

プルームエス専用のケースやスタンドについてはこちらの記事でも紹介しています。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^