プルームX、グローハイパープラス、プロスリムを比較!500円以下で吸える加熱式タバコ




どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

2021年もタバコ価格が値上げされ、最近まで僕がメインで吸っていたアイコステリアも580円になってしまいました。

これまでの550円はギリギリ許容範囲内でしたが、30円差とはいえ580円は異常に高く感じるしやってらんねー!

ということで、デバイスもスティックも移行することにしました(笑)

どうせなら「ワンコイン500円以下」で吸える加熱式タバコを選びたいところ。

2021年10月時点で、1箱500円以下の銘柄が発売されているメジャーなデバイスは3製品。

  • JTのPloom X(プルームエックス)
  • BATのglo Hyper+(グローハイパープラス)
  • BATのglo(グロー)シリーズ

全て経験済みの僕ですが、これを機に3デバイスをサクッと比較してみたので、

  • 禁煙は無理ゲー
  • タバコ代を抑えたい
  • タバコ増税ぶっつぶーす!

といった加熱式ユーザーの参考になれば幸いです。

プルームエックス、グローハイパープラス、グロープロスリムのデバイスを比較

プルームエックス・グローハイパープラス・グロープロスリムのデバイス本体

左から順にプルームエックス、グローハイパープラス、グロープロスリムのデバイス本体。

グロー枠はプロやナノではなく、最新モデルのプロスリムで比較していきます。

本体価格

まずはデバイス価格を比較。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム
3,980円480〜980円1,980円

これは完全に「グローハイパープラス」しか勝たんといった感じですね(笑)

今後値下げキャンペーンや価格改定があったとしても、プルームエックスが1,000円以下になることはおそらく無いはず。

カラバリ

デバイスカラーの多さは「グローハイパープラス」が圧倒的。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム
2色24種類以上4色

プルームエックスはフロントパネル(全6色)をカスタマイズできますが、別途で購入(980円)する必要があります。

サイズ

今度はデバイスサイズを比較。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム
約89mm×44×24、95g約83mm×46×22、111g約98mm×44×16、74g

1番軽量なのは「グロープロスリム」ですが、手に持ったときのフィット感は「プルームエックス」の方がしっくりくるかも。

グローハイパープラスはズシッと重ためです。

加熱温度

加熱温度は「プルームエックス」が1番高め。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム
約295℃約260〜270℃約240〜280℃

そこまで極端な差もないので、個人的にはあまり気にならない部分ではあるかも。

クリーニング

3デバイスとも加熱ブレードがないので、こまめにクリーニングする必要は無し。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム
定期的に推奨定期的に推奨定期的に推奨

グローデバイスの方が少しだけ汚れやすい印象ですが、クリーニングの手間いらず感は3製品で「互角」だと思います。

使用時間

たばこスティック1本の使用時間で比較すると「プルームエックス」が1番優秀。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム
5分(無制限)通常4分(無制限)通常4分(無制限)

グローデバイスはブーストモードで吸った場合、1本の使用時間は3分になります。

充電時間・サイクル

充電時間は「グロープロスリム」が1番短めですが、連続使用が16本までと少なめ。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム
約110分20本約210分20本約90分16本

バランス的には「プルームエックス」が安定してる感じですね。

製品保証期間

保証期間の長さで選ぶなら断然「プルームエックス」です。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム
18ヶ月、24ヶ月6ヶ月、12ヶ月6ヶ月、12ヶ月

この価格帯で2年保証が付くデバイス製品はかなりレア。

プルームエックス、グローハイパープラス、グロープロスリムの専用たばこスティックを比較

プルームエックス・グローハイパープラス・グロープロスリムのデバイス本体

専用たばこスティックはプルームエックスが「全12種類」、グローハイパープラスが「全18種類」、グロープロスリムが「全11種類」で発売中。

今回はワンコイン500円以下で吸える加熱式タバコがテーマなので、それに合わせた各フレーバーで比較してみます。

※販売終了したのにまだ売ってたりで、グロースティックの総数は少しアバウトかも。

フレーバーの種類と最安値

500円以下のフレーバー数が1番多いのは「グローハイパープラス」。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム
8種類(最安値500円)9種類(最安値440円)8種類(最安値500円)

最安値も「グローハイパープラス」の「定期便限定フレーバー」(実質460円・月に3カートン購入した場合)になります。

11月には「ハイパー用ラッキーストライク銘柄」(12本入り290円)も発売決定。

吸いごたえ・タバコ感

フレーバーの味は好みがあるので比較できませんが、吸いごたえ・タバコ感は「グローハイパープラス」が1番上だと思います。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム
◎○

プルームエックスも吸いごたえはしっかりめですが、フレーバー後半の味が極端に薄くなるのがマイナスポイントかも。

メンソール感

メンソールの冷涼感は3デバイスとも強めで「ほぼ同じくらい」ですね。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム

完全に主観ですが、各デバイスでメンソール感が1番強いフレーバーは「キャメル・ブラックミント」「ケント・リッチメンソール」「ケント・ミントブースト」になると思います。

ニオイ

個人的には3デバイスともニオイはそこまで気になりませんが、グロースティックの方がやや焦げ臭い感じはあるかも。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム
気にならないレベルちょっと臭いちょっと臭い

どちらかと言えば「プルームエックス」の方が匂わない印象ですね。

プルームエックス、グローハイパープラス、グロープロスリムを比較|まとめ

1箱500円以下で吸える加熱式タバコから、プルームエックス、グローハイパープラス、グロープロスリムの3デバイスを比較してきました。

比較一覧まとめがこちら。

プルームエックスグローハイパープラスグロープロスリム
デバイス価格3,980円480〜980円1,980円
デバイスカラー2色24種類以上4色
サイズ89×44×24、9583×46×22、11198×44×16、74
加熱温度約295℃約260〜270℃約240〜280℃
クリーニング定期的推奨定期的推奨定期的推奨
使用時間5分(無制限)4分(無制限)4分(無制限)
充電時間・サイクル110分20本210分20本90分16本
製品保証期間18ヶ月,24ヶ月6ヶ月,12ヶ月6ヶ月,12ヶ月
500円以下フレーバー8種類(最安値500円)9種類(最安値440円)8種類(最安値500円)
吸いごたえ・タバコ感◎○
メンソール感
ニオイ気にならないちょい臭ちょい臭

ぶっちゃけ、「プルームエックス」も「グローハイパープラス」もほぼ互角といった印象です。

グロープロスリム」は両デバイスのちょうど中間的存在ですね。

ヘビスモーカーの人には連続20回使える「グロープロ」の方がオススメだと思います。

あとはデバイスデザインやフレーバーの好みになると思いますが、グローハイパープラスの定期便限定フレーバーやラキスト銘柄は、コスパ重視の人にとってデバイス選びのポイントになるかも。

ちなみに僕は、プルームエックスとグローハイパープラスを交互に使っていく予定。

とりあえず、来年の2022年10月にはまた加熱式タバコが値上げされる(次でラスト?)みたいですが、それまでの1年間はお財布に優しい3デバイスになると思います。

ちなみに、「アイコスイルマ」シリーズは早くもインテリア化しましたとさ(笑)

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!