IQOS ILUMA ONE(アイコスイルマワン)をレビュー!最強の一体型デバイスって話

 

 

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

PMJの加熱ブレードを排除したアイコスイルマシリーズから、一体型デバイスの「IQOS ILUMA ONE(アイコスイルマワン)」が発売されました。

ていうか、アイコスは毎回サプライズリリースな感じですね(笑)

さっそく購入してみたので、イルマワンの基本スペックや実機などを紹介しつつ、使った感想をサクサクッとレビューします。

アイコスイルマワンの価格や発売スケジュール

アイコスイルマワン公式サイトの画像

アイコスイルマワンの本体価格は「3,980円 (税込) 」

どうしたアイコス?正気か?ってくらい普段より低価格になっています(笑)

ま、これくらいが適正価格という噂もあったり。

ちなみに、イルマワンも常時開催割引プログラムの対象です。

イルマワンの発売日や販売店は以下のとおり。

2022年3月8日 (火)
・IQOSオンラインストア
・IQOS LINE公式アカウント
2022年3月9日 (水)
・IQOSストア
・IQOSショップ(ヤマダデンキ一部店舗)
・IQOSコーナー(ドン・キホーテ系列一部店舗など)
2022年3月22日 (火)
・コンビニ
・一部タバコ取扱店

アイコスイルマワンの特徴やスペック

アイコスイルマワン・モスグリーン本体

アイコスイルマワンの特徴はフル充電「90分」で連続「20回」使用できること。

コレに尽きます。

同じく一体型のアイコス3マルチは連続「10回」しか使えないので、20回吸えるというのが何よりもデカいアップデートですね。

イルマやイルマプライムに搭載されているオートスタート・スマートジェスチャー機能は「非搭載」になっていますが、個人的にはそこまで気にならないかも。

イルマワンのスペック一覧は以下のとおり。

モデル一体型
加熱ブレードなし (スマートコア・インダクション・システム)
加熱温度300℃以上 (非公開)
加熱時間20秒
喫煙時間6分 (14パフ)
連続使用20回
充電時間90分
USBType-C
サイズ (mm)121.6×30.6×16.4
重量68.5g

アイコスイルマワンのデバイスカラーは全5色

アイコスイルマワン全5色

アイコスイルマワンのデバイスカラーは全5色。

スタンダードモデルのイルマと同じカラバリになっています。

ペブルベージュ

アイコスイルマワン・ペブルベージュ

ペブルグレー

アイコスイルマワン・ペブルグレー

モスグリーン

アイコスイルマワン・モスグリーン

アズールブルー

アイコスイルマワン・アズールブルー

サンセットレッド

アイコスイルマワン・サンセットレッド

アイコスイルマワンのパッケージと付属品

アイコスイルマワンのパッケージ

アイコスイルマワンのパッケージがこちら。

アイコスイルマワンのパッケージ

イルマシリーズではおなじみのパッケージですね。

アイコスイルマワンのパッケージ

セット内容・付属品もおなじみのヤツ。

アイコスイルマワンのセット内容・付属品

・IQOS ILUMA ONE本体
・パワーアダプター
・USB Type-C チャージングケーブル
・ユーザーマニュアル類

アイコスイルマワンの実機本体

アイコスイルマワンの実機本体とパッケージ

アイコスイルマワンの実機(アズールブルー)がこちら。

アイコスイルマワンの実機本体

アイコスイルマワンの実機本体

デバイス上部はスライドカバー式。

アイコスイルマワンの実機本体・上部

デバイス側面にLEDランプとボタンがあります。

アイコスイルマワンの実機本体・側面

デバイス下部は滑りにくいラバー仕様。

アイコスイルマワンの実機本体・下部

USBケーブルの接続はデバイス底部から。

アイコスイルマワンの実機本体・底部

参考までにイルマ3兄弟を比較してみます。

アイコスイルマシリーズ3種の実機本体

アイコスイルマシリーズ3種の実機本体

イルマワンの実機はこんな感じですね。

アイコスイルマワンを使ってみた感想

アイコスイルマワンの実機本体

アイコスイルマワンでテリアスティックを吸ってみます。

アイコスイルマワンの実機本体とテリアのパッケージ

……あ、自動加熱じゃないのか(笑)

アイコスイルマワンの実機本体とテリアのパッケージ

ふぅ〜……、マルチはかなり前に手放したので、個人的にはなんとも懐かしいような感触と使い心地(笑)

ボタンが少し固めですが、吸いごたえも変わらずスムーズに使えて快適です。

チャージャー&ホルダータイプは出し入れが地味に面倒だったりもするし。

ポケットサイズで持ち運びも便利なので、これはサブ機どころかメイン機になりそうな感じ。

アイコスイルマワンの実機本体

ホルダーで吸ったときに比べ、味の持続時間が少しだけ短いような気もしますが、個人的には許容範囲のレベルかも。

イルマワンのデメリットというか気になった部分はコレくらいですね。

IQOS ILUMA ONE(アイコスイルマワン)をレビュー|まとめ

ブレードレスで一体型のアイコスイルマワンをレビューしてみました。

ぶっちゃけ、これまでのアイコスイルマシリーズが不要になるくらい完成度は高めだと思います。

特にマルチユーザーにはオススメかも。

欲を言えばオートスタート機能も付けて欲しかったところですが、シンプルな一体型デバイスで20本吸えるので贅沢は言いません。

何より安い。(アイコスにしては。)

まだ購入したばかりということで、あとは耐久性があることを祈るのみ。

万が一壊れたら追記します(笑)

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!