アイコス、グロー、プルーム、パルズ 加熱式タバコの各デバイス比較まとめ【最新版】




どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

世はまさに「大加熱式タバコ時代」ということで、これまでに様々なデバイス製品がリリースされてきました。

気がつけば僕も「アイコス」「グロー」「プルーム」「パルズ」といった、メジャーな加熱式タバコは一通り試しています。

ということで、実際に僕が使ったことのある加熱式タバコの各デバイスをまとめてみました。

少しでもスペック比較などの参考になれば幸いです。

絶対王者のアイコス

加熱式タバコの国内シェアNo.1を誇るフィリップモリスの「IQOS(アイコス)」シリーズ。

他社デバイスより高いだけあって、吸いごたえや喫煙時間などのスペックはかなり優秀。

独特なニオイやクリーニングの手間はあるものの、加熱式タバコの王者はやっぱりアイコスといった感じかも。

IQOS 3 DUO(アイコス3デュオ)

2019年9月に発売された「アイコス3デュオ」。

実際に使ってみると2本の連続喫煙はやっぱり便利。

これまでに「ヒートスティック」は14種類、「期間限定ヒートスティック」は3種類発売されました。(2021年1月時点)

低価格500円の「HEETS(ヒーツ)」からも新フレーバーが続々リリース中。

アイコス3デュオのカラバリ
【基本カラー】
・ウォームカッパー
・ウォームホワイト
・ブリリアントゴールド
・ステラーブルー
・ベルベットグレー
・ルーシッドティール
【数量限定カラー】
・モーターエディション
・アクアマリン
加熱温度300〜350℃
加熱時間20秒
使用時間6分 (14パフ)
ホルダー充電時間1分50秒 (1本分)、5分15秒 (2本分)
チャージャー充電時間120分
USBType-C
連続使用回数20回
ホルダーサイズ約14mm x 92mm
ホルダー重量約22g
チャージャーサイズ約46mm x 23mm x 115mm
チャージャー重量約108g
発売日2019年9月25日
本体価格6,980円 (税込)

IQOS 3 MULTI(アイコス3マルチ)

2018年11月に発売された一体型デバイスのアイコス3マルチ。

購入して「2日目で壊れた」のも今となってはイイ思い出 (笑)

個人的にはサイズが長く感じるので、もう少しコンパクトな後継機の発売にも期待しています。

アイコスマルチのカラバリ
・ウォームホワイト
・ブリリアントゴールド
・ステラーブルー
・ベルベットグレー
・ミント
加熱温度300〜350℃
加熱時間20秒
使用時間6分 (14パフ)
充電時間75分
USBType-C
連続使用回数10回
重量約50g
サイズ約25mm x 15mm x 119mm
発売日2018年11月15日
本体価格4,980円 (税込)

価格破壊王グロー

デバイスもフレーバーも種類が豊富なBATの「glo(グロー)」シリーズ。

高温加熱式がグローナノ、グロープロ、グローハイパー、グローハイパープラス。

低温加熱式が「販売終了」となったグローセンスです。

どのデバイスも使いやすく、リーズナブルなのもグローデバイスの魅力。

glo pro(グロープロ)

2019年10月発売の「グロープロ」です。

吸いごたえがアップする「ブーストモード」は何かと便利。

グロープロの専用スティックは「ケントスティック10種類」と「ネオスティック10種類」で発売中。

最近は影が薄めですが、全体的にバランスの取れた加熱式デバイスだと思います。

グロープロのカラバリ
・シャンパン
・ブラック
・バーガンディー
・ピスタチオ
加熱温度250℃ (ブースト280℃)
加熱時間通常20秒 (ブースト10秒)
使用時間通常4分 (ブースト3分)
充電時間90分
USBType-C
連続使用回数20回
重量約98g
サイズ約82mm x 43mm x 21mm
発売日2019年10月3日
本体価格2,980円 (税込)

glo nano(グローナノ)

2019年10月にグロープロと同時発売されたスリムサイズの「グローナノ」。

機能面よりサイズ感重視の人にはオススメのデバイスかも。

専用スティックはグロープロと共通。

1日20本吸う僕には物足りないデバイスでしたが、スペックが向上した後継機の発売にも期待しています。

グローナノのカラバリ
・ブルー
・ネイビー
・レッド
・ホワイト
加熱温度250℃ (?)
加熱時間40秒
使用時間3分30秒
充電時間60分
USBmicro USB
連続使用回数10回
重量約61g
サイズ約95mm x 32mm x 21mm
発売日2019年10月3日
本体価格1,980円 (税込)

glo sens(グローセンス)

2019年11月に全国発売された「グローセンス」。

吸いごたえとキック感は弱めですが、 VAPE感覚でフレーバーを楽しむことができました。

専用フレーバーは「全10種類」、個人的には廃盤が惜しい加熱式デバイスですね。

グローセンスのカラバリ
・ブラック
・ブルー
・レッド
・ホワイト
・FLモデル1、2
加熱温度120℃未満
連続使用回数180パフ
充電時間75分
USBmicro USB
デバイス重量約34g
デバイスサイズ約91mm x 40mm x 22mm
全国発売日2019年11月14日
本体価格980円 (税込)

glo hyper(グローハイパー)

専用スティックが太くなり吸いごたえがアップしたのが「グローハイパー」。

アイコスにも劣らない吸いごたえとタバコ感でブーストモードも健在。

グローハイパーのフレーバー」もネオシリーズとケントシリーズの2種類。

glo公式サイトなどでは「780円」と格安で販売中です。(2021年1月時点)

グローハイパーのカラバリ
・ブルー
・ホワイト
・オレンジ
加熱温度250℃ (ブースト260℃)
加熱時間通常20秒 (ブースト15秒)
使用時間通常4分 (ブースト3分)
充電時間90分
USBType-C
連続使用回数20回
重量約106g
サイズ約82mm x 45mm x 22mm
発売日2020年4月13日
本体価格780円 (税込)

glo Hyper+(グローハイパー・プラス)

2021年1月に全国発売されたのが「グローハイパー・プラス」です。

基本的なスペックはグローハイパーと同じですが、デバイスのカラバリが24パターンに増え、ブーストモードの加熱温度が10℃高くなりました。

発売当初から「980円」と破格のプライス。

グローハイパーを買うならグローハイパー・プラスの方がオススメかも。

グローハイパー・プラスのカラバリ
【ボディ】
・ブラック
・ブルー
・ゴールド
・ホワイト
【サイドパネル】
・クロームブラック
・エナメルホワイト
・エナジーブルー
・ミラーゴールド
・ピアノブラック
・ファインマホガニ
・コーラルオレンジ
・パールホワイト
・サクラピンク
・パウダーブルー
・ボルトイエロー
加熱温度250℃ (ブースト270℃)
加熱時間通常20秒 (ブースト15秒)
使用時間通常4分 (ブースト3分)
充電時間90分
USBType-C
連続使用回数20回
重量約111g
サイズ約83mm x 46mm x 22mm
発売日2021年1月12日
本体価格980円 (税込)

美味無臭のプルーム

「ひとのときを、想う。」でおなじみJTの「Ploom(プルーム)」シリーズ。

低温加熱式がプルームテック、プルームテックプラス、プルームテックプラス・ウィズ。

高温加熱式がプルームエス (2.0) です。

どのシリーズもほぼ無臭で、美味しいフレーバーが多いのも魅力。

Ploom TECH(プルームテック)Ver.1.5

2019年10月に「Ver.1.5」になったプルームテックです。

このアップデートでデバイスに新LEDが搭載され、充電時間も少しだけ短縮されました。

定番フレーバーは全8種類ですが、「春限定」「秋冬限定」といった季節限定フレーバーも充実しています。

プルームテックのカラバリ
【基本カラー】
・ホワイト
・ブラック
【数量限定カラー】
・ボルドー
・シャイニーピンク
・ダークブルー
・ミントブルー
・ダークシルバー
・シャイニーグリーン
・HAVANA
・PARIS
・VENICE
加熱温度30℃
使用可能数250パフ (カプセル5本)
カプセル交換通知青LED40回点滅
バッテリー残量通知青→赤 (0%)
充電時間60分
充電方式専用USBチャージャー
重量約17g
サイズ約71mm x 9mm
発売日2019年10月1日
本体価格2,500円 (税込)

Plomm TECH+(プルームテックプラス)

2019年1月に発売されたプルームテックプラス。

プルームテックよりも吸いごたえがありますが、「ゴールドライン」の登場でさらにキック感がアップ。

これまでに発売された「プルームテックプラスのフレーバー」は全18種類。(2021年1月時点)

低温加熱式ながら中々の吸いごたえだと思います。

プルームテックプラスのカラバリ
【基本カラー】
・ホワイト
・ブラック
【限定カラー】
・ライムイエロー
・スカイブルー
・ワインレッド
・ネイビーブルー
・ディープバイオレット
・オリーブグリーン
・チャコールグレー
・アイアングリーン
加熱温度40℃
使用可能数250パフ (カプセル5本)
カプセル交換通知青・紫LED40回点滅
バッテリー残量通知青 (>21%) 紫 (20-1%) 赤 (0%)
充電時間90分
USBmicro USB
重量約40g
サイズ約141mm x 15mm
全国発売日2019年6月17日
本体価格2,980円 (税込)

Ploom S(プルームエス)2.0

プルームエスの後継機になるのが2020年7月に発売された「プルームエス2.0」。

旧型モデルのスペックが改善されたメンソール特化型デバイスになっています。

専用の「たばこスティックのフレーバー」は全11種類。(2021年1月時点)

ポップでカラフルな「限定カラー」も続々リリース中。

プルームエス2.0のカラバリ
【基本カラー】
・ホワイト
・ブラック
【数量限定カラー】
・アイスシルバー
・オーシャンロック
・キャニオンモス
・サンセットアイスバーグ
・ビーチコーラル
・ストレートアッシュ
・サプルクレイ
加熱温度約200℃
加熱時間30秒
使用可能数約20本
使用時間4分30秒 (14パフ) 
充電時間60分
USBType-C
重量約105g
サイズ約56mm x 93mm x 25mm
全国発売日2020年7月2日
本体価格3,980円 (税込)

Ploom TECH+ with(プルームテックプラス・ウィズ)

2020年11月に発売されたプルームテックプラスの小型版「プルームテックプラス・ウィズ」です。

軽量・コンパクトなサイズ感に加え、カプセルとバッテリーの残量ディスプレイが搭載され使いやすさも抜群。

専用のたばこカプセルはプルームテックプラスと同じ。

プルームテックプラス・ウィズのカラバリ
・ホワイト
・ブラック
加熱温度40℃
使用可能数250パフ (カプセル5本)
カプセル交換通知ディスプレイ表示
バッテリー残量通知ディスプレイ表示
充電時間60分
充電方式Type-C
重量約37g
サイズ約78mm x 40mm x 17mm
発売日2020年11月2日
本体価格2,980円 (税込)

遅咲きのパルズ

第4の加熱式タバコと言われるのがインペリアルタバコの「PULZE(パルズ)」です。

デバイスはまだ1種類だけ。

他社の加熱式タバコに比べると、ぶっちゃけあまり目立っていない印象ですね。

デバイス・フレーバー共に今後の新作にも期待したいところ。

PULZE(パルズ)

2019年10月に全国発売となった「パルズ」。

デバイスのゴムキャップ仕様など微妙な部分はありますが、シンプル・軽量設計で連続20本使用できます。

パルズ専用のiDスティックは「レギュラー・スーパーカプセルメンソール」「インテンス」など全5種類。

2020年3月頃にはヒッソリと「2,880円に値下げ」されました。

パルズのカラバリ
・コッパー
・グレー
加熱温度345℃ (エコモード315℃)
加熱時間20秒
連続使用可能数20回
使用時間4分
充電時間90分
USBType-C
重量約56g
サイズ約127mm x 24mm x 14mm
全国発売日2019年10月28日
本体価格2,880円 (税込)

アイコス、グロー、プルーム、パルズ 加熱式タバコの各デバイス|まとめ

どの加熱式タバコにもそれぞれメリットはありますが、

1本の喫煙時間が長くて、確かな吸いごたえとタバコ感なら?
アイコス
デバイスと専用フレーバーの安さで選ぶなら?
グローハイパー&グローハイパープラス
タバコ感より美味しいフレーバーが欲しいの
プルームテックorプラスorウィズ

といった感じですね。

ということで、少しでも加熱式デバイス選びの参考になれば幸いです。

いや、パルズは?(笑)

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!