BATの低温加熱式デバイス「glo sens(グローセンス)」の特徴、発売日、価格は?

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

BATの「glo(グロー)」から待望の「新型デバイス」がリリースされます。

その名も「glo sens(グローセンス)」

新色モデルのリリースばかりで飽き飽きしていたグローユーザーには朗報だと思います。

glo sens(グローセンス)の特徴

厳選されたたばこ葉と、フレーバー・リキッドを融合する 最先端のテクノロジーを搭載。たばこ本来の吸いごたえと、自分らしく選べるフレーバーの味わいが、 かつてない満足感をもたらします。

 

ひょうたん形のグローセンスですが、従来のグローみたいにタバコ葉は直接加熱せず、蒸気を吸引するタイプの「低温加熱式デバイス」になります。

専用タバコの「neo pods(ネオポッド)」に同梱されている「たばこポッド」「フレーバーカートリッジ」を装着して喫煙するみたいですね。

1つのタバコポッドで「約60パフ」、1つのカートリッジで「約180パフ」使用可能で、ネオポッド1箱で紙巻タバコ「20本相当」とのこと。

デバイスカラーはブルー、ブラック、ホワイト、レッドの「全4色」になっています。

glo sens(グローセンス)のネオポッドフレーバーは6種類

グローセンス専用のネオポッドは全6種類のフレーバー。

  • ネオ・リッチ・ブレンド・ポッド
  • ネオ・メロー・ブレンド・ポッド
  • ネオ・クリスタル・メンソール・ポッド
  • ネオ・ブリーズ・ミント・ポッド
  • ネオ・サンシャイン・ベリー・ポッド
  • ネオ・エレクトリック・フルーツ・ポッド

どれもウマそうな名前のフレーバーですが、個人的にはブリーズミントとサンシャインベリーが気になるところ。

早く試してみたい (笑)

glo sens(グローセンス)の価格と発売日

新型・低温加熱式デバイスのグローセンスは本体価格が「3,980円」、専用フレーバーは「490円」になっています。

デバイスもフレーバーも従来のグローとほぼ同じ価格ですね。

gloオンラインストアでは抽選による購入予約が「2019年8月6日 (火) 」から開始されていますが、「東京都在住者限定」という条件付きになっています。

ちなみに、8月19日には「gloストア青山」「gloストア吉祥寺」の2店舗でもグローセンスの販売がスタートとなり、全国発売は「11月14日(月)」に決定しました。

残念ながら地方在住の僕には応募資格がありませんが、東京都在住の人は一足先にグローセンスを狙ってみては?

glo sens(グローセンス)が発売決定|まとめ

グロー初の低温加熱式デバイス、グローセンスが発売となりますが、東京都在住の人はぜひチェックしてみてください。

僕はこれまで通りグローミニとプルームテックプラスで我慢することにします (笑)

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

追記 同じくBATのグローから、新型デバイスの「グロープロ」「グローナノ」が発売されます。

 

追記 実際にグローセンスを試してみました。