【ボードデザイン】グローハイパープラスのウィンター・エディションを先行レビュー!

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

BATの加熱式デバイス「グローハイパープラス(glo Hyper+)」から、2022年第2弾となる数量限定モデルの「ウィンター・エディション(ブラック&ブルー)」が発売されます。

今回の限定モデルはアーティストコラボシリーズ第1弾とのことで、コンセプトは冒険心をブースト

スノボシーンで活躍する2人のアーティストが手掛けただけあり、冬を感じるクールでカッコいい「ボード系デザイン」になっていますが、サンプルを頂いたので一足先に実機本体を紹介したいと思います。

冬限定グローハイパープラスのウィンター・エディションは2種類

グローハイパープラスのウィンターエディション・ブラックとブルー公式画像

グローハイパープラスのウィンターエディションは「ブラック」「ブルー」の2種類。

日本屈指のボードビルダー「Tappy(吉川拓哉)」さんがブラック、

グローハイパープラスのウィンターエディションブラック本体とTappy

デジタルアーティストの「Kazuhiro Aihara(相原一博)」さんがブルーのデザインを手がけています。

グローハイパープラスのウィンターエディションブルー本体とKazuhiro Aihara

グローハイパープラスのウィンター・エディション(ブラック)

グローハイパープラスのウィンターエディションブラック本体とTappy

Tappyさんのコメント
元々僕はレジン(樹脂)アートを施したサーフボードを作っているので、それをベースにデザインしました。質感は少し違いますが、デザインやカラーはサーフボードに表現したものを、ほぼそのままに落とし込んでいます。サーフボードも同じ波は二度と来ないし、同じことを再現するのは不可能です。朝になって、ボードに向き合ったときのフィーリングで決めました。このカラーもいつかの朝のフィーリングです。
仕事自体が僕にとっての冒険で、常に探求心をもって新しいデザインを考えています。だから今回のアートも、『冒険心をブースト』というコンセプトに自然にマッチしたのだと思います。
人生における冒険は人それぞれだと思いますが、今回のデザインが、手に取られた方の新しい冒険をより豊かにする一助になればと思います。

 

まずはTappyさんがデザインしたウィンターエディション・ブラックから紹介します。

パッケージ

ウィンターエディション・ブラックのパッケージがこちら。

ウィンターエディションブラックのパッケージ

ウィンターエディションブラックのパッケージ

付属品

付属品・セット内容。

ウィンターエディションブラックの付属品

セット内容一覧
・デバイス本体
・USBケーブル
・クリーニングブラシ
・ユーザーガイド

デバイス本体

ウィンターエディション・ブラックの実機本体がこちら。

ウィンターエディションブラックのデバイス本体

背面には「glo × Tappy」と記載。

ボディカラーはブラック。

スライドカバーはイエローになっています。

デバイス底面。

サイドパネルは色鮮やかなブルー&イエロー系カラー。

黄色と青を前面に押し出したデザインで、スノーボードの「冒険心」が表現されています。

爽やかな色合いの波乗りサーフ系デザインなので、冬だけじゃなく夏にもハマるグローデバイスになるはず。

グローハイパープラスのウィンター・エディション(ブルー)

グローハイパープラスのウィンターエディションブルー本体とKazuhiro Aihara

Kazuhiro Aiharaさんのコメント
スノーボードのフリースタイルな文化から着想を得て、それと同じようなプロセスを辿るようにアートワークをデザインしました。長く滑れば滑るほど、自然と人間との関わりを感じるようになるものなので、それをダイレクトに落とし込んでいます。例えば、スノーボードでターンして出たスラッシュの感じを、自分の感情に任せて動いた線を意識しながら、ブラシで表現したり。色で言えば、冬山のカラーパレットに寄せて、そこに自分のスタイルである、少しメタリックで反自然的なもののテクスチャーでSNOWって文字を描いてみたりだとか。そういった掛け合わせで表現しています。特徴的なのは、あえて画質を落として、ピクセルが見えるようにしている部分です。まるで、失敗したような要素が集まって構成されているようなデザインの方が、自分の中ではスノーボードや冒険の内面性を表現できると思ったんです。
このアートワークの中に散りばめた“動き”や“色”などの一つ一つの要素が、デザインを見ていただいた方の気持ちを高められるような、『冒険心をブースト』するものになれば幸いです。

 

続けてKazuhiro Aiharaさんがデザインしたウィンターエディション・ブルーを紹介。

パッケージ

ウィンターエディション・ブルーのパッケージがこちら。

ウィンターエディションブルーのパッケージ

ウィンターエディションブルーのパッケージ

付属品

付属品・セット内容。

ウィンターエディションブルーの付属品

セット内容一覧
・デバイス本体
・USBケーブル
・クリーニングブラシ
・ユーザーガイド

デバイス本体

ウィンターエディション・ブルーの実機本体がこちら。

ウィンターエディションブルーのデバイス本体

背面には「glo × Kazuhiro Aihara(サイン)」が記載されています。

ウィンターエディションブルーのデバイス本体

ボディカラーはメタリックブルー。

ウィンターエディションブルーのデバイス本体

スライドカバーはライトブルー。

ウィンターエディションブルーのデバイス本体

デバイス底面。

ウィンターエディションブルーのデバイス本体

サイドパネルはブルー&ホワイトカラーのグラフィックデザインになっています。

ウィンターエディションブルーのデバイス本体

ゲレンデ、雪、青空をモチーフにした青と白を基調としたデザインで、スノーボードの「フリースタイル」を表現したとのこと。

ウィンターエディションブルーのデバイス本体

ウィンター感+ストリート感といった雰囲気で、かなりオシャレな仕上がりだと思います。

ウィンター・エディションの発売日、販売店、価格

グローハイパープラスのウィンターエディション・ブラックとブルー本体

グローハイパープラスのウィンターエディションは「2022年2月7日」から発売スタート。

販売店は全国のgloストアとgloオンラインショップで、コンビニでの発売予定はありません。

サイズやスペックは従来モデルと同じですが、本体価格は少し高めの「1,980円」

と言っても、オシャレなアーティストコラボモデルと考えれば激安プライスだと思います。

加熱時間通常20秒 (ブースト15秒)
使用時間通常4分 (ブースト3分)
加熱温度約250℃ (ブースト270℃)
充電時間210分
連続使用回数20回
USBType-C
重量約111g
サイズ(mm)83×46×22
製造国中国
発売日2022年2月7日
価格1,980円 (税込)

グローハイパープラスのウィンター・エディションを先行レビュー|まとめ

個人的にはどちらも超好みのグローハイパープラスウィンターエディションでしたが、冒険心をブーストしたい人は両モデル購入するのも全然アリな感じですね。

ちなみに、ウィンターエディションを購入すれば、抽選で豪華景品が当たるキャンペーンも開催されます。

ウィンタースポーツにもピッタリな景品一覧がこちら。

ウィンターエディション購入キャンペーンの景品

この調子なら、今後リリースされるであろう第2第3のアーティストコラボシリーズもかなり期待できそう。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

追記  グローハイパープラス・ユニーク第2弾のブルーとシャンパンゴールドが登場しました。