グローハイパープラス・ユニークをレビュー!初のサイドパネル交換モデルが登場

 

 

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

数量限定発売のBAT「グローハイパープラス・ユニーク(glo Hyper+ UNIQ)」をゲットしたので紹介します。

グローユーザーにとっては待ってました!な新型モデルかも?

グローハイパープラス・ユニークはサイドパネルが交換可能

グローハイパープラスユニーク公式画像

グローハイパープラス・ユニークは「サイドパネルの交換」ができる数量限定モデル。

本体パーツを着せ替えできるグローデバイスは意外にもこれが初。

サイズやスペックは従来のグローハイパープラスと全く同じで違いはありません。

カラバリは「ブラック&ブラック」「マホガニー&ブラック」の2種類になっています。

加熱時間通常20秒 (ブースト15秒)
使用時間通常4分 (ブースト3分)
加熱温度約250℃ (ブースト270℃)
充電時間210分
連続使用回数20回
USBType-C
重量約111g
サイズ(mm)83×46×22
製造国中国
発売日2022年1月11日
価格980円 (税込)

グローハイパープラス・ユニークのパッケージと付属品

グローハイパープラスユニークのパッケージ2種類

パッケージ右下に付属するサイドパネルのカラーが記載されています。

グローハイパープラスユニークのパッケージ2種類

付属品はこんな感じ。

グローハイパープラスユニークの付属品

グローユーザーにはおなじみの定番セットですね。

セット内容一覧
・デバイス本体
・サイドパネル
・USBケーブル
・クリーニングブラシ
・ユーザーガイド

グローハイパープラス・ユニークのデバイス本体

グローハイパープラスユニークのデバイス本体

グローハイパープラス・ユニークのボディカラーはマットなブラック。

グローハイパープラスユニークのデバイス本体・正面と裏面

グローハイパープラスユニークのデバイス本体・丈夫と下部

サイドパネルはエンボス調の新作「カーボンブラック」が標準装備されています。

グローハイパープラスユニークの標準サイドパネル

これまでありそうでなかった定番デザインですが、個人的にはかなり好みかも。

グローハイパープラスユニークの標準サイドパネル

交換用サイドパネルはクロームブラックもしくはファインマホガニーが付属。

グローハイパープラスユニーク本体とクロームブラック・ファインマホガニーのサイドパネル

どちらも人気カラーのサイドパネルです。

サイドパネルの取り外し方

サイドパネルは上部(矢印部分まで)にスライドさせればパカッと外れる仕組み。

グローハイパープラスユニークのデバイス本体

これまで謎のベールに包まれていたグロハイプラスの側面が明らかになりました(笑)

グローハイパープラスユニークのデバイス本体・側面

グローハイパープラスユニークのデバイス本体・側面

パネルを付け替えるときは逆手順でOK。

グローハイパープラスユニークのデバイス本体

パネルをスライドさせるときはググッと力を入れる感じですね。

ブラック&ブラックセット

サイドパネルをクロームブラックに交換した場合。

グローハイパープラスユニーク・クロームブラック

グローハイパープラスユニーク・クロームブラック

飽きのこない落ちついた王道デザインといった感じ。

マホガニー&ブラックセット

サイドパネルをファインマホガニーに交換した場合。

グローハイパープラスユニーク・ファインマホガニー

グローハイパープラスユニーク・ファインマホガニー

僕が初めて購入したグローハイパープラスもマホガニーでしたが、あれから1年経過とか時の流れが早すぎる件(笑)

グローハイパープラス・ユニーク|まとめ

サイズやスペックに違いはなく、交換できるサイドパネルも既存カラー2色なので、ぶっちゃけ目新しさはそこまでないかも。

とはいえ、新作パネルのカーボンブラックがオシャレでクールなので、これだけでも買って損は無いと思います。

個人的には数量限定ではなく定番モデルにしつつ、他カラーのデバイスやサイドパネルもぜひ販売してほしいところ。

ユニークデバイスは480円、サイドパネルは別売り110円くらいが理想ですね(笑)

ということで、2022年第1弾となるBATの新型モデル、グローハイパープラス・ユニークの紹介レビューでした。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

追記 ボードデザインのアーティストコラボモデル第一弾ウィンター・エディションがリリースです。

追記  グローハイパープラス・ユニーク第2弾のブルーとシャンパンゴールドも発売しました。