動画が多い記事ページの表示速度をアップさせるプラグインとは!?


アイコスでも吸えます!定期購入で割引!

 

 

 

 

 

こんにちは、YoSK8(ヨースケ)です。

最近では改めて、サイトページの表示速度
SEOには重要と言われています。

それもあってか僕は、現時点で国内最速と言われるConoHa WING というレンタルサーバーに乗り変えることにしました。

その結果、以前よりもサイト全体の表示速度が速くなり、WordPressで快適なブログ運営をすることができています。

とはいえ、YouTube動画を多用しているような記事に関しては、さすがの高速サーバーでもページの表示速度が遅かったりもしたわけで・・・。

そんな問題をサクッと解決してくれたのが、
「Youtube SpeedLoad」というプラグインです。

以前からこのプラグインの存在は知っていましたが、その当時は動画を多用した記事も今ほど多くはなかった状態。

余計なプラグインをインストールすることで、逆にサイトが重くなるといった事態を避けるためにもスルーしていました。

が、今回改めて導入を決意してみましたが、想像以上の神プラグインだと思います (笑)


Youtube SpeedLoadで動画が多い記事ページの表示速度がアップ!

通常であれば、記事を開くと同時にYouTube動画を読み込むといった仕組みになっているため、その分だけページの表示速度も遅くなってしまいます。

特に動画を多用している記事であれば、その表示速度はかなり遅くなってしまうのが一般的。

でも、この「Youtube SpeedLoad」を活用すれば、動画なしの記事とほぼ同じくらいまでに記事ページの表示速度がアップするのは間違いありません。

このプラグインを有効化すると、記事内に埋め込まれた動画がまずはサムネイル画像として表示されるようになります。

その画像がクリックされることで動画が読み込まれるようになるので、その分ページの表示速度も速くなるというわけ。

なので、動画を再生する場合は画像→動画
2回クリックする必要があります。

見えない何かに後ずさる猫と追い討ちをかける犬 a cat reacting to something invisible

※最近好きな動画チャンネルを参考例にしてみました (笑)

少し手間が増えるとはいえ、記事ページの表示速度がアップすることを考えればそれほどデメリットでもないと思います。


Youtube SpeedLoadの使い方は超簡単!

この「Youtube SpeedLoad」の使い方は超簡単で、インストールして有効化、あとは設定画面にある「Responsive embeds」にチェックを入れるだけOKです。

ちなみにこの項目は、スマホのレスポンシブに対応するかどうか?のチェックなので有効にしておくのがオススメ。

以前の「Youtube SpeedLoad」であれば、ブログサイトがSSLに対応している場合はプラグインを編集する必要がありました。

が、現在はすでに修正されているようなのでこの編集作業は必要ありません。

なので、あとは通常通りYouTube動画のURLを貼り付ければ、スムーズな表示速度で記事ページが表示されます。


まとめ

今回は「Youtube SpeedLoad」というプラグインを紹介してきました。

動画のないページとほぼ同じ表示速度になるので、表示速度が原因で離脱していたユーザーを減らすことができるかもしれません。

記事内にYouTube動画を多用することが多い人には、速度が速いサーバー とこのプラグインは必須だと言えます。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^


超高濃度60%のCBDが登場!

アイコスでも吸えます!定期購入で割引!