WordPressのスペース (改行・段落・空白)が消える原因と対処方法を解説!

WordPressのスペース (改行・段落・空白)が消える原因と対処方法を解説!

僕はブログの記事を書くときに、改行や段落を入れてなるべく読みやすくなるように心掛けていました。

ペラッペラな記事内容を、読みやすさでカバーしようとしてたわけです (笑)

でも時々、意識して空けていたその空白スペースが勝手になくなって、文章が詰まってしまうことがありました。

記事を少し修正して更新した直後などにこの症状は現れました。

これは、WordPress の「自動整形機能」というものが働き、改行や段落の変更を受け付けなくなったことが原因みたいです。

今回は、このクソ余計な機能 (笑) を無効化する方法を書いていきます。

 

スポンサーリンク

自動整形機能とは?

どんな機能?

 

「自動整形機能」とは、文章を改行した箇所にbrタグを挿入をしたり、段落をpタグでかこんだり、spanタグを削除したりといった処理を自動で行なってくれる機能です。

僕のような「HTMLタグ」についてよく知らない人が、ブログ記事を編集することを想定して実装された機能みたいです。

基本的には親切・丁寧な機能なのかもしれませんが、おそらく大半の人にとっては「ありがた迷惑」、ぶっちゃけ「余計なお世話」な機能かなと思います (笑) 

 

どんな影響?

 

僕は記事の見やすさを重視させるために、文章は「。」で改行して段落を作るようにしています。

WordPress のビジュアルモードでは、Enterキーを押せば段落、Enter+Shiftキーを押せば改行が挿入されるようになっています。

通常はこのやり方で、改行も段落もできて読みやすい記事が作成されるはずです。

でも、この「自動整形機能」が余計な処理を自動で行ってしまうので、記事に改行や段落を入れても反映されず、空白スペースがない「すし詰め状態」の文章が表示されてしまうというわけです。

 

スポンサーリンク

自動整形機能を無効化するには?

プラグインやコード改変

「自動整形機能」を無効化する方法はいくつかあるみたいで、「fanctions.php」にコードを追加する方法や「PS Disable Auto Formatting」というプラグインを使う方法などもあります。

ここでまとめて書くのは面倒くさ・・・ゴチャつくと思うので (笑) 、これから誰でも簡単に無効化できる方法を1つ紹介します。

 

TinyMCE Advancedを使用

1番簡単だと思うのが、プラグインの「TinyMCE Advanced」を使用する方法です。

この「TinyMCE Advanced」は、インストールして有効化するだけでビジュアルエディタ(記事を書くときのメニュー)を拡張できるプラグインで、WordPress では必須のプラグインです。

おそらくほとんどの人がインストールしていると思います。

WordPress の管理画面から、インストール済みプラグイン欄にある「TinyMCE Advanced」の「設定項目」をクリックします。

 

その後、設定メニュー内にある「段落タグの保持」にチェックを入れます。

これだけで、自動整形機能を無効化することができます。

これで、空白スペースが勝手に消えることはなくなり、文章がすし詰め状態になることもありません。

 

まとめ

僕はこの「TinyMCE Advanced」のオプション設定で、クソ不要な「自動整形機能」を無効化することができました (笑)

ただ、場合によっては無効化できないパターンがあるかもしれません。

そのときは上記のコード追加方法や、他のプラグインを試してみれば改善するかもしれません。

そもそも「自動整形機能」を必要とするのはどんな人なんだろう?

初心者の僕にとっては謎機能でした (笑)

 

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました m(_ _)m