W04のスリープモードをHuawei Hilinkアプリのリモートウェイクアップ(起動)で解除する方法!


アイコスでも吸えます!定期購入で割引!

 

 

 

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

僕が使っているモバイルルーターのWiMAX
「W04」は、一定時間の無通信状態が継続すると、Wi-Fi機能の通信が停止して自動的に
「スリープモード」になります。

基本的にこのスリープモードを解除するためには、W04本体の電源ボタンを押さなければなりません。

カバンなどにW04本体を入れている場合は、いちいち取り出して操作をしなければならないので少し面倒なわけで。

そこで便利なのが、Huawei Hilinkアプリ
「リモートウェイクアップ」という機能。

このリモートウェイクアップ機能を使えば、W04本体を直接操作する必要はなく、スマホのアプリからスリープモードを「ウェイクアップ」(解除)することが可能になります。


電源のオンではなくスリープ状態の解除のみ可能

特に外出先でW04を使用している場合、オフタイマーの「自動電源オフ」設定を「オン」にしている人がほとんどだと思います。

この自動電源オフ設定は、選択した3パターンの時間内にWi-Fiを使った通信が行わなければ、W04本体がスリープモードではなく電源オフの状態」になるというもの。

充電ができない環境で電源を常時オンにしている状態では、バッテリーもすぐに切れてしまうので必須の設定と言えます。

僕はずっと勘違いしていたのですが、リモートウェイクアップ機能はあくまでもスリープモードを解除させるものです。

W04本体の電源が「オフ」になっている状態を、リモートウェイクアップ機能で「オン」にすることはできません。

そうとは知らずに、リモートウェイクアップ機能でW04本体の電源をオンにしようと悪戦苦闘していたこともありました (笑)

なので、電源がオフになっている場合は直接W04本体を操作して、再度電源をオンにする必要があります。


リモートウェイクアップの使い方

使い方はとても簡単です。

無通信状態が継続してW04がスリープモードになっているときに、Huawei Hilinkアプリを開くと↓のような画面が表示されるはず。


 
あとは、iPhoneなどの接続したいデバイスのBluetoothをオンにしてから、円状のリモートウェイクアップボタンをタップするだけ。

場合によっては少し時間がかかる(20秒くらい)こともありますが、スリープモードの無通信状態から再びWi-Fiが接続された状態に戻ります。


WiMAXのクレードルは便利

僕は契約時のオプションでは頼まなかったのですが、少し前に改めて購入してみました。

W04本体をクレードルに置くだけで充電ができる上に、有線LANケーブルでも繋げれるようになります。

なので無線LANには対応してないパソコンでも接続することが可能になります。

価格もそこまで高くはないので、持っておいても損はありません。

まとめ

個人的にはこのリモートウェイクアップ機能で、電源オフからオンの状態にもできるようになればもっと便利なのにと思います。

「自動電源オフ」設定そのものを「オフ」にしてしまえば済む話ですが、バッテリーのことを考えると「オン」にせざるを得ません。

まぁ、それくらいの手間は我慢しろよって話ですが (笑)

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^


超高濃度60%のCBDが登場!

アイコスでも吸えます!定期購入で割引!