読点が多いブログ記事の文章は読みにくい!読点の位置や打ち方のルールなどを解説!

読点が多いブログ記事の文章は読みにくい!読点の位置や打ち方のルールなどを解説!

このブログもある程度の記事数が増えてきたので、なんとなく過去記事を読み返したりしていました。

ブログ初心者だったとはいえ誤字・脱字はもちろんのこと、文章構成もメチャクチャであまりにもひどい記事に一人で赤面状態でした (笑)

そんな中で気付いたのが、文章にやたらと多くの読点(、)を使っていたということ。

ちなみに、「読点」の読み方は「どくてん」ではなく「とうてん」です。

僕は最近まで「どくてん」と読んでました (笑)

そしてこの読点を多用するということは文章が読みにくくなるだけではなく、心理的にも問題があるとかないとか (笑)

今回は読点を多用する人の特徴や、読点を打つときのルールなどを書いていきます。

 

スポンサーリンク

読点が多い人の特徴

 

読点を多用する人にはいくつかの特徴や傾向があるみたいです。

これから主なパターンを紹介していきます。

 

追い詰められている人

締め切りやノルマに追われていたりなど、「追い詰められている」状態のときに文章中の読点が増えるみたいです。

普段より読点の数が多くなっているときは、何かに追われていたり焦りを感じているときなのかもしれません。

 

面倒くさがり屋な人

倒くさがり屋の人は、基本的に文章を読み返すことがありません。

なので「主語と述語」・「修飾語」などの、言葉同士の関係を考えることすらしない傾向があります。

その結果、面倒くささに任せて細々とした言葉を並べていくうちに読点も多く使いがちになっているみたいです。

 

自己中な人

文章の「言葉の意味の切れ目」や「読みやすさ」を決めるポイントが読点ですが、これは読み手となるユーザーへの気配りともいえます。

それでも読点を多く使って文章を書いてしまう人は、ユーザーのことなどお構いなしの自分勝手な自己中の人が多いそうです (笑)

 

年齢にも比例

読点の多さは、若年層よりも高齢者になるにつれて増えてくる傾向があるそうです。

その理由としては、高齢になるほど「息が上がる」からです。

読点とは、文章を声に出して読むときの「息継ぎサイン」のようなものです。

高齢になるほど、その息継ぎの回数が増えるために年齢と比例して増えるという説があるそうです。

個人的には、面倒くさがり屋で自己中っていう部分は当たってました (笑)

読みやすさを考慮してあえて読点を多めにつけていたつもりが、かえって逆効果だったみたいです (笑)

 

スポンサーリンク

読点を打つときの基本ルール

 

それじゃあ、文章で読点を打つときのポイントはどんな感じがベストなのでしょうか?

読点を打つときの基本的なルールを5つあげていきます。

 

長くなった主語のあと

一般的に読点は、文章の「主語」「主題」のあとに打つのが基本です。

とくに長くなってしまった主語のあとに打つことで、主語の区切り部分をユーザーにわかりやすく伝えることができます。

逆に短い文章の場合は、読点を打たない方が読みやすいことが多いです。

例文↓

・戦いに疲れたアイアンマンはハルクと一緒に飲みに出かけた。
・盾を無くしたキャプテンアメリカは何もできないヒーローだ。

 

重文・複文の区切り

一つの文章の中に「主語+述語」のかたまりが複数あるものを、「重文」または「複文」といいます。

重文では、途中で読点で区切りをつけた方が読みやすくなります。

例文↓

・マイティソーは明日のデートのために早めに寝たがハルクは夜の繁華街へとくりだした。

 

接続詞・副詞のあと

接続詞(しかし・だから・また・あるいは )や一部の副詞(もし・なぜなら・決して )など、これらと似たような働きをする語句のあとに打つことです。

必須ではないですが、意味が強調されて文章の意味が伝わりやすくなり読みやすい文章になります。

例文↓

・実はキャプテンアメリカは恐れていた。なぜならハルクはキレると手が付けられないからだ。

 

誤解釈を防ぐとき

読点を打つ位置によっては、同じ文章でもまったく違う意味に変わってしまうことがあります。

修飾語と修飾される語句がわかりやすくなるように読点を打つ必要があります。

例文↓

・アイアンマンは嬉しそうに闘うハルクを見ていた。

意味A:アイアンマンは嬉しそうに闘うハルクを見ていた。
意味B:アイアンマンは嬉しそうに闘うハルクを見ていた。

例文のように、読点の位置によって文章の意味が変わることもあるので注意が必要です。

 

漢字・カナの連続を防ぐとき

漢字・ひらがな・カタカナなど、同種類の言葉が連続すると読みにくくなってしまうことがあります。

これを避けて、読みやすくするために読点を打つことがあります。

例文↓

・そのためにはただただマイティソーを信じるしかない。
・この部活のキャプテンキャプテンアメリカは静かに答えた。

 

まとめ

今回は意識して読点を減らし文章を書いてみましたが、今まで読点を多用していたせいか少し違和感がありました。

今後はなるべく読点を控えて、読みやすさを追求した記事を書いていきたいです。

漢字を控えて「ひらがな」を多く使うことも、記事を読みやすくする大切なポイントです。

 

 

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^