2018年2月26日に統合された楽天のフリマサービスといえばラクマ(旧フリル)です。

このラクマはメルカリと同じくらいに有名なフリマサービスですが、唯一(?)のメリットであった「販売手数料無料」キャンペーンがもうすぐ終了するとのこと。

 

ラクマが手数料0%から3.5%に

これまでは販売手数料が無料で、手数料10%のメルカリと比べるとかなりお得なラクマでしたが、これからは売れた金額の3.5%の販売手数料が発生するようです。

僕はラクマもメルカリもヤフオクも利用していますが、手数料が無料なのはラクマだけでした。

今現在の他サービスの手数料は、メルカリが10%、ヤフオクが8.64%(プレミアム会員未登録は10%)になっています。

なので、無料キャンペーンが廃止されるとはいえ、手数料だけで比較するならラクマがまだ1番有利なのかもしれません。

ラクマの手数料有料化の開始はいつ?

有料化される日程ですが、2018年6月4日(月)10:00から開始されます。

なので普段ラクマを利用している人は、今のうちにまとめ売りをしておくのがベスト。

まだまだ過疎っているラクマ

販売手数料の面ではお得なラクマですが、それじゃあ実際に売れやすいのか?といえば正直微妙なところ。

利用者数がまだ少ないせいか、試しにメルカリよりも安値で出品してみてもほとんど売れません。

出品されている商品も、まだまだ少ないなぁと個人的には思います。

やはりCMをガンガン流しているメルカリの方が、利用している人も多くて強いのかな?といった印象。

まとめ

ラクマには即購入できる商品と「購入申請」が必要な商品があります。

これは出品者が取引を承認するかどうかを決めることができるというもの。

メルカリは誰でも即購入できるので、悪い評価が多い人に購入されると正直ヒヤヒヤすることがあります (笑)

今のところ面倒なトラブルが起きたことはないものの、個人的にはこの購入申請システムはメルカリにも導入して頂きたいところ。

 
本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^

オススメの記事