どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

ひとのときを想う、JT。

 

の加熱式タバコと言えば「プルームテック(Ploom TECH)」が有名ですが、2019年1月29日に2種類の新型モデルが発売されました。

低温加熱式型の「プルームテックプラス(Ploom TECH+)」と高温加熱式型の「プルームエス(Ploom S)」です。

僕はIQOSやgloを愛用していますが、ぶっちゃけプルームテックに関してはスルーしていました。

というのも、僕が加熱式タバコや電子タバコに1番求めるものは「吸いごたえ」がしっかりあるかどうかです。

旧型プルームテックも試したことはありますが、個人的にはその吸いごたえがほとんど感じられませんでした。

IQOSやgloに比べて臭いやニコチンが少ないとはいえ、個人的には少し中途半端なイメージだったプルームテックですが、2種類の新型Ploomはどう変わったのか?

プルームテックプラスとプルームエスの違いや使い方をサクッと紹介していきます。

プルームテックプラス(Ploom TECH+)の特徴

従来のプルームテックは約30℃で加熱する低温型を採用していましたが、プルームテックプラスは加熱温度が「40℃」に上がりました。

それに加えて、タバコ葉を増量した「新カプセル」を使用するので、従来のプルームテックよりも「吸いごたえ」をアップさせたモデルになっています。

本体価格は「4,980円(税込)」で、デバイスカラーは「白」と「黒」の2色になっています。

【追記】2019年6月現在は限定カラーも続々と発売中。

プルームテックプラス(Ploom TECH+)の使い方

プルームテックプラスの組み立て方

プルームテックプラスで一服を楽しむには、まずは以下のように組み立てる必要があります。

  1. バッテリーとカートリッジカバーをつなげて「カチッ」と音がするまで回す。
  2. 金属部分を下にしてカートリッジカバーにカートリッジを挿入。
  3. カプセルホルダーをカートリッジカバーに取り付ける。
  4. たばこカプセルを差し込む。

これでプルームテックプラスを吸う準備は完了。

プルームテックプラスの電源オン・吸う・電源オフ

プルームテックプラスの吸い方と電源のオン・オフは以下の通りです。

  1. 電源ボタンを連続で素早く3回押せば、LEDが1秒間点灯して電源がオンになる。
  2. 煙をゆっくり長く吸い込む。
  3. 電源ボタンを3秒以上長押しすれば、ボタンのLEDが3回点滅して電源がオフになる。

LEDはバッテリー残量が約21%以上の場合は「青色」に、約20%以下の場合は「紫色」に点灯します。

6分間操作しないと自動的に電源がオフになるので、いつの間にかバッテリー切れになってしまう心配もありません。

プルームテックプラスのパフパフできる回数

プルームテックプラスのたばこカプセルは1個で「約50パフ(吸い)」できます。

たばこカプセルは1箱5個入りなので、合わせて「約250パフパフ」することが可能。

紙巻タバコ1箱の平均が「140~200パフ」くらいなので、たばこカプセル1箱で吸える回数は紙巻タバコよりプルームテックプラスの方が多いと言えます。

プルームテックプラスのたばこカプセルは全4種

プルームテックプラス専用のたばこカプセルですが、現時点ではメビウスブランドの4銘柄(500円)が発売中。

・マイルドブレンド
・ローストブレンド
・クリアミント
・コールドミント

 

従来のプルームテック専用たばこカプセルと同じ形状ですが、1箱に1個同梱されている「カートリッジ」の形状が違います。

実際にプルームテックプラスを使ってみた感想はこちら。

プルームエス(Ploom S)の特徴

もう1つの新型Ploomがプルームエスですが、IQOSやgloと同じ高温加熱型モデルとなっています。

プルームエスは専用のたばこスティックを約200℃で加熱するので、紙巻タバコに近い吸いごたえが実現されました。

ややポチャっとした印象の手のひらサイズのデバイスデザインで、本体価格は「7,980円(税込)」です。

基本のデバイスカラーは「白」と「黒」の2色。

限定カラーも続々とリリースされていて、現在はサプルクレイ」「アンバー」「ブライトインディゴ」「ストレートアッシュ」までが発売中、「インスパイアードソイル」「イノセントアイス」は2019年3月末に発売予定です。

プルームエス(Ploom S)の使い方

プルームエスの吸い方

プルームエスの使い方は簡単で、基本的にはgloやIQOS 3 マルチとほぼ同じです。

  1. スライドカバーを開けて、たばこスティックを点線部分が隠れない程度に挿し込む。
  2. アクションボタンを2秒以上長押しすれば加熱が始まり、 デバイスが「ブッ」と振動する。
  3. 全てのLEDが点灯に変われば準備完了(約40秒間)で、デバイスが「ブブッ」と2回振動して使用可能になる。 

たばこスティックを挿入して加熱ボタンを押すだけなので、おなじみの電子タバコの使い方と言えますね。

プルームエスのパフパフできる回数・時間

プルームエスのパフパフできる回数と時間は以下の通り。

  1. 1回の加熱で約3分30秒か14パフパフ可能で、 残り約30秒か2パフパフになるとデバイスが「ブッ」と振動する。
  2. 再び振動すれば、すべてのLEDが消灯してヒーターが停止。たばこスティックを取り出して、スライドカバーを閉じると電源がオフになる。

使い方もパフれる回数もgloと同じくらいのスペックだと思います。

プルームエスはチェーンスモークが可能

プルームエスはチェーンスモーク(連続吸い)もできます。

フル充電時であれば、10本までのたばこスティックをチェーンスモークすることが可能。

チェーンスモークできる本数は「IQOS 3 マルチ」と同じくらいです。

プルームエスのタバコスティックは全3種

プルームエスのタバコスティックは現時点では全3種類で各480円。

・レギュラーテイスト
・メンソール
・メンソールクールエフェクト

 

レギュラーが1銘柄、メンソールが2銘柄のラインナップになっています。

プルームエスの使用レビューはこちらの記事を参考にしてみてください。

プルームテックプラス(Ploom TECH+)とプルームエス(Ploom S)が買えるお店

現時点ではプルームテックプラスもプルームエスもコンビニでは発売されていません。

基本的にはPloomオンラインショップか全国のPloomショップでの取り扱いになっていますが、ヤフオクや【メルカリ】、楽天などのネットストアでも購入することができます。

【追記】プルームテックプラスとプルームエスの全国コンビニ販売が決定しました。

【新型Ploom】プルームテックプラスとプルームエス まとめ

新型Ploomのプルームテックプラスとプルームエスをサクッと紹介してきました。

ネットなどで口コミ・レビューを見た限りでは、従来の旧型プルームテックよりも吸いごたえはかなりアップしているみたいです。

特にプルームエスの吸いごたえはしっかりあるそうなので、たばこスティックの味わいが好みであればメインの加熱式タバコとして愛用できるかもしれません。

とはいえ、現時点ではカプセルやスティックの種類も少なめで、デバイスの本体価格もそこまで安くありません。

IQOSやgloのユーザーが新型Ploomに乗り換えるメリットは特になさそうにも感じますが、Ploom TECHのニコチン量はひとパフ「0.02mg」とかなり少なめです。

ニコチン量はIQOSが「0.5mg」、gloが「0.1mg」と言われているので、この辺りの差がプルームテックプラスとプルームエスのメリットになるかもしれません。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^