こんにちは、ヨースケ(@YoSK8)です。

これまで何本かの記事を書いてきたブログ初心者の僕ですが、内容が薄っぺらいのでせめて読みやすくしようという気持ちで書いてきました。

でもそんな気持ちとは裏腹に、非常に読みにくい記事を書いていたことについ最近になって気が付いたわけで (笑)

他所様の記事を参考にしてみて、色々なパターンの書き方で試してみたりもしました。

その結果1、番バランスが良くて読みやすい記事の書き方が見えてきたので僕なりにまとめてみました。

 

読みやすい記事の段落の行数は?


まず段落ですが、1つの段落に「2〜3行」が理想で、多くても「4行」までに抑えるのがベストです。

1つの段落に文章をまとめすぎると、よっぽど興味のある内容でもない限りは、それだけで読む気が失せてしまいます (笑)

もう1つポイントとしては、段落の行数はなるべく単調にならないこと。

1行・・・1行・・・1行
2行・・・2行・・・2行
3行・・・3行・・・3行

が、悪い例。

3行・・・1行・・・2行
2行・・・3行・・・1行

のように、行数に「ランダム感」を出すことでさらに読みやすくなります。

ブログ記事は内容も大切ですが、それ以前に読みやすい構成でなければ最後まで読んでもらえません。

有名ブログなどの記事は、ほとんどがこの段落の使い方になっていると思います。

読みやすい記事の改行方法は?


僕はブログをやり始めたとき、どこかの情報で知ったとおりに文章の読点(、)で改行していました。

この場合、PC画面では綺麗で読みやすいですが、スマホ画面だとレイアウトが崩れて読みにくくなってしまいます。

こだわって書いても無意味な結果になってしまうわけで (笑)

特に最近では、PCだけではなくスマホからのブログ読者も非常に多くなってきているので、スマホユーザーにも読みやすい記事を書くことも大切です。

なので読点(、)で改行はしないで、句読点(。)で段落を変えた方がオススメ。

大きな改行空白のある記事はNG!


人によっては「1行ごと」に「Enter」を押して改行をとったり、「3行分」くらい改行をとって大きな空白をつくって文章を書く人がいます。

実際に僕がそうでした (笑)

これは昔のガラケー主流時代の、アメブロなどで流行っていた書き方です。

その影響が残っているため、スマホが主流になった今でも大きく改行を取るのが基本と思い込んでいる人が多いそう。

でもこの書き方は、最近のブログ読者には好まれません。

最近のブログ読者にとっては、簡単に素早く記事を読めることの方が大切です。

改行を大きくとりすぎると、画面を余計にスクロールする必要があるのでぶっちゃけ面倒なわけで (笑)

なので、改行のしすぎはなるべく控えた方が無難かもしれません。

まとめ

・文章の段落は2〜3行ごとがオススメ。
・句読点(。)で段落を変えるのがベスト。
・改行のしすぎは要注意。

読みやすいブログ記事の文章を書くポイントについては、↓の記事も参考にしてみてください。

 
画像を挿入してさらに読みやすい記事に!
 
本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました m(_ _)m

オススメの記事