PayPay(ペイペイ)とは?Apple Payや楽天ペイとの違いや還元率は?


アイコスでも吸えます!定期購入で割引!

 

 

 

 

 

どうも、YoSK8(ヨースケ)です。

最近では「Apple Pay」「楽天ペイ」などのスマホで簡単に決済できるサービスが増えてきました。

そんな数あるスマホの決済サービスですが、最近話題なのが「PayPay(ペイペイ)」という新サービスです。

そうそう PayPal(ペイパル)!

 

ではなく、

PiePie(パイパイ)?

 

でもなく (笑)、

PayPay(ペイペイ)!

 

です。

ということで、今回は新スマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」をサクッと紹介していきます。


PayPay(ペイペイ)とは?

PayPay(ペイペイ)は2018年にソフトバンクとヤフーの合併により設立された、「PayPay株式会社」が運営する決済サービスです。

スマホアプリをダウンロードするだけで、すぐに利用できるのでかなり便利なサービスですね。

PayPayは加盟店でのみ利用できる決済サービスで、支払額に応じた還元ボーナスもゲットすることが可能です。


PayPay(ペイペイ)の新規登録は簡単

PayPay(ペイペイ)は「iPhone」と「Android」どちらのスマホアプリにも対応しています。

アプリをダウンロードして携帯認証と簡単な登録をするだけで準備完了、誰でも無料ですぐに利用することができます。

Yahoo! JAPANのIDとの連携もできるので、アカウントを持っている人はサクッと連携しておくのがオススメですね。

ちなみに、今ならPayPayに新規登録するだけで500円相当のPayPay残高がもらえます。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

 


PayPay(ペイペイ)の支払い方法

PayPay(ペイペイ)での支払い方法は、

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

の3通りです。

クレジットカードを持っていない人でも利用できるのは便利ですよね。

PayPay(ペイペイ)残高にチャージする方法

PayPay(ペイペイ)残高にチャージするには、

  • Yahoo!ウォレットの預金払い用口座に登録している金融機関口座
  • ヤフーカード

の2通りから可能。

銀行口座とヤフーカードから選ぶことができます。

PayPay(ペイペイ)で使えるクレジットカード

PayPay(ペイペイ)は支払いの際にクレジットカードを利用できますが、PayPay残高のチャージに関しては少しだけ注意が必要です。

PayPayでの支払いに利用できるクレジットカード

PayPayの支払いにクレジットカードを使う場合は、VISA・MasterCard・JCB(ヤフーカードのみ)のいずれかのカードであれば利用可能です。

PayPay残高にチャージできるクレジットカード

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは「ヤフーカード」のみで、 現時点ではそれ以外のカードには対応していません。

いづれにせよPayPayは「ヤフーカード」との相性がいいので、持っていない人はこの機会にサクッと作ってみるのもオススメですね。

PayPay(ペイペイ)とApple Payや楽天ペイとの違いは?

PayPay(ペイペイ)と「Apple Pay」「楽天ペイ」との違いですが、ざっくり言えばクレジットカードが必要かどうか?ということです。

基本的にApple Payや楽天ペイを利用するにはクレジットカードが必要ですが、PayPayの支払い方法はクレジットカードだけではなく「PayPay残高」や「Yahoo!マネー」でも可能。

PayPay残高には「銀行口座」からもチャージできるので、クレジットカードが絶対に必要というわけではありません。

ちなみに、友達のマイコードをスキャンするか電話番号を指定することで、自分のPayPay残高を送金することも可能です。

Paypayは誰でも気軽に利用できて、クレジットカードのように使いすぎる心配がない決済サービスとも言えますね。

PayPay(ペイペイ)の還元率は?

PayPay(ペイペイ)は1度利用するごとに「0.5%」のボーナスが還元されます。

もちろん、クレジットカードと併用すればカード会社のポイントも加算されるのでWでお得になります。 

PayPay(ペイペイ)の使い方

PayPay(ペイペイ)は「コード支払い」「スキャン支払い」の2種類があります。

PayPayコード支払い

コード支払いはアプリのバーコードを店員さんに読み取ってもらう方法です。

スキャン支払いよりも簡単ですが、コードをスキャンする機械がない店舗では利用できないので少しだけ注意が必要ですね。

PayPayスキャン支払い

スキャン支払いはお店にあるQRコードを自分で読み取って支払いをする方法です。

QRコードを読み取って支払い金額も入力するので、コード払いよりも少しだけ手間がかかりますが、PayPay加盟店であればどのお店でも利用することができます。

PayPay(ペイペイ)が使えるお店

PayPay(ペイペイ)が使えるお店はアプリから簡単に確認することができます。

例えば、コンビニなら「ファミリーマート」や「ミニストップ」、飲食店なら「白木屋」や「魚民」、家電量販店なら「ビッグカメラ」や「ヤマダ電機」などでPayPayが利用可能。

PayPayが使えるお店はこれからもドンドン増える予定です。

PayPay(ペイペイ)のメリット

PayPay(ペイペイ)のメリットとしては、

  • 支払いが簡単
  • チャージが簡単
  • カード会社とのWでポイント還元

などがあります。

PayPay(ペイペイ)のデメリット

PayPay(ペイペイ)のデメリットを簡単にまとめると、

  • 分割払いができない
  • 使える加盟店がまだ少ない

などがあります。

PayPay(ペイペイ)のお得なキャンペーン

2018年12月現在、PayPay(ペイペイ)はお得なキャンペーンを開催しています。

新規登録で500円

PayPayに新規登録するだけでPayPay残高に500円がチャージされます。

5,000円チャージで1,000円加算

PayPay残高に5,000円をチャージすれば、さらに1,000円のボーナスが加算されます。

※2018年12月3日でこちらのキャンペーンは終了しました。

支払額の20%が還元

キャンペーン期間中にPayPayで決済をすると、お支払い額の「20%相当」のボーナスが付与されます。

上限は月額50,000円相当までで、翌月10日前後には20%ボーナスがもらえるのでかなりお得なキャンペーンですね。

※2019年3月31日まで

PayPay(ペイペイ)とは?まとめ

PayPay(ペイペイ)をサクッと簡単に紹介してきました。

まだまだPayPay加盟店は少ないとはいえ、キャンペーン期間中の20%還元ボーナスはかなりお得ですよね。

僕もメインクレカの「楽天カード」はしばらく控えて、キャンペーン終了まではPayPayと「ヤフーカード」で買い物をしようと思っています (笑)

 

【追記】実際にPayPayを使って、ヤマダ電機で「MacBook Air」を購入してみました。

 

【追記】100億円キャンペーンの「第2弾」が開催決定しました。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^


超高濃度60%のCBDが登場!

アイコスでも吸えます!定期購入で割引!