誰でも気軽に始められるGoogleアドセンスですが、油断していると少し痛い目に遭うかもしれません。

なぜなら、「アドセンス狩り」という悪質な行為をされる恐れがあるからです。

今回はアドセンス狩りとその対策方法について書いていきます。



アドセンス狩りとは?


僕もアドセンスを利用するまでは全く聞いたことのない言葉でした (笑)

このアドセンス狩りとは、簡単に言えば他者の嫌がらせ行為のこと。

ブログサイトで表示しているアドセンス広告を、自分で何度もクリックすることはアドセンスの規約違反になってしまいます。

そして、アドセンスの広告コードをアダルトサイトなどに貼りつけることもNG。

これらの禁止事項に他者がわざと触れさすことで、アドセンスのアカウントを停止させようとするのがこのアドセンス狩りです。

動機としては人気ブログに対する嫉妬妬みが1番多いみたいで、それ以外にも単なるイタズラ目的の場合もあるそう。

なので、人気ブログの運営者だけではなく、僕のような弱小ブログを運営している人もアドセンス狩りには注意が必要です。

最近ではGoogleの技術も進歩してきているので、不正なクリックに関しては自動的に無視されるようにもなってきました。

が、アドセンスの広告コードは自分以外の他者でも簡単に調べることができてしまうので、これに関してはまだまだ対策をとる必要があると言えます。



アドセンス狩りの対策方法


アドセンス狩りの対策はとても簡単で、
「アドセンス広告表示許可サイト設定」というものを設定するだけでOK。

これはアドセンスアカウントに自分のブログサイトを登録することで、登録したサイトからでしかアドセンス収益が発生しないようにできる設定です。

この設定を使えば、アドセンス狩りを狙った他者に広告コードを不正利用されたとしても、規約違反を犯したことにはなりません。

つまり、アドセンスアカウントが停止される恐れがなくなるというわけ。

アドセンス狩りの被害を未然に防ぐためにも、「アドセンス広告表示許可サイト設定」は早めに設定しておくのがベストです。



【アドセンス広告表示許可サイト設定】の設定方法

この設定はGoogleアドセンスのトップページから簡単にできます。

ページ左側の「設定」「自分のサイト」をクリックして「サイトを管理」ページにある「…」をクリック。

 
「サイトの認証」をクリック。


 
「所有権を確認したサイトだけに広告コードの使用を許可する」を有効(緑色)にしてから「保存」をクリック。


この変更は48時間以内に反映されるので、登録するサイトが1つの場合はこれで完了です。
 
複数のサイトを登録する場合は「設定」→「自分のサイト」と進み、ページ右上の追加アイコン「+」をクリック。


 
「サイトのURL(example.com)」の部分に登録するサイトURLを入力してから「サイトを追加」をクリック。


 
サイトURLが一覧に追加されてステータスが「確認済みのサイト(緑色)」になっていればOK。

まとめ

コツコツと人気ブログを築き上げた人だけではなく、カツカツな弱小ブログを運営している人もいつ被害に遭うかわかりません (笑)

アドセンス狩りには万全な対策をしておくようにしましょう。

 
本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^

created by Rinker
¥1,598 (2019/03/22 11:42:32時点 Amazon調べ-詳細)