楽天もAmazonも使える「もしもアフィリエイト」は登録も簡単でメリットだらけ!?

楽天もAmazonも使える「もしもアフィリエイト」は登録も簡単でメリットだらけ!?

僕はブログを開設後、約10記事くらいを投稿した時点で「Googleアドセンス」に申請し、スムーズに審査に合格することができました。

その勢いで今度は「Amazonアソシエイト」にも申請してみました。

・・・結果は不合格。

それから、記事数を少し増やしてから2度目の申請をしてみました。

・・・結果はまた不合格 (笑)

これで僕の「アソシエイト熱」は一気に冷めてしまい、もう2度と申請するかバカヤローとなるのでした (笑)

そんな時にたまたま知ったのが、 このもしもアフィリエイトという ASP です。

 

スポンサーリンク

もしもアフィリエイトとは?

報酬額がそのまま同じ!

『もしもアフィリエイト』は、あの有名なA8.net などと同じ ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)になりますが、他社にはないような優遇サービスや広告探しに便利なツールなどが揃っています。

とくに1番のメリットが、楽天」や「Amazon」と報酬料率が全く同じということです。

あの地味に面倒で審査も厳しい、「アソシエイト審査」にわざわざ申請する必要もないということです。

なので、僕のように数回審査に落とされて、アソシエイトに幻滅している人にはオススメの ASP だといえます (笑)

 

 嬉しい「W報酬制度」!

 

さらに大きなメリットとして、「W (ダブル) 報酬制度」があります。

この制度は通常の報酬額に加えて、報酬確定時に10%のボーナスが加算されて銀行口座に振り込まれるというものです。

他の ASP の場合、例えば通常報酬が10万円であれば振り込み時も10万円が一般的です。

これが「もしもアフィリエイト」であれば、10万円の通常報酬が、振り込み時には10%プラスされた11万円が振り込まれることになります。

なので、他の ASP と同じ報酬額の広告があった場合は、「もしもアフィリエイト」経由で広告を貼るだけで、1割報酬が加算されるのでかなりお得だと言えます。

 

振込金額は1,000円から!

 

最低振込金額が「1,000円」からと、低めの金額から OK なのもありがたいです。

Amazon も最低1,000円から振込み可能ですが、指定する銀行口座によっては振込み手数料が高くつく場合があります。

でも「もしもアフィリエイト」は振込み手数料が無料です。

なので、報酬額も減額せずにそのまま貰うことが可能です。

 

ポイントじゃなくて現金で!

 

公式の楽天アフィリエイトだと、ポイントではなく現金で貰うためには、月に5,000円以上の成果報酬からと少し高額の設定になっています。

でも「もしもアフィリエイト」であれば、楽天の報酬が1円からでもポイントではなく現金で貰うことも可能です。

なので、例え楽天の報酬が数百円であったとしても、Amazon の報酬と合わせて月に1,000円さえ超えてしまえば、手数料無料で現金として振込まれるということになります。

 

スポンサーリンク

便利な機能

自動マッチング機能!

「自動マッチング」といった、登録している自分のサイトを自動的に解析して、そのサイトに適した広告を教えてくれる機能などもあります。

自分では気付かなかった案件に気付けたりもするので、とくにアフィリエイト初心者にも便利な機能だといえます。

 

どこでもリンク機能

「どこでもリンク」とは、登録しているサイトのどのページにもリンクを貼れる機能のことです。

例えば、いろいろな商品を売っている物販サイトであれば、商品の個別ページに直接アフィリエイトリンクを貼ることも可能です。

他の ASP でもこの機能が使えたりはしますが、「もしもアフィリエイト」のこの機能は使いやすくて動作も軽いのが特徴です。

 

まとめ

今回は「もしもアフィリエイト」の特徴やメリット、便利機能などについて書いてきましたが、デメリットはないのか気になった人もいると思います。

ぶっちゃけ・・・とくにないです (笑)

あえていうなら、他の大手 ASP よりも広告数が少なめなところかもしれません。

でも、逆にここでしか取り扱っていない広告もあったりもします。

そして、あの厳しい「アソシエイト審査」に合格しなくても、Amazon の広告が利用できるようになるメリットは大きいです。

そのうえ報酬料率はそのままで、手数料も無料で!

なので、活用しないのはもったいない、登録必須の ASP だと思います。

 

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました m(_ _)m