meta descriptionはSEOに効果なし?ディスクリプションを適度な文字数で書く方法とは?

meta descriptionはSEOに効果なし?ディスクリプションを適度な文字数で書く方法とは?

ブログサイトのSEO対策として基本となるのが、サイトページのタイトル(tittle)ディスクリプション(description)です。

タイトルはともかく、ディスクリプションに関してはあまり意識していない人も多いと思います。

実際に僕がそうでした。

とりあえず「description」って単語が読めなかったし、なんか面倒くさそうだし…って感じでした (笑)

でもディスクリプションは、サイトページへのクリック率にも影響してくる大切な要素です。

今回は、ディスクリプションの重要性や設定するときのポイントなどを解説していきます。

 

ディスクリプションとは?

 

ディスクリプションは、正確には「meta description」といいます。

検索エンジンや検索ユーザーに対して、どんな内容のサイトページなのかを伝えるための要約文(説明文)のことです。

このディスクリプションは、タイトルと同じように検索されるキーワードを含めて、そのページの説明文を書いていくのが基本的です。

プラグインの「All In One SEO Pack」を使えば簡単に設定することができます。

 

 

今のところ、このディスクリプションに直接的なSEO効果はないといわれていますが、検索結果に直接表示されるものです。

なので、ユーザーのサイトへのクリック率には多少影響してきます。

そして検索エンジンに対しても、サイトの内容を効率的に伝えるための重要な要素でもあります。

SEO内部の対策には欠かせないポイントなので、しっかりと設定しておくことがベストだといえます。

 

ディスクリプションの設定ポイントは?

文字数は約120文字以内に収める

ディスクリプションの文字数が多すぎてしまうと、末尾部分が「…」と省略されてしまいます。

なので「約120文字」以内の文章で収めるのが基本的な書き方になります。

ただ、スマホの場合は「約50文字」で表示されてしまいます。

両方のユーザーに対応するためには、文章を前半の50文字・後半の70文字の「2部構成」のディスクリプションを設定するのがオススメです。

 

わかりやすい魅力的な説明文にする

検索ユーザーがサイトに訪問することで、求めていた「答え」や「為」になる情報が得られるかどうか?

説明文をサクッと読んだだけでサイトの内容が把握できるように、わかりやすい文章にするのがポイントです。

そしてユーザーの気を引いて、興味を持たれるような魅力的な文章を書いていくことも大切です。

そうすることで、サイトページへのクリック率が上がり、検索からの流入アクセスにもつながっていきます。

 

検索キーワードを必ず含める

先にも書きましたが、検索されるキーワードを含めることで検索エンジンにもサイトの内容を効率的に伝えることができます。

検索結果では検索キーワードが太文字で表示されるので、ユーザーにもわかりやすくなりクリック率アップにも期待できます。

そして検索キーワードは、「2個」くらいだけ含めるのが効果的です。

無理にたくさん含めすぎると逆効果になってしまいます。

 

検索キーワードは文章の前方に含める

検索エンジンは、ディスクリプションの「前方」にあるキーワードを重要視するといわれています。

なので検索キーワードは、文章の前方に含めるのがベストだといえます。

またアメリカの調査会社のリサーチによれば、検索キーワードは前方にあった方が検索結果でのクリック率が上がるという調査結果も出たそうです。

 

タイトルとのバランスを考える

検索ユーザーは、タイトルとディスクリプションを見てサイトページに訪れるかどうかの判断材料にします。

なのでサイトの内容に合わせて、タイトルとのバランスがとれたディスクリプションを設定するのがポイントです。

 

まとめ

ディスクリプションを設定していない場合は、Google が任意にサイトの文章を抜粋して表示させます。

もし1記事ごとにディスクリプション設定していくのが面倒であれば、あえて設定しないでこの仕様に任せしてしまうのもありだと思います。

ていうか僕はそうしています (笑)

ただ、検索結果に表示されてクリック率にも左右する大切な要素であるのは間違いありません。

守るべきポイントをしっかりと抑えて、できる限りディスクリプションは設定していったほうがベストだと思います。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^