ロリポップのコンテンツキャッシュ機能とは?設定方法も解説!

【新色登場!限定キャンペーン開催中!】

 

 

 

 

 

僕が現在お世話になっているレンタルサーバーはロリポップ! ですが、少し前から
「コンテンツキャッシュ機能」というサービスを始めたそうです。

このコンテンツキャッシュ機能は無料で利用できる上、従来よりも高速で安定したサイト表示が可能になるというサービス。

なので、僕もさっそく導入・設定してみることにしました。


ロリポップのコンテンツキャッシュ機能とは?


ロリポップの公式サイトによれば、

Webサイトへのアクセスに対してキャッシュサーバーで応答することで、高速で安定したサイト表示を行えるようにする機能です。
当社ベンチマークテストでは、WordPressを利用したWebサイトにおいて、従来の環境と比較し24倍(※)のパフォーマンスの改善を実現いたしました。
(※) ユーザーへ実際に提供しているサーバー環境において、1秒間あたりに処理することができるHTTPリクエスト数の比較。テスト時のWordPressのバージョンは4.9.4。

 
とのこと。

提供スケジュールは↓のようになっていて、ライトプランでのサービスももうすぐ始まります。

エンタープライズプラン β版:3月27日 正式版:4月24日
スタンダードプラン β版:4月3日 正式版:5月8日
ライトプラン β版:4月10日 正式版:5月15日

※エコノミープランでの提供はありません。


ロリポップのコンテンツキャッシュ機能の設定方法


僕はスタンダードプランで契約中なので、さっそくこのコンテンツキャッシュ機能(β版)を設定することにしました。

設定方法はとても簡単で、ロリポップの
「ユーザー専用ページ」からサーバーの
「管理・設定」「コンテンツキャッシュ」をクリックします。


 
初期設定ではOFF状態になっているので、


 
 
「WP」(ワードプレス使用の場合)を選択すればコンテンツキャッシュ機能がONになります。


 
これだけで、このコンテンツキャッシュ機能が使用可能となります。


まとめ

実際にこのコンテンツキャッシュ機能を試してみましたが、以前よりもなんとなくサイト表示速度が速くなりました。

ロリポップは遅くて重いといった情報があったりもしますが、個人的には不便さを感じたことは1度もありません。

世間ではレンタルサーバーの王者はエックスサーバー となっています (笑)

でもこれからは、安くて速くて安定感もアップした、このロリポップ! が最強のレンタルサーバーになるかもしれません。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^

 

【新色登場!限定キャンペーン開催中!】