こんにちは、ヨースケ(@YoSK8)です。

実は以前から氣になっていたことが1つあって・・・

それは、WordPressのエディタに貼り付けたはずのLink Makerのリンクコードがいつのまにか消えてしまうことです。

このLink Makerとは、iTunesアフィリエイトのツールの1つでリンクコードを簡単に生成してくれるというもの。

最初は氣づきませんでしたが、どうやら
WordPressのエディタをビジュアルに切り替えるとコードが全て消えてしまう様子。

これのせいで、今まで何度もコードを貼り直すハメになりました (笑)

今回は、この問題を解決する2つの方法を紹介していきます。

 

Link Makerのリンクコードが消える原因は不明

Link Makerのリンクコードが消えてしまう原因はいまだによくわかりません。

もしかすると、僕の大嫌いなWordPressの自動整形機能とかが関係しているのかも(笑)

 
エディタを切り替えなければリンクコードが消えることもありませんが、ビジュアルモードで記事を書く僕にとっては死活問題です。

やっぱりWordPressを使う以上は
ビジュアル ↔ テキストの切り替えは必須なわけで。

ということで、ザッと調べてみたところ2つの解決策が見つかりました。

Auto Link Makerを活用!

まず1つめが、iTunesアフィリエイトにある「Auto Link Maker」というツールを利用する方法です。

こちらのA-Key functionというサイトの方で詳しい使い方が解説されています。

 

使用中テーマのヘッダーに、Auto Link Makerの「javascript」コードを貼り付けます。

あとはiTunes Storeで商品のリンクをコピーして貼り付けていくだけです。

余計なプラグインをインストールしたくない人はこちらの方法がオススメ。

WP-Appboxを活用!

そして2つめが、WordPressのプラグイン「WP-Appbox」を利用する方法です。

こちらのWordPress侍というサイトでわかりやすく解説してくれています。

 

プラグインをインストールすると、エディタにWP-Appboxのアイコンが表示されるようになります。

あとはアイコンをクリックすると表示されるショートコードに、商品URLのidを挿入していけばOK。

プラグインのインストールが必要ですが、使い方は簡単だと思うのでぜひお試しあれ。

まとめ

この2つのいづれかを活用すれば、エディタを切り替えてもリンクコードが消滅することはありません。

App Storeのアフィリが終了してしまったとはいえ、音楽関連のアフィリサービスはまだまだ使う機会があると思います。

これで、僕のように何度もコードを貼り直さなくても済むはず (笑)

ていうか・・・Link MakerとWordPressのどちらに原因があるのかわかりませんが、早いところ改善してほしいと思う今日この頃であります。

試しに1曲貼ってみた(笑)



 
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^

オススメの記事