こんにちは、ヨースケ(@YoSK8)です。

自分の記事が検索上位に表示されることはかなり重要なことです。

上位に表示されなければアクセスもされにくいので、せっかく書いた記事も誰にも読まれず収益にもつながりません。

そして、検索上位になるためには記事数を増やすことも大切と言われたりもしますが、実際のところどうなのか?

今回は、検索順位と記事数の関係性などについて書いていきます。

 

記事数と検索順位は関係するの?


結論から言えば、記事数を増やせば検索順位が上がることもありますが、記事の内容が薄ければ意味がないということ。

例えば、質の悪い0点記事を100本書いたとしても、そのサイトが評価されることはほとんどありません。

逆に、良質な記事を20〜30本書いただけでもサイトは評価はされるので、記事数が少なくても検索順位は上がる可能性があります。

やっぱり大切なのは、記事数ではなくユーザーの「為」になるような質の高い記事であるかどうかということ。

ユーザーに「価値の提供」ができてこその上位表示というわけです。

少ない記事数でも検索順位を上げるためには?


先にも書いた通り、検索順位を上げるためには記事数はそれほど関係なく、記事質を重視した方がサイトの評価も高くなります。

そして、記事質と同じくらいに重要なのが、ライバルサイトの存在と良質な
「被リンク」をたくさん受けることです。

自分が狙っているキーワードで勝負するためは、多くの強豪ライバルサイトに打ち勝たなければなりません。

そのためには、多くの人に評価されるような役立つサイトを作り、良質な被リンクをドンドン増やしながらサイトパワーを上ていくことも必要。

ちなみに被リンクとは、自分のサイトのリンクが他のサイトに貼られることです。

 

なのでやっぱり、記事数よりも記事質を重視して、誰かの役立つ記事を書いていく方がベストな結果につながると言えます。

まとめ

これまでに書いてきた通り、基本的に記事数と検索順位はそこまで関係ないと思います。

ただ、ブログ初心者にとっては、自分の経験値を上げるためにもたくさんの記事を書いていくことも大切。

なので、そういった意味では記事数を量産していくことも決して無駄なことでもありません。

 
本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^

オススメの記事