ひらがな が多いブログ記事の文章は読みやくなる!漢字との使いわけ例を解説!

ひらがな が多いブログ記事の文章は読みやくなる!漢字との使いわけ例を解説!

ブログで大切なことは、記事内容が充実しているのはもちろんのことですが、「読みやすい」かどうかも重要なポイントです。

読みやすい記事にするためには、文章の段落や改行などの、空白スペースを意識して書いていくのが基本的なことです。

詳しくは↓の記事を参考にしてみてください。

 

 

そして、もう一つのポイントは、漢字」「ひらがな」の使いわけを意識して文章を書いていくことです。

今回は、「漢字」よりも「ひらがな」で表記した方が読みやすくなる例などを書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

漢字が多い文章は読みにくい!

 

サイトやブログによっては、漢字ばかりで読みにくく、ちょっと堅苦しく感じてしまう文章の記事があったりします。

そんな記事だと、いくら内容が良くても、読んでるだけで疲れてしまい途中で飽きてしまいがち。

人気があるブログなんかを見てみると、そのほとんどが漢字をあまり使っていない文章の書き方をしていることがわかります。

 

「ひらがな」にした方がいい例

 

さっそく、「漢字」よりも「ひらがな」を使った方がよみやすくなる例をあげていきます。

・事→こと
・物→もの
・時→とき
・所→ところ
・1つ→ひとつ
・言う→いう
・出来る→できる
・来る→くる
・更に→さらに
・但し→ただし
・程→ほど
・為→ため
・下さい→ください
・欲しい→ほしい
・有難う→ありがとう

僕自身、意識してひらがなを使っていた漢字もありましたが、まだまだ漢字を多く使っていたなと思いました。

もう少し例をあげてみると・・・

・敢えて→あえて
・当たって→あたって
・貴方→あなた
・余り→あまり
・予め→あらかじめ
・有る→ある
・或いは→あるいは
・改めて→あらためて
・併せて→あわせて
・如何に→いかに
・幾つ→いくつ
・何れ→いずれ
・致します→いたします
・頂く/戴く→いただく
・至って→いたって
・何時→いつ
・一層→いっそう
・一旦→いったん
・一杯→いっぱい
・一遍に→いっぺんに
・及び→および
・位→くらい/ぐらい
・既に→すでに
・即ち→すなわち
・全て→すべて
・折角→せっかく
・大分→だいぶ
・只→ただ
・丁度→ちょうど
・遂に→ついに
・繋げる→つなげる
・通り→とおり/どおり
・伴い→ともない
・共に→ともに
・捉える→とらえる
・尚更→なおさら
・中々→なかなか
・何故→なぜ
・等→など

まだまだ例はありそうですがこの辺でやめておきます (笑)

自分の過去記事を読みかえしてみると、まだ漢字が多くてなんか読みにくい印象がありました。

まぁ、それ以前に文章を書くといったライティングスキルにも問題はありますが・・・。

まだ修行中の身じゃボケ! (笑)

 

スポンサーリンク

 

「使いわけ」も使いわける

 

確かに「ひらがな」を多く使った方が読みやすくなると思います。

とはいえ、上記の一覧はあくまでも「例」なので、漢字を使った方がベストなときもあります。

このブログみたいに、ユルめの雑記ブログだと「ひらがな」が多い方がしっくりきますが、バカ真面目な専門ブログの文章には向かない場合もあるかと思います。

なので、それぞれのコンテンツ内容に合った文字表記の「使いわけ」をすることが必要です。

そして、記事を書く人自身が、使いわけの「マイルール」を作って意識して文章を書いていくのがオススメです。

 

まとめ

ブログ初心者が、質の高い記事を書けるようになるには経験と時間がどうしても必要になってきます。

でも、読みやすい記事を書くことに関しては、今回のテーマのように「ひらがな」を多く使った文章にして、意識さえすれば誰でもすぐに実践できることだと思います。

僕もこんごは、いしきして「ひらがな」をおおくつかって、よみやすいぶんしょうの記事をかいていこうと思います。

↑はダメな例です (笑)

 

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました ^^