Google推奨のパーマリンク変更設定のやり方とは?正しい方法で SEO効果も!

Google推奨のパーマリンク変更設定のやり方とは?正しい方法で SEO効果も!

投稿する記事のタイトルが決まったら、まずは最初の段階でパーマリンクを変更しておくのがベストです。

なぜなら、初期設定のままだと SEO的によくなく、Google 推奨の方法に変える必要があるからです。

そして、変更を忘れてしまいがちなのもこのパーマリンクです。

設定自体は簡単ですが、僕もブログをやり始めた頃はよく変更設定を忘れて、記事を投稿してから変えたりもしていました (笑)

今回は、そんなパーマリンクについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

パーマリンクとは??

 

簡単にいえば、記事ごとの URL のことです。

この記事の URL であれば、
「https://yosk8.com/google-suisho-permlink-henkou-settei/」

黄色部分がパーマリンクです。

新しい記事を書いていく度に、パーマリンクを設定していく必要があります。

地味に面倒くさいですが・・・ (笑)

先にも書きましたが、初期設定のパーマリンクのままでは理想的ではありません。

だからと言って、好きな単語を適当に並べて自由に設定して良し!ってワケでもありません。

それじゃあどう設定するの?ってことですが、Google が推奨しているやり方があるので、それに従ってパーマリンクを設定していくのがベストです。

 

Google 推奨のパーマリンク!

 

Google が推奨しているパーマリンクのポイントとしては、

・長すぎず、短くシンプルである
・URLを見ただけで、どんなページかがわかる

・日本語ではない

・解析がしやすい

以上の4つになりますが、要は「パーマリンクを見ただけで記事の内容がわかるようにシンプルにする。」ってことです。

とくに難しいことはなく、記事タイトルのメインとなる単語をローマ字表記に変換して、それぞれを「-」ハイフンでつなげるだけです。

それだけで理想のパーマリンクが完成になります。

単語と単語をつなぐ時には「-」ハイフンを使うのが理想で、これについてもGoogleが推奨しています。

 

スポンサーリンク

推奨パーマリンクの効果

 

意味がわかりやすいシンプルなパーマリンクにすることで SEO効果があるといわれています。

とはいえ、すぐに劇的な効果を感じることはなく、正直最初は「?」だと思います (笑)

でも、時間の経過やブログ自体の記事数や認知度など、いわゆるブログパワーの向上とともに SEO効果が高くなってくるのは間違いありません。

なので、自分のブログが検索結果で上位表示されるように、Google が推奨しているやり方に従うのがベストだと思います。

 

変更するデメリット

 

パーマリンクの設定を途中から変えてしまうと、↓のような様々なデメリットがあるので要注意です。

・SNSシェア回数がリセット
・SEO効果がリセット
・リダイレクト設定の手間

記事が Facebook や Twitter などの SNS にシェアされたりすることがあります。

それはつまり、「パーマリンクをシェア」している状態なので、パーマリンクが変わってしまえば全てリセットされてしまいます。

シェアと同じで、検索エンジンへのインデックスも「パーマリンク単位」で行われています。

なので、パーマリンクを変更することで今までの評価もリセットされ、SEO効果もリセットされてしまいます。

どうしてもパーマリンクを変更したいときは、必ず古いパーマリンクから新しいパーマリンクへのリダイレクト処理を入れます。

「301リダイレクト」の処理を古いパーマリンクへ実装することで、変更時のデメリットを最小限に抑えることができます。

「301リダイレクト」の処理は、「Plugin Directory」というプラグインで実装することができます。

 

まとめ

・パーマリンクとは記事単位のURLのこと。

・Google推奨の短くてシンプルな記事の意味がわかりやすいものに設定する。

・ある程度の時間が経つと SEO効果を発揮するので必ず設定する。

・あとで設定を変えることはデメリットが多いのでなるべくは変更しない。

 

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます m(_ _)m