ブログサイトの運営に欠かせない解析ツールと言えばGoogleアナリティクスがあります。

このアナリティクスと同様に導入必須なのが、Googleサーチコンソールという無料で使える多機能ツール。

このサーチコンソールでは、アナリティクスとは異なる、自分のブログサイトの様々なデータを確認することが可能になります。

そして、アナリティクスと連携することで、アナリティクス上でもサーチコンソールの情報を確認することが可能。

ちなみにサーチコンソールは、2015年まではWebマスターツールという名称でした。

今回はサーチコンソールの特徴や、特に便利な4つの機能などについて書いていきます。



サーチコンソールとアナリティクスの違い


同じ解析ツールでもアナリティクスは有名だと思いますが、サーチコンソールとの具体的な違いは何なのか?

どちらもユーザーの動きを調べるツールですが、アナリティクスはサイトへのアクセス後のデータ取得、サーチコンソールはアクセス前のデータ取得になります。

例えばアナリティクスで取得できるのは、

  • どこから来たのか?
  • どのページを見たのか?
  • どれくらい滞在したのか?

などといったデータ。

サーチコンソールで取得できるのは、

  • 検索結果でサイトのページがどれくらい表示されているのか?
  • ページはどれくらいクリックされているのか?

などといったデータを確認できます。

これ以外にも、

  • 検索エンジンにサイトはどう見られているのか?
  • ペナルティを受けていないか?

などの情報も知ることができます。

アナリティクスは必須の解析ツールですが、同じくサーチコンソールも重要なのは間違いありません。

なぜなら、検索結果でサイトが表示されていても、ユーザーにクリックされなければ当然アクセスにはなりません。

でも、どのくらいのユーザーにクリックされたりスルーされているのか?

これさえわかれば、対策も改善も可能になります。

ユーザーのアクセス前の動きはサーチコンソール、 アクセス後の動きはアナリティクスで取得するといった使い分けが大切です。



サーチコンソールで使える様々な機能


サーチコンソールに登録するとデータの取得だけでなく、↓のようなたくさんの機能が使えるようになります。

Googleからのメッセージ
・構造化データのチェック
・リッチカードレポート
・タイトル 、メタディスクリプションの重複チェック
・サイトリンクの調整
・AMPのエラーレポー
検索流入キーワードの詳細(表示回数、クリック数、掲載順位)
サイトへのリンク元情報
・内部リンクの状況
・手動のペナルティ状況
・インターナショナルターゲティング
・モバイルユーザビリティの状況
・サイトのインデックス状況
・クローラーのアクセスをブロックした詳細
・URLの一時的な削除機能
・クロールエラーレポート
再クロールの申請
・サイトマップおよびrobots.txtの送信
・その他パラメータの処理機能

使える機能が多すぎて初心者には難しそうですが、基本的に使用する機能は黄色マーカーの4項目だけです。 



サーチコンソールの便利な4つの機能

Googleからのメッセージ

まず「Googleからのメッセージ」ですが、サーチコンソールに登録すると、サイトに関連する重要な情報がGoogleから届くようになります。

何か問題が起こればすぐにメッセージが届くので、迅速な対応を取ることが可能になります。

検索流入キーワードの詳細

次に「検索流入キーワードの詳細」ですが、
検索トラフィック > 検索アナリティクスを選択してからこの機能を使うと、検索流入キーワードの詳細を知ることができます。

確認できるデータはクリック数・表示回数・ CTR ・掲載順位の4種類で、サイトに訪問している検索流入キーワードとその検索順位、クリック率などがチェック可能。

サイトへのリンク元情報

この「サイトへのリンク元情報」は、サイトに張られたリンク元の情報を確認することができます。

検索トラフィック > サイトへのリンクを選択すると、「 リンク数の多いリンク元」と「多くリンクされているコンテンツ 」の2つの情報について確認することが可能。

他社に不正なリンクを張られ、Googleからペナルティを受けてしまうことがないように、自分のサイトへのリンク元情報を調べるときにも役立ちます。

再クロールの申請

最後はこの「再クロールの申請」ですが、
クロール > Fetch as Googleを選択することで、クローラーにサイトへのクロール申請をすることが可能になります。

開設したばかりのサイトはクローラーに認識されにくく、投稿した記事が検索結果に表示されないことがあります。

特にサイトを開設したばかりのときは、この「Fetch as Google」は必須の機能と言えるかもしれません。

まとめ

サーチコンソールの便利なメイン機能4つと、アナリティクスとの違いについて書いてきました。

まとめると、

  • サーチコンソールとは無料で使える情報収集ツールのことで、アナリティクスとも連携が可能
  • サイトへのアクセス後のデータ取得はアナリティクス、アクセス前のデータ取得はサーチコンソール
  • サーチコンソールは多くの機能が使えるが、中でも約に立つのが「Googleからのメッセージ」「検索流入キーワードの詳細」「サイトへのリンク元情報」「再クロールの申請」の4つ。

といった感じになります。

 
本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^