Google Search Console (サーチコンソール)とは?ツール内容や導入のメリットを初心者にもわかりやすく解説!

Google Search Console (サーチコンソール)とは?ツール内容や導入のメリットを初心者にもわかりやすく解説!

「Googleアナリティクス」と同様、無料で使えて導入必須のツールが「Google Search Console (サーチコンソール)」というもので、自サイトについてのデータを確認することができるツールです。

2015年までは「Webマスターツール」という名称でした。

Googleアナリティクスと連携することで、アナリティクス上でサーチコンソールの情報が見れるようにもなります。

登録も簡単なので、サクッと導入して自サイトの向上に役立てちゃいましょう。
 
 

スポンサーリンク

 

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスの違いは?

Googleアナリティクスは非常に有名なツールですが、Googleサーチコンソールとの具体的な違いとはなんでしょうか?

簡単にいうと、アナリティクスは自サイトへのアクセス後のデータの取得、サーチコンソールはアクセス前のデータの取得になります。

アナリティクスは、ユーザーが「どこから来たのか」「どのページを見たのか」「どれくらい滞在したのか」などの、アクセス後のデータを取得するツールです。

そして、サーチコンソールは、ユーザーが自サイトにアクセスする前のデータを取得できます。

例えば、 「検索結果で自サイトのページがどれくらい表示されているのか」「どれくらいクリックされているか」などのデータを見ることができます。

それ以外にも、自サイトが「検索エンジンにどう見られているか」「ペナルティを受けていないか」なども見ることができます。

アナリティクスばかりが有名になっていますが、サーチコンソールで取得できるデータも非常に重要です。

なぜなら、検索結果で自サイトが表示されても、クリックされなければ当然アクセスにはならないわけで、アナリティクスのデータ以前の問題です。

でも、どれくらいの人がクリックして、どれくらいの人がスルーしているのか?

それさえ分かれば対策も改善もできます。

なので、サーチコンソールでアクセス前の動きを取得し、 アナリティクスでアクセス後の動きを取得するという使い分けが理想的です。

 

Googleサーチコンソールに登録するメリット

Googleサーチコンソールに登録するメリットはデータの取得だけでなく、↓のような多くの機能がもれなく使えるようになります。

Googleからのメッセージ
・構造化データのチェック
・リッチカードレポート
・タイトル 、メタディスクリプションの重複チェック
・サイトリンクの調整
・AMPのエラーレポー
検索流入キーワードの詳細(表示回数、クリック数、掲載順位)
サイトへのリンク元情報
・内部リンクの状況
・手動のペナルティ状況
・インターナショナルターゲティング
・モバイルユーザビリティの状況
・サイトのインデックス状況
・クローラーのアクセスをブロックした詳細
・URLの一時的な削除機能
・クロールエラーレポート
再クロールの申請
・サイトマップおよびrobots.txtの送信
・その他パラメータの処理機能

多過ぎて逆にめいわく…とてもありがたいことです (笑)

さすがGoogleパイセンですね (笑)

この中でも、赤文字の項目がよく使う機能になります。
 
 

スポンサーリンク

 

サーチコンソールのよく使う機能4種を解説

Googleからのメッセージ

まず「Googleからのメッセージ」ですが、サーチコンソールに登録すると、自サイトに関する重要な情報がGoogleから届くようになります。

何か問題があったりするとすぐにメッセージが届くため、いち早く対応ができるようになります。

 

検索流入キーワードの詳細

次に「検索流入キーワードの詳細」ですが、
検索トラフィック > 検索アナリティクスを選択して、この機能を使うと、検索流入キーワードの詳細を知ることができます。

確認できるデータは、クリック数・表示回数・ CTR ・掲載順位の4種類で、実際に自サイトに来ている検索流入キーワードとその検索順位、クリック率などが分かります。

 

サイトへのリンク元情報

そして「サイトへのリンク元情報」は、自サイトに張られた、リンク元の情報を確認することができます。

検索トラフィック > サイトへのリンクを選択で、「 リンク数の多いリンク元」と「多くリンクされているコンテンツ 」の2つの情報について確認することが可能です。

不正なリンクなどを第三者に張られ、そのリンク情報を元にGoogleからペナルティを受けてしまうことがないように、自サイトへのリンク元情報を調べたりすることにも役立ちます。

 

再クロールの申請

最後に「再クロールの申請」ですが、
クロール > Fetch as Googleを選択して、「Fetch as Google」を使うことで、 クローラーに自サイトへクロールしてもらえるように指示を出すことができます。

通常、Googleのクローラーは、リンクなどを通じて自然と自サイトをクローリングしてくれます。

でも開設したばかりのブログなどは、 クローラーがサイトの存在を認識しづらく、検索結果にブログが表示されないことがあります。

なので、特にブログを開設したての時は、この「Fetch as Google」を活用して、Googleにサイトの存在を伝えることで、適切にクロールしてくれるようになり、検索結果にブログが表示されるようになります。

 

まとめ

・Googleサーチコンソールとは、無料で使えてGoogleアナリティクスと連携もできる自サイトの情報収集ツールのこと。

・アナリティクスが自サイトへのアクセス後のデータを取得、サーチコンソールがアクセス前のデータを取得するツール。

・サーチコンソールに登録すると、多くの機能が使えるメリットもあり、「Googleからのメッセージ」、「検索流入キーワードの詳細」、「サイトへのリンク元情報」、「再クロールの申請」は特に使える機能。

 

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました m(_ _)m