Google Search Console (サーチコンソール)の設定・導入方法を初心者にもわかりやすく解説!

Google Search Console (サーチコンソール)の設定・導入方法を初心者にもわかりやすく解説!

Google Search Console (サーチコンソール)の設定方法を解説していきます。

サーチコンソールの内容については↓の記事を参考にして下さい。

 

 

「All in One SEO Pack」というプラグインを利用した設定方法が1番簡単なので、それに沿った手順になります。

それでは、さっそく解説していきます。

 

サーチコンソールの設定

サーチコンソールにログイン

サーチコンソールを検索してクリックすると、↓の画像のような画面になるので、ここにGoogleアカウントで作成したGメールアドレスを入力。

 

次にパスワードを入力。

 

プロパティを追加

右上にある「プロパティを追加」をクリック。

 

ブログのURLを入力

次は、自サイトのURLを入力して「追加」をクリック。

 

別の方法をクリック

「別の方法」を選択してクリック。

 

HTMLタグをクリックしてコピー

 

「HTMLタグ」にチェックを入力。

② 表示された「メタタグ」をコピー(content”◯◯◯◯“の◯◯◯◯部分)します。

 

このタグを自分のサイトに貼り付けることで所有権が確認され、サーチコンソールと結びつけることが可能です。

この画面はこのままで、「All in One SEO Pack」の設定ページに移動します。

「All in One SEO Pack」については↓の記事を参考にして下さい。

 

 

All in One SEO Packに「メタタグ」を貼る

「All in One SEO Pack」の設定ページに「Googleウェブマスターツール」という項目があるので、そこに先程コピーした「メタタグ」を貼り付けます。

貼り付けたあとは、「All in One SEO Pack」の設定ページの1番下にある「設定を更新」をクリック。

 

サーチコンソールに戻る

サーチコンソールに戻り「確認」をクリック。

 

所有権の確認

↓のような画面が出れば「続行」をクリック。

これでサーチコンソールの登録は完了です。


advertisement

まとめ

このサーチコンソールを導入することで、ユーザーがブログに訪問する前のデータを確認できます。

アナリティクスと併用して自分のブログサイトをドンドン向上させて、ブログパワーをガンガン上げて行きましょう。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました m(_ _)m