Googleペナルティとは?手動・自動の違いと解除方法を解説!


アイコスでも吸えます!定期購入で割引!

 

 

 

 

 

ブログサイトを運営していく上で注意しなければならないのが「Googleペナルティ」もその1つです。

ちなみにGoogleは、ペナルティという言葉ではなく「対策」や「アルゴリズム」という表現を使っています。

とはいえ、僕たちブログ運営者からすればペナルティ、「お仕置き」以外の何ものでもありません (笑)

今回は、Googleペナルティの手動・自動の違い解除方法について説明していきます。 


このGoogleペナルティとは一体どんなものなのか?

ざっくり言えば、サイトの検索結順位を下げられたり、インデックスの削除をされるといった厳しい処罰を受けることです。 

この処罰を受けてしまうと、サイトのアクセス数が激減するのは言うまでもありません。

ペナルティを受けてしまう原因は、 Googleのガイドラインに違反してしまうことが一般的です。

ガイドラインにある違反内容としては、

  • 自動生成されたコンテンツ
  • 複数生成されたほぼ同じコンテンツ
  • 他サイトからコピーしたサイト
  • 不自然なリンクがついているサイト

などがあります。

これらに注意して違反さえしなければ、運営しているサイトがGoogleのペナルティを受けることは基本的にありません。


Googleペナルティは手動・自動の2種類!

手動ペナルティ

Googleペナルティを大きく分けると「手動ペナルティ」「自動ペナルティ」の2つがあります。

まず手動ペナルティですが、Googleの人間が直接サイトを確認しているというもので、悪質な違反だったときに発動されます。

ほとんどの場合はサイトの「インデックス削除」「圏外飛ばし」といった、非常に厳しい処罰を受けてしまうので注意が必要。

この手動ペナルティは一定期間だけ適用されるもので、時間が経てば自動的に解除されます。

が、万が一同じ違反をしてしまった場合は、そのサイトが再びインデックスされることは永久にありません。

自動ペナルティ

次に自動ペナルティですが、Googleの「アルゴリズム」が自動的に違反を判別するというものです。

ちなみにアルゴリズムとは、サイトの検索順位を自動で決めるための計算方法(プログラム)のこと。

この自動ペナルティは手動ペナルティよりも軽いものですが、何が原因でペナルティが発動されるのか把握できません。

アルゴリズムは常にアップデートされているので、更新のタイミングで何かしらのペナルティの対象となってしまう場合もあるそうです。


Googleペナルティの解除方法は?

手動ペナルティの解除方法

手動ペナルティを受けると「Googleサーチコンソール」にメッセージが表示されます。

なので手動ペナルティの解除方法としては、そのメッセージにある問題箇所を修正してから一定期間待つこと。

もしくは、修正してから「再審査リクエスト」を送るという2つの方法があります。

違反箇所の修正が無事に確認されれば、その時点で手動ペナルティは解除されます。

ただ再審査リクエストを送って解除されるためには、故意の悪質行為ではないことを証明することが必要。

自動ペナルティの解除方法

自動ペナルティを受けた場合はGoogleからのメッセージは届きません。

なので自動ペナルティの解除するには、ガイドラインを読んでみて、疑わしいと思われる箇所を1つずつ修正していくのが唯一の方法です。

そして、手動ペナルティとは違い「再審査リクエスト」にも効果はありません。

Googleがサイトを再評価してくれるまでひたすら待つのみ。

サイトの検索順位が元に戻った場合などが、自動ペナルティが解除されたという証です。

まとめ

  • 手動ペナルティとはサイトのインデックス削除や圏外飛ばしなどの厳しい処罰を受けること。
  • 手動ペナルティを解除するには、サーチコンソールに届いたメッセージをもとに問題箇所を修正して再審査リクエストをする方法がある。
  • 自動ペナルティは手動ペナルティよりも処罰は軽いが原因を判断するのが難しい。
  • 自動ペナルティを解除するには、原因と思われる箇所を1つずつ修正してGoogleからの再評価を待つしか方法はない。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^


超高濃度60%のCBDが登場!

アイコスでも吸えます!定期購入で割引!