記事タイトルのキーワード選定は、まずは
「検索ボリューム」「候補ワード」を調べるのが基本と言われています。

でもこの選定方法では、同じように実践しているライバルも多く競争率が激しくなってしまうわけで。

ほとんどのネットユーザーは、検索エンジンの1ページ目に表示されている記事しか読みません。

つまり、検索上位に表示されない記事は存在しないも同然 (笑)

そこで簡単に活用できるが、キーワード選定の「ずらし」と呼ばれるテクニックです。



キーワード選定の「ずらし」テクニックとは?


このキーワード選定の「ずらし」テクニックとは一体どんなものなのか?

ざっくり言えば、レベルの高いライバルサイトが使っていないような、少し「ずらし」て選んだキーワードで記事を書いていくこと。

これがキーワード選定の「ずらし」と呼ばれるテクニックです。

具体的には「複合キーワード」だけではなく、検索ボリュームの少ない「ニッチ」なキーワードも使ってキーワード選定をしていくことがポイント。

こうすることで、自分の記事ページが検索上位に表示される可能性が高くなるというわけです。

ライバルが多いトレンド記事のキーワード選定では特に効果を発揮しますが、一般的な記事にも活用できるのは間違いありません。



キーワード選定はライバルとは視点を「ずらし」てみる!


この記事を書いているときに「佐々木希」が妊娠したという、おめでたいですが何とも
「うらやまけしからん」ニュースがありました (笑)

例えば、サイトパワーがまだまだ弱い当ブログサイトが、

佐々木希 妊娠

といったキーワード選定で記事を書いてみたところで、強豪ライバルサイトにはSEOで負けてしまいます。

つまり、検索上位に表示されることはほぼありません。

なので、「佐々木希 妊娠」と知った検索ユーザーは次にどんなキーワードで検索するのか?を予想することが重要。

ライバルサイトが事実だけを記事にするのに対して、弱小ブログは検索ユーザーの次の心理を予測したキーワードを選定して勝負するというわけです。

例えば、

  • 旦那は誰だっけ?
  • いつ結婚したっけ?
  • 妊娠何ヶ月なの?
  • 結婚式はあったの?

といったような、ユーザーが次に思いそうな疑問点をキーワードとして選定するのがポイント。

次の関心だけではまだ競合が激しい場合は、さらに「次の次の関心」までを予測していきます。

こういった予想や予測を独自に考えて、ライバルが使っていそうなキーワードを「ずらし」ながら選定していきます。



キーワード選定はターゲットを「ずらし」て絞りこむ!


例えば、ライバルサイトが運営する楽曲を紹介するようなサイトの場合であれば、

オススメの洋楽○選!

といったような、内容そのままの検索されやすいキーワード選定をするはずです。

そこを具体的にターゲットを絞りこんで、

2018年 オススメの洋楽ロック○選!

さらに細かく絞りこんで、

2018年 気分が高まるオススメ洋楽ロック○選!

といったように、年代やジャンルまでを細かく絞りこんでいきます。

ライバルサイトがやらないような深く掘り下げたニッチなキーワードを選定することで、ターゲットを「ずらし」ていくことが可能になります。

同義語で「ずらし」てみる!


例えば、

佐々木希 旦那

といったキーワードで競合率が高ければ、

佐々木希 夫

と、「ずらし」てみる。

エミリーラタコウスキー セクシー

というキーワードでライバルが多ければ、

エミリーラタコウスキー エロい

という「ずらし」をしてみる (笑)

ちなみに「エミリーラタコウスキー」は、僕が最近好きな海外のモデルさんで、映画「ゴーン・ガール」では綺麗なおっ◯いを披露してくれています (笑) キーワードを同義語で言い換えるのも「ずらし」のテクニックとしては効果的。

同義語に関連したものとして、あえて活用できるのが「表記揺れ」です。

「表記揺れ」とは、

  • 旦那
  • 新垣結衣ガッキー
  • sexyセクシーエロス(笑)

といったような、1つの文章内で同義語をゴチャまぜして使うことです。

例えば、記事タイトルには「ガッキー」が含まれていなくても、本文中で「ガッキー」と「新垣結衣」の両方を使うようにします。

そうすることで、「ガッキー」での検索結果としても表示されることがたまにあります。

揺らすは恥だが役に立つ」ってこと (笑)

まとめ

今回はキーワード選定の「ずらし」について書いてきましたが、このテクニックを使えばアクセスアップするというわけでもありません。

アクセスを上げるには、「検索ボリューム」が大きく「競合率」が低いという、何とも矛盾したようなキーワードを狙っていくことが必要になってきます。

ライバル不在の「ずらし」すぎたキーワード選定をしてしまうと、検索上位にはなれても誰からもアクセスされません。

ぶっちゃけ、このブログにもそんなゴースト記事が何本かあります (笑)

なのでキーワード選定は極端な「ずらし」ではなく、ほどほどに上手く活用していくことがポイントと言えます。

キーワード選定については↓の記事も参考にしてみてください。

 

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^