僕は普段、加熱式タバコのIQOSやgloを吸っていますが、紙巻タバコよりも害が少ないとはいえニコチンが含まれています。

基本的には有害物質が含まれていない電子タバコやVAPEですが、吸引してもこれと言ったメリットはありません。

どちらか言えば、

体に悪い

 

お金のムダ

 

といったような、ネガティブなイメージしかない加熱式タバコや電子タバコですが、吸引することでメリットのあるVAPEがあるのをご存知でしょうか?

それが「EMILI CBD」というVAPEです。

EMILI CBDとは?

EMILI CBDは「EMILI JAPAN」が販売している「CBD」成分が入ったVAPEです。

EMILI JAPANが販売している「EMILIシリーズ」のVAPEですが、これまでの販売台数は20万セットを突破しました。

手軽にCBD成分を摂取できるVAPEとして作られたのがEMILI CBDになります。

CBDとはどんな成分?

CBDとは「カンナビジオール」の略で麻の主成分となります。

カンナビジオールは麻に含まれている植物性カンナビノイドの1つで、未だにその全容が解明されていません。

カンナビジオールは潜在的な可能性を秘めた天然化合物として世界中から注目されています。

麻と言えば日本では禁止されている「大麻」をイメージする人もいるかもしれません。

が、大麻の有効成分「THC」と「CBD」は全く違うので、法律的にも全く問題なく安心して使用することが可能。

ちなみに2019年3月からは、全国のファミマにてCBD成分が配合された「飲料水」の取り扱いも決定しています。

EMILI CBDの効果

EMILI CBDにはメリットとなる効果が大きくわけて2つあります。

  • 心を落ち着かせる
  • 恒常性の維持

ストレスだらけの現代社会なので、イライラすることや不安を感じることが多々あるかもしれません。

僕も日頃ムラムラ・・・イライラすることは人並み以上にあります (笑)

CBDは心身をリラックスさせる「癒し効果」があるので、最近疲れを感じているような人にも特にオススメ。

EMILI CBDの2つめのメリットが「恒常性の維持」です。

恒常性とは体の機能を常に正常に保つような仕組みのこと。

CBDの内因性カンナビノイドシステムの効果で体の恒常性を維持しやすくなるため、気力に満ちた毎日を快適に過ごしたい人にもオススメ。

まさに「合法大麻」とも言えるのがEMILI CBDです。

EMILI CBDの使い方

EMILI CBDは他のVAPEや電子タバコと同じように使い方も簡単ですが、吸引方法が他のVAPEと少し違っています。

吸引方法

専用ポッドを本体にセットして吸引口から吸引しますが、吸い込んだ蒸気をすぐに吐き出さずに約10秒間肺に溜め込みます。

肺に吸い込みしっかり溜めるのがポイント。

大麻慣れしている人にはおなじみの吸引方法だと思います (笑)

オートスイッチ機能があり、吸うだけで電源がオンになるので加熱スイッチなどを押す必要もありません。

充電方法

EMILI CBDは専用のUSBケーブルで充電することが可能。

約45分でフル充電となります。

EMILI CBDのフレーバーは2種類

EMILI CBDのフレーバーは「クラシックヘンプフレーバー」「レモンヘンプフレーバー」の2種類があります。

どちらのフレーバーもCBD濃度は「5%」でCBD純度は「99%」ですが、レモンヘンプフレーバーには「テルペン」という成分も配合。

テルペンはCBDの可能性を最大限に引き出してくれる「アントラージュ現象」を起こしてくれる植物エキスの成分です。

もちろん、どちらのフレーバーにも不純物は一切含まれていません。

EMILI CBDスターターキットの価格

EMILI CBDのスターターキットの本体価格は「4,980円(税込)」です。

他の加熱式タバコやVAPEの本体価格に比べると、特別安くも高くもありません。

とはいえ、吸引するだけで心身ともにメリットのあるVAPEなので、コスパ的にはかなり優れているとも言えます。

まとめ

癒し系VAPEのEMILI CBDをサクッと紹介してきました。

CBDは恒常性や健康性の維持に有効的な成分なので副作用もありません。

個人的には大麻のようにキマりたかった・・・禁止されている成分が含まれていないので安心でした (笑)

誰でも気軽に吸引しながら、リラックス効果や恒常性を維持することができるのでオススメです。

今後はさらに注目されるCBDですが、EMILI CBDで一足先にその効果を体験して癒されてみてください。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました^^